《ヤバい》釣りパラダイスを発見!橋の開通でアクセスが便利になった!

春のフィッシングシーズン到来! 多くの釣り人が、釣り竿片手にフィールドへと繰り出していく季節の到来だ。そんなタイミングは何をするべき? と頭を悩ましているアナタにおすすめしたいのが…そう「旅」です! ということで、ここではこれから春イカがハイシーズンを迎える離島の釣り旅の魅力をたっぷりご紹介。シーズンを通してガチで釣りを楽しむ上園歩美ちゃんが、エギングの聖地とも称される鹿児島県は甑島(こしきしま)で、釣り+αを満喫してきたぞ!

>>釣りパラダイスの写真とマップ<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●取材協力:薩摩川内市観光物産協会

2024 イカメタル特集

旅するアングラー紹介

上園 歩美(うえぞの・あゆみ)

ダイワスーパーフレッシュアングラー(SFA)の釣りガール。テレビやラジオにタレントとして出演もこなす。多忙のなかYouTubeチャンネル「上園歩美の釣りチャンネル」を運営。詳細は、下記アイコンからチェック!

九州屈指のエギングパラダイス!甑大橋の開通で島々を陸路で巡れる!

甑島[鹿児島県]

エギンガーにとって、いつかは行きたい島の上位にランクインするエギングパラダイス。東シナ海の楽園とも称される甑島列島は、上甑島・中甑島・下甑島の3島から成り、その全長は約35km。2020年8月に、鹿児島県内で最も長い全長1533kmの甑大橋が開通したことで、すべての島が陸路でつながった!

甑島列島は「上甑」「中甑」「下甑」に分かれており、いずれも橋でつながっている。

旅要素満載の2泊3日の離島プラン

上園「みなさんこんにちは! 鹿児島在住の上園歩美と申します。甑島初っぽい感じが出ているかもしれませんが、実は過去に訪れたことがあり、アオリイカもしっかりキャッチしているんです~。島へはフェリーか高速船を経由して行く必要がありますが、アオリイカに限らず様々な魚の魚影が濃く、まさに“パラダイス”という言葉が相応しい島なんです!

実は、甑島でのエギング実釣は経験済みの上園さん!

上園「普段は結構真面目に釣りをしているんですが、今回はゆったり2泊3日の予定で、釣りも観光もグルメも満喫してきます!」

拠点にしたのは上甑島! レンタカーを駆使してラン&ガン

上園さんが目指したのは、甑島列島の中でも一番北に位置する「上甑島」。ここを拠点にレンタカーを利用しつつ、釣りを始めとしたアクティビティを色々楽しむという算段だ。鹿児島県在住の彼女は、九州本土からフェリーにて甑島入りを果たした。

今回は串木野港からフェリーを利用。上甑島の里港を目指す。すでに偏光サングラスつけちゃって、やる気まんまん!

上園「以前、甑島のエギングイベントに参加したことがあって、それはもう大盛りあがりでした。島の方たちも釣り人大歓迎だし、前夜祭から始まり参加者全員をもてなしてくれたんです。もちろんアオリイカも釣れましたよ! で、今回は現地の助っ人の方も召喚しちゃいました」

その助っ人とは、現地で遊漁船「黒星」も運営している溝上一樹さん。甑島に生まれ、幼少期から様々な釣りを経験してきた、経験豊富な釣り人だ。エギングに関してもメーカーのプロスタッフを務めるなど、エキスパート級の腕前だそう。濃密な“甑島パターン”も教えてもらえそう!

溝上 一樹(みぞがみ・かずき)
甑島に生まれ、幼少の頃からエギングを始めとした様々な釣りを経験。現在は、上甑島にて遊漁船「黒星」を運営し、キャプテンを務める。ルアーフィッシングを中心とした幅広いボートフィッシングを楽しませてくれる。カンジインターナショナルプロスタッフ。

鹿児島県いちき串木野市の沖合約45kmの場所にある甑島列島は、釣り人の楽園と言っても過言ではないだろう。連綿と連なる海岸崖やリアス式海岸、砂州、潟湖群など、変化に富んだ地形が豊富な海の幸を育み、毎年多くのアングラーたちがこの島を目指す。まさに魅惑のフィッシングパラダイス。

