「伝統漁具」が青物狙いの救世主に!『ジェットロー(ジャッカル)』【マイクロベイトパターンに最適】

伝統的なトローリング漁と投釣りの道具を応用し誕生したサーフトローリング。夏のサーフや堤防での青物狙いとして人気の釣法が、日本が誇る大人気ルアーブランド「ジャッカル」によりさらなる進化を遂げた!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ジェットロー(ジャッカル)※セットモデル

【スペック】

  • 重さ:35g、45g
  • カラー:3色

ジェットローバディ(ジャッカル)

【スペック】

  • 全長:50mm
  • 自重:3g
  • カラー:6色

マイクロベイトパターンに直撃の「食わせ」の切り札

これまでハマチやサバなどの青物によるマイクロベイトパターンの場合、ルアーのサイズを落としてアプローチするのが主流であったが、サイズを落とすことで飛距離も落としてしまい、さらにはタックルもライトな繊細なものにしなければならず、攻略が難しかった。

そんなショアで青物を狙うアングラーの悩みを解決したのが、日本の伝統漁具である「ヒコーキ」や「弓角」を用いて、さらには投釣りと融合させた釣法である「サーフトローリング」。

そんなサーフトローリングのアイテムを現代版に、さらにはルアーアングラーにも扱いやすく進化させたのがジャッカルの「ジェットロー」シリーズである。

ジェットローは、シラスサイズのマイクロルアーを、ヘビーミノー並みの飛距離で飛ばすことが可能。さらにヒコーキ部分がナブラを思わせるスプラッシュを発生させ、弓角シェイプの「ジェットローバディ」が食わせの役割を果たすのだ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

タックルもかつてのような長い投げ竿ではなく、ショアジギングロッドでも快適に扱えるように設定。

使用方法もシンプルで、遠投してジェットロー本体が水面を滑るようにただ巻きするのみ。

飛距離が欲しい、でもルアーサイズが落としたい場合に効果的なアイテムとなるので、サーフや沖堤防で青物を狙うルアーアングラーは是非ともボックスに入れておきたい「救世主」的アイテムだ。

ジャッカル公式YouTubeチャンネルでは解説動画も公開中!キニナル方は要チェックだ!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。