《釣り以外OK》絶対に持っておきたい、入手困難になったソフトクーラー!

釣り人だけじゃない!アウトドア愛好家の間で話題沸騰となったマル秘アイテム。ルアマガプラス編集部のマルチアングラーがその性能を称賛し、編集部内でも多発的に購入者がでた最強クラスのソフトクーラーをご紹介。

→最強クラスのソフトクーラーとは!? 詳細やスペックを確認

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ソフトクール 1500 (DAIWA)

ソフトクーラーとは思えない驚きの断熱技術が特徴で、底部には20mm、他の部分には10mmの断熱材が内蔵されている「ソフトクール」は、通常のソフトクーラーとは一線を画す、優れた保冷力を実現している。

ソフトクールが発売した当初は釣り人だけでなく、アウトドア全般のユーザーに注目され一時は入手困難になった。現在はモデルチェンジも終えて流通も安定しているので、釣具屋さんなどで見かけたらぜひ手にとって、細かい部分までチェックしていただきたい!

コダワリの構造に注目!

内部ケースはPVC素材になっており、釣った魚やBBQの食材を直接収納してもニオイが付きにくくてグッド。さらに取り外し可能で、使い終わったあとは簡単に掃除できる超便利な使用になっている。

釣り以外にオススメな理由は、サイズによっては買い物かごが直接入ってしまうということ。BBQなどで食材準備を行ってから冷蔵庫に移して、当日の朝クーラーボックスに詰めて…なんて面倒な作業はしたくない。

BBQ前日に用意した食材は、持ち前の保冷力で室内保管であれば翌朝でも問題なく保冷状態がキープされている。

買い物カゴやマルチバスケット(別売り)をそのまま収納可能(4500、2600)※写真は2600

600mlペットボトルの縦置き収納が可能な本数は4500サイズで脅威の34本。2600サイズは24本、1500サイズは14本、800サイズで6本となっている。2Lペットボトルの収納可能な本数は4500サイズで12本、2600サイズで8本、1500サイズで6本)だ。

選べる3色展開!

カラーは選べる3色展開となっている(写真は1500サイズ)。左からモカ、アンバー、ディープフォレストとスタイルに合わせて選択できるのは嬉しい。

YouTubeにて詳細な解説を公開中!

公開されている動画では、古いモデルとなるがソフトクール1500を解説している。全国を取材で駆け回るルアマガプラス編集部員の酷使にも耐えるソフトクールの堅牢さにも注目していただきたい!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。