《春の人気ルアーTOP10》釣具のポイント柳川徳益店でいま注目のルアー!

バス釣りが一気に賑わい出す春。各地のショップでも、この季節は大いに盛り上がりを見せていることだろう。バスが動けば人も動く。この春注目のルアーを、各地の大型ショップに聞いてランキング形式で紹介。地方ごとの流行や、新たなブームを先取る大きなヒントが隠されているかも…!? 今回は「釣具のポイント」柳川徳益店の人気ルアーTOP10をご紹介。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 イカメタル特集

釣具のポイント柳川徳益店

教えてくれる人:佐内誠さん

流域面積換算では国内屈指のバス釣りフィールドとなる柳川クリーク周辺に精通するショップ。迷路のようなクリークを攻略する上で、なくてはならない存在となっている。

項目情報
所在地〒839-0241 福岡県柳川市大和町徳益417-1
電話番号0944-73-2791
営業時間【月~金】10:00~20:00
【土】9:00~20:00
【日】9:00~19:00

1位 マクベス50(シマノ)

クリークの環境にぴったりなコンパクトクランク

佐内「春から秋のハイシーズン期間中に人気になる定番がマクベス50です。このあたりのクリークで使いやすい潜行深度、フィールド規模にあったコンパクトさ、それから流れの中でもしっかりと主張する高いアピール力と、すべてが丁度いいんです。たくさんのお客さまが実際に使って釣果をあげられている実績十分のクランクベイトですよ。カラーはキンクロが定番ですが、最近はコールスローというカラーが良く釣れているようですね」

2位 沈み蟲2.2in(一誠)

サイトでもブラインドでも大活躍!

佐内「今の時期から見られるようになる見えバスに対するサイトでよく効くうえに、季節が進めばネイルシンカーを刺したバックスライドセッティングでも活躍してくれる、オールマイティーなワームとして人気になっています。このあたりではスピニングを持たずベイトフィネスタックルを持つ方が多いのですが、そういった方々にも使いやすいサイズ感なのも効いているでしょうね。去年くらいから一誠の製品は急に人気になっていて、沈み蟲2.2inはそのキッカケをつくったともいえるかもしれません。釣れる製品として、他のアイテムも人気になっていますよ」

3位 デッドスローラー4.8in(ジャッカル)

せっかちさんでも思わず使いたくなる釣果!

佐内「加木屋守さんがこのあたりで釣りまくった様子をYouTubeやSNSで発信したことで、3月以降爆発的に人気になりました。在庫確保のために、他の店舗からかき集めた程です(笑)。オフセットフックをセットしたノーシンカーリグで、カバー際なんかをゆっくりと通して使うわけなのですが、そういった釣りが苦手な方でも試したくなるほど釣れています。流れのない場所がメインなので、マクベス50とはある意味真逆の釣りですね。シャッドテールを使う釣りの流行は過去にもありましたが、ここまでではなかったですね」

4位 ドライブクローラー5.5in(O.S.P)

軽めのネコリグがオススメ!

佐内「ストレートワームは色々とありますが、こちらは特に人気ですね。冬の間はそれほどでもありませんが、春になるとやはり皆さん買われていきます。同クラスのストレートワームの中では、吸い込まれやすいけど水も動かす適度な柔らかさがこの辺のフィールドに合っているのだと思います。不思議と短いワームには反応が悪いのと、ベイトフィネスタックルユーザーが多いことが、5.5inモデルの人気につながっています。0.9gの軽めのシンカーを入れたネコリグで、ボトム付近をフワフワさせて使うのがオススメです」

5位 フラップスラップ(メガバス)

ストップ&ゴーが春に効く!!

佐内「この地域特有の人気かもしれませんが、5番目はフラットサイドクランクのフラップスラップです。フラットの上をストップ&ゴーで巻いてくるのが使い方ですね。春先になると、ここ5年ほどは人気が出てくる風物詩的ルアーになっています。その実績は相当広まっているようで、初心者から上級者まで、幅広いアングラー層が買っていかれます。クリークというフィールドの特性上、飛距離はあまり求められないのでLBOモデルではなく、旧モデルが人気です」

6~10位の人気ルアーランキング

項目ルアー
6位ファットウィップ3in(レイドジャパン)
7位ファルケンスピン(TAKAMIYA)
8位ベコンクロー(デプス)
9位ワイルドハンチSR(エバーグリーン)
10位躱しマイキー115(ジャッカル)

春のオススメ

マクベス50(シマノ)

佐内「ランキング1位ですが、個人的にもおすすめのクランクベイトです。ハンドルは1秒1回転を基準に、春は速めに巻くことが多いです。コンパクトサイズなのに、ものすごく水を動かしてくれるのが効きますよ」

ラトリンチューブキックス(DAIWA)

左内「フリーリグで使います。水中の地形変化を、リフト&フォールで探るのがメインです。ズル引きだと根掛かりが増えてしまう場所も回避できます。また、ただ巻きでもブリブリ動いてくれるのがこのワームのすごいところ。状況に応じて、フリーリグのまま巻きで使うこともありますよ」

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。