エギングの新スタイル!夏エギングは『ゲータースタイル』で楽しもう!&夏イカに『3号エギ』がおすすめな理由とは!?【おかぴ〜のエメラルダスシーズナルタクティクス】

「ハーフテンションフォール」をはじめ独自のエギング理論を打ち出す、関西エギング界のエキスパートである「おかぴ~」こと岡隆之さん。今回は、近年岡さんが夏時期に楽しんでいるという暑さを凌ぎながらもランガンに最適な「新たな」エギングスタイルと、夏イカにうってつけなDAIWAの新サイズエギの使い所を解説していただきます!

●写真/文:岡隆之

2024 チニング特集

夏は「キャンプ&釣り旅」を計画中なおかぴ~さん!

【岡隆之(おか・たかゆき)】
明るいキャラクターとわかりやすいトークで多くのファンを持つ関西のエキスパートエギンガー。通称「おかぴ~」。おちゃらけキャラとは裏腹にエギングは超理論派。「ハーフテンションフォール」をはじめに様々なエギングメソッドを確立している。DAIWAフィールドテスター。

おかぴ~の夏エギングの新たな相棒「ゲーター」!

「夏だ!エギングだ!! 『ゲータースタイル』だ!!!という事で、皆様『夏』を満喫していますでしょうか?? DAIWAフィールドテスターのおかぴ〜こと岡隆之です。

本格的な夏を迎え連日の猛暑…。イカだけでなく、釣り人も釣りをするのが大変な時期です(苦笑)。私はと言いますと、暑い中、近年釣れにくくなった和歌山県で必死にアオリイカを追い続けています…www。

さて今回は、そんな酷暑の夏イカシーズンに最適な、暑さも吹き飛ぶ新スタイル、冒頭でもシャウトしました『ゲータースタイル』でのエギングをご紹介したいと思います」

ゲータースタイルと言えば、川に入水しながら渓流などを釣り歩くトラウトフィッシングなどで非常にポピュラーなスタイル。そんなゲーターを着用した釣りを、岡さんはエギングに流用しているという。

「夏イカや秋イカは、サーフや砂利浜、平磯といった比較的エントリーしやすいエリアでの釣りが多くなり、その分アオリイカを求めて『歩き廻る』ことが多くなります」

「エントリーできるポイントが増えるなかで、ゲーターを着用すれば、磯靴や、ブーツでは攻めきれなかったさらなるポイントへの侵入も容易に行うことが出来るので、新たな場所や、人に攻めきられていないポイントの開拓など釣果にも繋がることも多いのです」

直接的な釣果に繋がることはもちろん、フィールドの開拓や地形の把握など、情報収集という点でもメリットが多いスタイルなのだ。

「また夏の釣りで絶対的に気を付けなければいけない『熱中症』ですが、ゲータースタイルであれ入水し、暑さを凌ぎながら快適に行なえます。釣果に繋げ、暑さもやわらげてくれる…夏エギングを楽しむ為の新たなスタイルなのです♪

但し、波が高い日や、危険だと思うような状況では無理は絶対に禁物!! 装備をはじめとした『安全対策』をしっかりと行い、釣り場への配慮を心構けて釣りをしよう。

「ちなみに私や、私の仲間達が使用しているのは『ネオゲーター NG–300S(先丸)【DAIWA】』になります。それにウェーディングシューズを合わせるセッティングです!」

「3号」エギこそ夏エギングの主軸!

新たなスタイルで夏エギングを楽しんでいるおかぴ~さんだが、ここからは近年釣行をもとに夏イカの解説をしていただこう。

「6月末頃から海中は一気に春から夏へと移行が始まり、7月からは夏イカを求めるような釣行へとシフトしています。

今年は『エメラルダス フォールLC』の3号という武器と共に、最近発売となった『エメラルダス ピーク タイプS』3号も私の中でのお気に入りとなっています」

エメラルダス フォールLC [写真タップで拡大]

エメラルダス ピーク タイプS [写真タップで拡大]

昨年秋に発売されたのが「エメラルダス フォールLCラトル/タイプS」、そして今夏発売となるのが「エメラルダスピーク タイプS」の3号だ。

「近距離〜中距離のシャローはピーク タイプS 3号で素早くチェックし、遠距離+深場はフォールLC 3号を使用するなど、エギのローテーションの幅が広がったので、エギングが楽になりました♪」

では何故ピーク タイプS、フォールLC共に『3号』の使用なのか。

「春の産卵シーズンが終わり、夏イカ、秋イカと季節が進む際に、一般的に年魚と言われるアオリイカは、1年で大きく成長をすべく果敢に餌を追い始めます。

そのスタートとなる夏は比較的、小型・中型クラスの餌を追い始めます。そして、秋イカへと移行し、晩秋の頃には、大型の餌の捕食も多くなります。

そのため、私の経験上、夏イカは3号のエギへの反応が良いように感じています」

「その他にも、3.5号を躊躇するアオリイカに対し、3号なら躊躇せずに抱くことから、無駄なプレッシャーを与える位なら躊躇しない3号を先に見せた方が、効率とスレを防ぐ対処法になると考えています。

3号を使用する理由は、まだあるのですが、長くなりすぎるので、またの機会にでもお話しようと思います…www」

最後に、夏のイカにピーク タイプS 3号やフォールLC 3号がなぜ効くのかを解説していただこう。

「この時期シャローエリアのアオリイカが、最も反応を示すのは『表層』『底』です。水面ギリギリまで跳ね上がったものに強烈に反応する場合、そして底に着底し、止まっている場合の2パターン。

ピーク タイプS 3号、フォールLC 3号は、その表層、底へのアプローチを得意とするエギなので、これからの時期はかなり威力を発揮することと思います。

ぜひ、この2アイテムを手にして、暑いこれからの季節、水に浸かりながらのゲータースタイルで安全に快適にエギングを楽しんで下さい!!」

「次に皆さんにお目にかかるタイミングは、DAIWAのエギングの祭典『エギングパーティー2023』が始まる頃かと思います。是非、皆さん一緒に盛り上がりましょう〜!!」

岡さんのエギングやDAIWAアイテムに関する情報はもちろん、プライベートのつぶやきも日々更新中なSNSも是非チェックを♪


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。