[迷ったらコレ]ショアジギング用!オススメ メタルジグ8選!

ショアジギングは初心者でも手軽に楽しめる釣りだ。難しいことを考えず大遠投をキメるのも楽しいが、メタルジグの使い分け方を理解すれば釣りの幅はさらに広がる。ショアジギが盛んな湘南に店を構えるキャスティング平塚店のスタッフさんに、おすすめのメタルジグについて伺った。
※本記事はルアマガプラス2020年9月に配信したものを再構成しています

>>メタルジグ8選を一気に見る<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

キャスティング[湘南平塚店]

日本全国に展開する釣り具の大型店「キャスティング」。地域にの釣りに合わせた豊富な品揃えで、幅広い釣りに対応する。今回は、キャスティング 湘南平塚店でお話をうかがった。

メタルジグの設計思想は種々多様

一口にメタルジグと言えども、ただ巻きで使うのか? はたまたシャクるのか? 落とすのか? その形状や使用用途も実に様々なものがある。また、鉛やタングステン、亜鉛など様々な素材が使われており、飛距離や沈下スピード等にも各社メーカーの工夫が凝らされている。

例えば重さを例に取ると、遠浅の湘南エリアでは15~40gくらいまで。これに対してドン深地形の沼津エリアでは20~60gくらいまでのジグウエイトが主力となる。

そんなメタルジグの中からどれを選べばいいのか? 今回は「キャスティング湘南平塚店」さんに解説をお願いした。スタッフさんによれば、シラスやイワシ、コノシロなどベイトの大きさを意識して使い分けるのが釣果アップのポイントだという。

1. Rサーディン[ジーク]

スタッフ「「左右非対称デザインで、ややセンターよりのリアウエイト設定。飛距離も出せますし、カタクチイワシのフォルムを意識したボディはスイミングもフォールも得意とする汎用性の高さが光ります。エビになりにくいのもこのジグの特徴ですね」

ベイトが弱って沈むアクションを演出!

重 量:6g、10g、15g、20g、30g、40g、60g
カラー:10色
価 格:650~920円(本体)

2. Gスラッシャー[ジーク]

スタッフ「細身のフォルムは、シラスやキビナゴ、コウナゴなどベイトが小さい時に効果的だと思います。僕は20gをよく使うのですが、ふわふわ泳がせながらフォールの時にバイトが集中するイメージがあります。ジャーク時の横っ飛びするようなスライドも◎」

シラスやキビナゴなど小型ベイト捕食時に最適!

重 量:6g、10g、15g、20g、30g、40g、60g
カラー:10色
価 格:650~920円(本体)

3. ドラッグメタル キャスト[デュオ]

スタッフ「小粒で飛距離もよく出て、ただ巻きメインで使える簡単操作モデル。シャクってもいいですが、ただ巻きの方がその性能を活かせるイメージがあります。こういうスタンダードモデルをパイロットとして、表層からボトムまで探ると効率的です」

【泳ぐ小粒の簡単操作ジグ!】

重 量:15g、20g、30g、40g
カラー:17色
価 格:600~850円(本体)

4. ドラッグメタルキャストTG[デュオ]

スタッフ「タングステンなので、同じウエイトでもオリジナルより遥かに小粒に設計されています。とにかく飛距離は出せますし、シラスなどベイトが小さい時は鉛よりタングステンの方が喰わせられる可能性が高まります。動きの違いで鉛と使い分けるのもあり」

【飛ばして喰わせるタングステン素材モデル】

重 量:30g、40g、50g、60g
カラー:7色
価 格:1,500~1,900円(本体)

5. ビッグバッカージグ[ジャッカル]

スタッフ「後方重心設計により鉛製ジグの中ではトップクラスの飛距離が出せます。水中での抵抗を強く感じながらゆっくりアクションで誘うのがおすすめ。ただ巻きもシャクりもどちらもいける万能モデルでもあります」

【圧倒的な飛距離の後方重心万能ジグ】

重 量:10g、15g、20g、30g、40g、60g
カラー:13色
価 格:605~913円(税込)

〈次のページは…〉オススメメタルジグ8選の続き

オススメ実績メタルジグ8選の続きはコチラ…