[ショアジギ入門]潮流が速い堤防でブリクラスの大物を狙う!

堤防や港から大型の青物をキャッチするというのは、ショアジギングを行うアングラーの夢でもある。そこで、ショアジギでサイズアップするための秘策や潮流の利用の仕方などを、DAIWAフィールドテスターの松永さんに解説してもらった。

>>ジグの操作法イラスト解説<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

足を使い、価値ある一尾を追い求める、ストイックアングラー

松永 昌己(まつなが・まさき)

熊本県在住。地元の九州を中心に陸っぱりメインでシーバス、ヒラスズキ、青物といったターゲットを追い求める。自身の体力を使い価値ある一本を手にする釣りが得意。

激流青物のパワフルな引きが楽しめるお手軽スポット

堤防からの青物狙いのショアジギングは、関西方面でも非常に人気の高い釣りだ。

松永「関西圏でいえば、武庫川一文字のような湾奥部とは違う、潮流の速い場所もおすすめです」

それは、具体的にはどのような場所ですか?

松永「 例えば、海峡部に近い場所にあるような堤防です。水道になっている場所は、潮汐変化に伴う流れが速い。潮が動いている時間帯は流れの影響を受けるので、重めのメタルジグとヘビーめのタックルが必要となってきます」

【淡路島の翼港】

大阪圏内から近いのに超激流の釣りが楽しめる!
明石海峡大橋を渡り南下してすぐの位置にある翼港。ここは海に突き出た港になるので、足元から水深もあり海峡部からの激流がガンガン当たっている青物の好スポット。 駐車場トイレもあり 、柵が設置してある整備された堤防なのでファミリーフィッシングにもピッタリ!
※ルールとマナーを守りましょう 。一部、立ち入り禁止のエリアもあります。事前に確認をお願いします。

関西で言えば、淡路島周辺などもそういったスポットが多い。アクセスもいいので、多くのアングラーが訪れるスポットでもある。ただし、釣り場的には潮がガンガン動いているため、タックルが合っていないと釣り自体がうまく展開できないような場合もある。

松永「水道や海峡付近は潮が速いため、逆に潮が緩む潮止まりや潮の変わり目、動き出しといった変化のある時間帯が狙い目です」

潮が緩む&変わるタイミングがチャンス!
海峡部のような場所は潮の流れが普段か ら速い。 そんな激流スポットでは、潮が緩 んだときに良く釣れる場合がある。潮止ま り以外にも、上げ下げ問わず潮が変わって 動き出すタイミングなど、潮の変化で喰っ てくるパターンがある。「武庫川より時合 いにメリハリがあります」

潮が速いからこそ緩いときがチャンスだという。

松永「 潮目だったりボイルなどが起きることもありますが、ここもどのポイントが良いというよりは回遊次第になってきます。あと、沖ばかりではなく堤防の基礎がブレイクのようになっていて、そこに魚が付いている場合もあるので足元までしっかりと探っていきましょう」

足元のブレイクも

ガンガンシャクってパワフルな引きの青物が喰ってくる。そういったショアジギの醍醐味がお手軽に楽しめる場所だ!

スピード変化を付けたコンビネーションジャークで誘う!

松永「 潮が速い場所では流れの中でもしっかりとシャクれるヘビーウエイトジグを使います。そのため、そういった場所では、堤防ショアジギングでも100gが中心となってきます」

武庫川一文字では30〜40gを使用していたのに比べると大幅な重量UPだ。

松永「シャクり方は同じでワンピッチジャークがメインです」

あくまでベーシックはワンピッチ!

松永「ただし、ずっと同じ調子でジャークするよりもスピード変化を付けるのがおすすめです」

【メタルジグのジャーク操作】

基本はやはり1回ジャークして1回リールを巻くワンピッチジャーク。これにスロ ー、速巻きと速度変化をつけたコンビネーションジャークで誘っていく。

ジャークの速さを変えるんですか?

松永「スローなワンピッチにしたり、速く小刻みなジャカジャカ巻き。こういった巻き方を組み合わせていくコンビネーションジャークで誘います。ジャークしたあとの止める時間もこまめに変えていって、フォール中に起こる喰わせの間にも変化を付けていきます」

単調なジャーク、フォールより効果的だという。

松永「ここは大物も良く釣れますが、激流で鍛えられた魚が多い。そのためワンランク上のヘビータックルがあると安心ですね」

【メタルジグのフォール操作】

フォール時間も同じく変えていくことで、喰わせの間に変化をつけてあらゆる活性の 魚へアピール!

陸っぱりだけどより本格的な大型青物とのガチなファイトが楽しめる! それだけにタックルセレクトが非常に重要になってくるのだ。 

ジグのサイズは流れに負けない100gが中心! 足元までしっかり探れるウェイトが必要

激流ポイントでは、30~40gのジグだとボトムを取るのも難しい。同じ堤防ショアジギングでも激流ポイントでは100gを中心としたヘビーウエイトジグを使用。ボトムから表層まで探りつつ、足元もポイントなのでしっかりとジャークして誘っていこう。 

ショアスパルタン ダーティンジグ[DAIWA]
表面に凹凸のあるディンプルボディが引き抵抗を軽減。素早いジャークにも反応してクイックな左右へのロングスライドで誘う。また、軽い力でもジャークできるので疲労感も軽減。

激流堤防ショアジギ用タックル紹介

ライトジギングがメインだった人にとっては、100g超えのジグとヘビータックルは予想以上の負荷。そこで、ブランクスは丈夫だが 、一日キャストしても疲れにくくシャクりの負担を軽減してくれるロッドがおすすめ。

松永「これから挑戦してみようと考えているなら、まずはエントリーロッドのドラッガーXが良いと思いますよ」

【使用タックル】(※全てDAIWA)

  • ロッド:ドラッガーX100H
  • リール:BG SW6000D-H
  • PEラ イン:UVF PEデュラセンサー×8 +Si2 3号
  • リーダー:ソルティガ フロロリーダー クロスリンク60lb

リール

BG SW6000シリーズ or ソルティガ6000-Hを使用
翼港ではBG SW6000D-Hとサイズを大きくして対応。それ以上にパワーあるやり取りや激流での安心感がほしい人はソルティガ6000-Hのようにタフなリールを使ってほしい。

ロッド

エントリーモデルながら十分なパワー!
松永さんが堤防の激流ポイントで使用しているのがドラッガーXの100H。速い流れのパワフルな魚にも対応できて、軽快にジャークしやすいので疲労感もなく一日中釣りができる。

よりパワーファイトを楽しむならブレイクスルー
翼港では80~90cmクラスの大型ブリも上がっている。激流の中で特大サイズとパワーファイトを楽しむなら、より大物狙いに特化したハイエンドのドラッガーブレイクスルーがおすすめだ。プラグもジグも併用するなら100MH-3の出番。翼港はジグがメインとなるので、ジグだけで勝負するならシャクるのが軽い910H-3ジグスペシャルが最適。

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売したルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事がフルで掲載されている。是非とも本誌で記事をチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。