小田原「酒匂川」で鮎釣り解禁、鮎ルアーもOK!

小田原市の酒匂川でアユ釣りが解禁! 釣り人を増やす取り組みとして、若者に人気で相模川などでも取り入れている「アユのルアー釣り」を解禁。6月1日の解禁当日は、釣り人約400人が訪れ、そのうち約30人が「ルアー釣り」を行っていた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

令和5年度酒匂川のアユの状況

酒匂川あゆ釣場案内略図

【遡上量】

遡上量が多かった昨年の8万尾を上回る10万尾 ※遡上量は組合員が毎年定点、定刻にカウント

【大きさ】

  • 海から遡上したての小さいアユ:5~6cmくらい
  • 少し育ってきたアユ:10~17cmくらい
  • 放流したアユ:22~23cmくらい

今年の酒匂川は、苔の付き方が多めなことから、苔を食べるアユにとってエサが豊富なことから、今後の釣果が期待できる。

アユのルアー釣り

誰もが手軽に、そして身軽にアユ釣りを楽しむことができる釣り方として、近年若者に人気。

オトリアユを泳がし、アユの習性を利用して、追い払おうとする縄張りアユを掛けバリで釣るアユの友釣りが一般的ですが、その習性を利用し、ルアーを使ってアユを誘い、縄張りアユを追わせて掛ける新しい釣り方です。

酒匂川あゆ釣場案内略図


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。