【甑島へのアクセスは2通り!】

車を載せて行くか!? それとも高速で島に到着するか!?
甑島に渡るためには船を利用する必要がある。出発港は主に2つで、串木野新港からはフェリー「ニューこしき」、川内港からは高速船「甑島」が出船する。自家用車やレンタカーで甑島を目指す場合はフェリーが好ましい。所要時間は高速船の方が速いが、経由港や目的地によって変わるので、利用しやすい出船港で決めてもいいだろう。

今回、甑島を目指したのは鹿児島県在住の上園歩美さん。エギングから磯のフカセ釣りまで、幅広い釣りをガチで楽しむ、釣りガールである。

上園「普段の釣りでは車中泊したり、夜駆け朝打ちでぶっ通しで釣りをすることも多いんですが、せっかく離島に行くなら肩肘張らずにゆったり釣りをするべきですよね! ということで今回は2泊3日のスケジュールで、釣り…だけでなく観光やグルメも楽しんじゃうことにしました!」

フェリーに揺られることおよそ1時間。鹿児島県の串木野新港から上甑島の里港へと到着。普段なら早速竿を出しているところだが、今回はまっさきに観光スポットを目指すことに! 

【甑島の観光スポット案内】

長目の浜展望所
風波によって造成された幅50m、長さ約4kmの砂州。なまこ池、貝池を海と仕切っている。なまこや魚介類の生息する「なまこ池」は海水と淡水二層から成り、貝池には30億年前の微生物「クロマチウム」が現在も生息するなど、大小四つの湖沼群は自然の神秘を秘めています。

里麓武家屋敷跡
江戸時代に郷士(ごうし)の住んでいた地域で、石垣をめぐらした宅地はそれぞれ200坪余りの規模だったという。当時の外城制度における郷土の生活と制度などを知るための大切な文化財。近辺には亀城跡、里八幡神社などもあるが、散歩しているだけで気持ちいい。

甑大橋
2020年8月29日に開通したことで、陸路で上甑島、中甑島、下甑島を行き来できるようになった。鹿児島県内で最も長い橋とあって、人気の観光スポットとなっている。「橋周辺に磯があるんですが、まあ釣れそうなんですよ。渡船もあるようなので、私もいつか渡ってみたい」と上園さん。

コシキテラス
旧中甑港旅客待合所を中甑地域活性化施設「コシキテラス」としてリニューアル。ショップやカフェ、観光船の受付窓口、バス待合所が併設され、地元の物産、観光交流の拠点となっている。今回はまったり海を見ながらカフェを利用した。

上園「甑島列島は島の端から端までが約38kmで、車で行けば片道1時間程度。釣りも観光も楽しむならレンタカーはマストですね。個人的には、甑大橋を運転してみたかったというのもレンタカーを借りた理由のひとつです。薩摩川内市のHPにある写真を見たことがあって、それを見るだけで絶景なんですよね。さらに、あの橋の下にはいい磯があるんです♡」

釣り人ならではの独自の視点が面白い上園さん。初日は甑大橋を始め、いくつかの観光スポット巡りをまずは満喫した。

初日の宿は民宿「石原荘 新館」を利用

フェリーの船着き場からもほど近い民宿。釣りでの利用客も多く、アットホームな雰囲気と、ボリューム満点の夕食が人気。この日も甑島名産の「キビナゴ」「タカエビ」など、海鮮中心の絶品料理を堪能した。

上園「キビナゴはアオリイカの大好物だけど、私も大好きです。お造りも焼きもどちらも美味! タカエビも甑島の名産なんですが、実は深海400mくらいのところに生息しているんですよ~」

【甑島(こしきしま)ってドコにあるの?】

甑島列島は、鹿児島県の離島で、同県の西、約25kmほどの海上に浮かぶ。2020年には、中甑島と下甑島を結ぶ、鹿児島県内最長の甑大橋が開通したことで、上甑島〜下甑島まで地続きでアクセスできるようになった。

2日目は甑島の釣りを堪能!(つづく)

あなたにオススメの記事

『ルアーマガジン・ソルト』2023年5月号 発売情報

『ルアーマガジン・ソルト 2023年5月号』

今号の特集企画は盛りだくさん!「春イカ」「アジング」「ロックフィッシュ&ロックショア」「シーバス」の4つのテーマを徹底詳細!

このほか、小沼正弥さんの代名詞でもあるレバーブレーキ理論をまとめた企画や、村田基さんが登場する「インショア」企画、さらに春は旅の季節ということで特別企画「極上の釣り旅」も紹介してきます。

『ルアーマガジン・ソルト2023年3月号』は全国の釣具店・書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2023年3月21日
  • 定価:1,500円(税込)

※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。