アクアウェーブから「ブレード」で魅せて抱かせるイカメタルドロッパー『カドル』が登場!

オリジナリティあふれるアイテムを多数リリースしている「アクアウェーブ」から、近日イカメタルドロッパーがリリースされる。その名もカドル。ここではこのアイテムについて深掘りしていく。 

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

カドル2.5(アクアウェーブ)

【スペック】

  • サイズ:2.5号
  • カラー:8色
  • 価格:1,200円(税別)

イカメタルの可能性が広がるブレード付きドロッパー 

日本海側を中心に、年々熱を増してきているイカメタル。イカメタルの基本リグは、メインラインの先端に重りの役割をする鉛スッテを装着して、エダスを介してドロッパーをセットするというもの。また、エダスに重りをつけて、メインライン先端にドロッパーを装着するオモリグもよく使われる。ドロッパーにはスッテタイプが使われることが多かったが、近年はエギを使うアングラーも増えている。一般的なエギをそのまま使うよりも、やはり専用設計されたものが安心。そこで、アクアウェーブから登場するのがエギ型のドロッパー「カドル」だ 

動かしやすく吟味されたボディ形状。 

カドル(CUDDLE)は英語で『抱きしめる』という意味を持つこのアイテム。カドルはまさにエギ形状のドロッパーで、大きな特徴はブレードが装着されている点。このブレードが波動とフラッシングを発生し、さらにアクションのブレーキの役割をしてくれるため、イカに対してじっくりと見せることが可能。1m/10秒で沈んでいく超スローフォール設計で、サイドの羽もアクションを抑制させるのに一役買っている。また、カンナは刺さりのいいものを使っており、イカが少しでも触れれば掛かってしまうほどの鋭さだ。 

触れれば掛かってしまうほどの鋭いカンナ。  [写真タップで拡大]

開発途中のプロトタイプ。カラーは8色展開を予定している。 [写真タップで拡大]

イカメタルビギナーでも安心の使いやすさ

カドルはあえてダートさせないように設計されているので、直線的な動きで誘いステイで抱かせるイメージで使っていく。ブレードの効果により遠くからもイカを寄せることができ、これまでにないアピール力を発揮。テストでもその威力を実感できたという。独特のアピール力があるので、ほかのアングラーと差をつけることができるはず。ブレードがついているからとって難しい動作は必要とせず、一般的なイカメタルの誘い方をすればOK。使いやすいのでイカメタルのビギナーにもオススメのアイテムだ。 

イカメタルの最盛期は初夏から秋口にかけて。カドルはイカメタルシーズンが始まる時期に発売予定されているので、ぜひ手に入れて熱いナイトゲームを楽しもう。 


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。