【シーバス】水深の浅いエリアを攻めるのに特化した「真」のシャローミノー『アイボーン98Fシャロー(アムズデザイン)』

東京湾シーバスのレジェンドにして、干潟のシーバス釣りを全国区に広めた辺見哲也さんに「ここ一番で使いたい!」シーバスルアーを選んで頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!今回ご紹介するのは、プラッギングの鬼である辺見さんがシャローエリアを「徹底的に」攻略するため開発されたミノー。これを見れば自分に合ったシーバスルアーが見つけられるはず!?

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 新製品情報

シーバスだけでなくトラウトにも精通するプラッギングの巨匠

[写真タップで拡大]

辺見哲也(へんみ・てつや)

関東をホームに全国各地でランカーシーバスを追うエキスパート。洗練されたキャストと、ミノーを軸に卓越したプラッギングテクニックを持ち、その実力はサクラマスや渓流トラウトの世界でも名を馳せる。

辺見哲也さんの“ココイチ”ルアー「アイボーン98Fシャロー(アムズデザイン)」

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:98mm
  • 重量:13g
  • タイプ:フローティング
  • カラー:15色

速巻きにも応える安定したシャロー性能

辺見「僕が釣りをするシチュエーションは、干潟や河川の河口など、広大なシャローフラットエリアが多い。そこで求められるルアーの性能は、飛距離が出ることと、シャローをしっかり引き切れること。

シャローをしっかり引き切れるというのは、ゆっくり巻いて水面直下を引けるミノーはある。でも速巻きで水面に飛び出さず、あるいは潜りすぎずに根がかりを恐れず引き切れるミノーは、ありそうでなかった。それを実現したのが『アイボーン98Fシャロー』です。

レンジは水面下20cmまで。広大なシャローエリアでパイロットルアーにもなるし、ココ一番で止めの一手にもなる。僕のケースから絶対に外せないルアーです」

[写真タップで拡大]

アイボーン98Fシャロー+αテク

[写真タップで拡大]

ただ巻きを基本に状況に応じて「速度」を変える

辺見「シャローはシーバスを喰わせる上でキーになるエリア。例えば春は、水面直下10cm以内で流されるバチを演出できます。水面近くまでアマモが伸びてほかのミノーが引けないときは、アイボーンの独壇場。使い方はただ巻きが基本で、状況に応じて速度調整。オールシーズン、日中も夜も活躍します」。

辺見さんの“マスターピース”ともいえるシャローミノー。98Fだけでなく、ダウンサイジング版の78Fもリリースされている。実釣模様や更なる詳しい解説は下記アイマチャンネルをチェックしよう!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。