アブのベイトリールの「完成度の高さ」が分かるハイエンドバーサタイルモデル!『レボ5 STX-SHS(アブガルシア)』

今年度フルモデルチェンジを果たしたアブの大人気ベイトリール「REVO(レボ)」シリーズ。第5世代目を迎える今作はこれまでとは少し毛色が違うラインナップとなっている。今回は第5世代のハイエンド&ユーティリティモデルをご紹介します。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

インプレするのは社内随一のレボマニア!福ピンク!!

ルアマガ編集部・フクシゲa.k.a.福ピンク
編集部イチの巨漢。学生時代に使用した初代レボSX以来の近代アブガルシアフリーク。レボの箱がハンバーガーの箱に見えてなんだか嬉しい35歳児。「初代のレボってどことなくガンダムエクシアに似ててかっこいいんです!」

レボ5 STX-SHS(アブガルシア)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • ギア比:8.1
  • 最大ライン巻取(cm):89
  • 自重(g):220
  • ボール/ローラーベアリング:10/1
  • スプール径(mm):35
  • ラインキャパ(フロロ16lb/PE3号 m):115/120
  • 最大ドラグ(kg):11.2

あらゆる釣りで活躍するユーティリティハイエンドモデル

ウィンチとロケットが特化型になるので、STXがバーサタイル面ではレボ5のハイエンド的位置づけです。使用感もまさにその通りで、撃ってよし巻いてよし。インプレ時にもついついこのリールを触っている時間が長くなってしまうほどでした(笑)。完成度はかなり高いです。

ベアリングはロケットと共にレボ5最多の10個を内蔵。巻きもキャストも、各所が可動する際のスムースさは言うまでもありません。

16lbラインが115m巻けるスプールです。大きめ(重め)のルアーと相性がいいですね。

レボ5 STX-SHSはこんな人にオススメ

  • レボ5の完成度の高さを存分に味わいたい
  • 巻心地の良さを求めたい
  • 汎用性の高いリールが欲しい
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。