ボートルアーゲームの「超入門ロッド」爆誕!『ムーンショットBS(シマノ)』

ボートシーバスを筆頭にサワラやチヌ、ときにはブリクラスの青物とも渡り合うことができるのにもかかわらず、都心部からもほど近いベイエリアでも楽しむことができるインショアゲーム。使うルアーもアンダー10gの軽量リグから、100gをオーバーするビッグベイトまでバラエティに富んでいる。そんなインショアゲームへとエントリーするのにもってこいなのが、この春に発売となった『ムーンショットBS』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ムーンショットBS(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

[写真タップで拡大]

ムーンショットBSはスピニング×4、ベイト×3の全7アイテム。いずれのモデルも基本的にはボートシーバス照準なので、使うルアーや探るシチュエーションで使い分けるのが王道。例えばスピニングのS66MLならば小型~中型のルアーを操作しやすく、ビギナーの最初の1本としてはおすすめ。

[写真タップで拡大]

一方でベイトのB63Hは東京湾を中心に人気が高まっているビッグベイトゲームに最適なモデル。50~100gのビッグペンシルをボート上でもリズミカルに操作できるうえに、不意のモンスタークラスや青物が掛かっても、ハイパワーXで強化された高剛性ブランクスのおかげで主導権を握ることができる。

[写真タップで拡大]

さらに、ブランニューターゲットとして全国的にも盛り上がっているサワラゲームにもアジャストできるのが、スピニングのS73M+とベイトのB610M。定番ルアーであるミノーやブレードジグのジャーキングおよび遠投に適したモデルとなっている。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ビギナーとしては気になるお値段も、本体価格が2万円未満。1本だけでは心許ないと感じたら、もう1本買い足せるリーズナブルな価格設定はうれしい限り。ムーンショットBSを手に、ショアからでは味わえない“爆釣”をインショアゲームで体感してみてほしい。

[写真タップで拡大]

東京湾インショアゲームの人気キャプテン・家田さんによる解説や「釣り百景」でのムーンショットBSの実釣模様は下記動画をチェック!!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。