生粋パワーゲーマーが説く「トップは『止めない』ことが基本」

フィールドのタフ化が叫ばれ、フィネス隆盛の昨今。手駒は日々確実にマイクロ化が進みつつある中で、時代に逆らうかのように己の道を突き進む者がここにいる。その名は、小林知寛。国内最高峰トーナメントにおいて常に上位に名を連ね続ける猛者だ。そのボートデッキには、トップウォータータックルが常に並んでいる。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

【Profile】

小林知寛(こばやし・ともひろ)

1980年9月10日生まれ(42歳)、岡山県出身。右投げ・Bait左/Spinning左巻き。
スポンサー:エバーグリーンインターナショナル、ベイトブレス、ガンクラフト、GLデザインラボ、Kカスタム、ストラット。2023トップ50ゼッケンNo.7。

[主な戦績]
2003JBⅡ旭川/2005JBウェスタン旭川/2010&2013JB旭川A.O.Y.
2010JBマスターズA.O.Y.
2017JBトップ50A.O.Y.
JBプロ戦・通算13勝(トップ50の3勝含む)/JB史上8位タイ記録

小林知寛的“トップ御三家”の本領とは

絞り込んでいくために、絶対不可欠な先発打者

「霞ヶ浦戦のプラでは、ボートのデッキに置いたのは主に3タックルですね」

いわば小林知寛的“トップ御三家”。今回は主にそこにフォーカスしていきたい。

「エレキを踏みながら流して使っていくのは、まずシャワーブローズからです」

水面を疾走する約5inのボディは、スプラッシュを生み出しながら強く水を押し、1アクション毎に重低音と高音のミックスサウンドを発生。移動距離の短いクイックターンの連続で、広範囲から高活性の魚だけを呼び集める。

「動かし方ですか? 俺のトップは『止めない』ことが基本です。止めるのはレンジが深い時のみ」

遠投した後、強靭なリストで小刻みにロッドをアオるトゥイッチは止まらない。まずは『魚を探す』ことが第一義で、即座に食わせようとは考えないのが通例だという。

「水面に出たら、その『出方で魚のテンションがわかる』。激しく飛び出たり、何度でも追いかけたり、そんな時はしっかりと食ってくれる。一方で水面に出切らなかったり、全然別の水面に出たりって時は次のルアーに変えればいい」

使うカラーにもこだわりがある。

「『まずは膨張色』。白系がメインですね。広く探るために、ルアー自体を膨張させて、バスの眼に大きく見せることも大切です」

シャワーブローズ ●全長:12.5cm●重量:26.0g●タイプ:フローティング ●カラー:チャートシャッド ●フックサイズ:#4●カラー:全28色

大型バスほど大型のエサを求めるBIG BASS=BIG BAIT理論がそこに。次に考えるのは、なぜそこで出たのかという要素。件の霞ヶ浦戦の際は、幾度も水面を割った場所を総合的に捉えエリアを見定めていった。なお最も反応が良かった場所では「11発」(!!)が水面を割ったというから驚きだ。

「その多くがアシ前のシャローで、浅い場所では水深50cm程度。エビを食っとるんやろなと。小魚を食ってる魚は足が早く、その日はそこにいても数時間後や翌日は全くいないなんてことはザラ。その点、エビなら大きな移動はまずない」

自ずと狙いは絞られていく。

「動きの手は止めない。止めるとしたら水深が深い時だけ」

アクション時を1カットで切り取れば、強烈な水押しで水面は渦潮状態を形成。この動きを連続して左右へと繰り返すと共に、アングラーにも聞こえるほどのラトルサウンドが水中へと反響。広大なオープンエリアでもその存在感は隈なく伝わっていく。

横幅30cmほどの両面ボックスにはトレブルフックが満載。ストレージにはさらなる予備も控えている。フックの重要度を痛感。

飛び、誘い、そして集魚力 全てが超一級のペンシルベイト

最後部に配置された大型タングステンボールは圧倒的な飛距離をもたらし、アクション毎に強烈なサウンドを発生。レスポンス良く切れ味鋭い左右へのドッグウォークを生み出すトータルバランスに、泡をはらんでスピットを生み出すカップにと…その優れた性能は枚挙にいとまがない。「なんで使うかって、釣れるから(笑)」
小林選手に選ばれる手駒はすべて経験則。現場で鍛え抜かれたルアーのみが実戦投入されるのだ。

●フェザー

ナチュラルなゆらめきと艶かしい輝きの『トレブルマジックフェザー』(※別売りもアリ)標準装備。移動距離を抑える役割も担う一方で、吸い込みが弱い際でも深いバイトを促す。

●サイズラインナップ 大・中・小はアクション差で使い分け

最小サイズの77.7を除く、ビッグママ・オリジナル・ショーティの3サイズが小林選手の武器。「狙う場所と、浮き方の差で生まれるアクションの差で使い分けます」ロングセラーには理由がある。

ショーティー

「オリジナルほぼ事足りますが、時に食い切らない時が出番。立ち気味の浮き姿勢で、頭を突っ込むようにして左右へ動くので、サイズをカバーしてくれる集魚力があります」

ビッグママ

「広いフラットや大河川など広大なオープンエリアがメイン。ほぼ水平浮きのオリジナルより若干立ち気味で、大型である上によりアピールが高い動きを見せてくれる」

●カップ

ペンシルベイトでありながらヘッド部には“ハ”の字状に突き出たカップ。内側は前方へ、外側はアクション毎に左右へ水を動かすと同時に、スピットやバブルも生み出す。

●フック 「魚との直接の接点は絶対に気を抜かない」

実釣中に万が一のスタック後、1尾釣った後など、投げる手を止めて頻繁にフックを交換。各トップにマッチするサイズを潤沢に揃えて常備。「どんなに良いルアーでもハリがダメだったら釣れませんから」ナノコートで刺さり抜群の『トレブルSP-M』(がまかつ)がメインだ。

●使用タックル

[ギズモ用]
●ロッド:オライオンOCSS-65MLブラックガーディアン●リール:12ヴァンキッシュ2500S(シマノ)●ライン:PE1号
[レゼルブ用]
●ロッド:ヘラクレスHCSS-65L UTスピン●リール:19ヴァンキッシュ2500S(シマノ)●ライン/リーダー:PE0.6号/バスザイル マジックハードR5ポンド
*指定外は全てエバーグリーンインターナショナル製品。

[シャワーブローズ用]
●ロッド:オライオンOCSC-69MHムーンゲイザー●リール:メタニウムMGL(シマノ)*ZPIチューン●ライン:バスザイル マジックハードR16ポンド
[キッカーフロッグ用]
●ロッド:オライオンOCSC-69MHムーンゲイザー●リール:13メタニウムHG(シマノ)*ZPIチューン●ライン:バスザイルPE フリップ&フロッグ65ポンド
[ジャスティーン115/ドリラー/ビッグバド他用]
●ロッド:オライオンOCSC-67Mカンタータ●リール:13メタニウムHG●ライン:バスザイル マジックハードR12ポンド
[ワンズバグ用]
●ロッド:オライオンOCSC-67ML+ライトニングストライク●リール:ジリオンSV TW1000L(DAIWA)●ライン:バスザイル フレックスハードHD12ポンド


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。