メジャークラフトの「最新チニングロッド」がスゴイ!!感度と操作性に優れた『ブラックポーギー5G』【夏のチニングにはこのロッドで決まり!】

近年人気が再燃しているソルトルアーターゲット「チヌ」。生息エリアの拡大とともに「フリーリグ」などの釣法も広まったことから、関西や西日本だけでなく関東でもルアーターゲットとしての人気が急騰している。そんなチニングブーム真っ只中、関西が誇る大人気釣具メーカー「メジャークラフト」から珠玉のチニングロッドが誕生!その名も「ブラックポーギー5G」。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ブラックポーギー5G(メジャークラフト)

BP5B-782M [写真タップで拡大]

BP5S-782ML [写真タップで拡大]

【スペック】

機種名全長継数適合ルアーウェイト(g)PEライン(号)標準自重アクション
BP5S-782ML(スピニング)7ft8in23~150.3~196RF
BP5S-782M(スピニング)7ft8in24~200.4~1.599RF
BP5B-782ML(ベイト)7ft8in23~150.3~1102RF
BP5B-782M7ft8in24~200.4~1.5104RF

人気の「5G」シリーズにチニングロッドが遂に登場!

これまでルアーアイテムを中心に展開していたメジャークラフトのチニングブランド「ブラックポーギー」に、今回満を持してチニングロッドがラインナップされることとなった。その名も「ブラックポーギー5G」。

このロッドは同社の最新ロッドシリーズである「5G」の特徴でもある、カーボンシートを縦横斜めに配置した「R360構造」をまといロッドのブレを抑制。さらに最新素材である東レT1100Gカーボンを採用し、高い感度と軽さで操作性に優れ、さらに強度も併せ持つという優れたロッドに仕上がった。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ラインナップはスピニングモデル2機種に、ベイトモデル2機種の計4モデル。

スピニングモデルは飛距離を出しやすく、オープンウォーターのフィールドにも適している。さらにベイトモデルは橋脚や障害物のピンスポット撃ちに優れながらボトムでの繊細なアプローチも可能。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

MLクラスはズル引き系ルアーからミノーやトップウォーター、Mクラスは近年流行中のフリリグに対応したアクションや高感度設計となっている。

現在夏のチニングハイシーズン!まだまだ秋にかけても楽しめる時期なので是非ブラックポーギー5Gとともにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

ブラックポーギー5Gの実釣模様は下記動画をチェック!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。