[復活]解散した大人気ユーチューバーが活動再開!釣り動画でとんでもないモンスターを捕獲!

解散動画を公開した釣りいろはが復活を果たし、勢力的に動画を配信している。メンバーはとくさん一人となり、心機一転、新たな展開をスタートさせている。中でも、特に反響の大きいものをピックアップして紹介しよう。

●文:ルアマガプラス編集部 ●引用元:釣りいろは(Youtube)

2024 チニング特集

釣りいろはとは?

釣りいろは

佐賀県・長崎県をメインに、全国各地でいろいろな魚を狙う釣りユーチューバー『釣りいろは』。一度解散し、活動再開後はリーダーのとくさん1人で活躍している。

今回紹介する動画はコチラ

【根掛かり…ではなかった!この後タモへし折るモンスターが釣れます】

「地元に戻ったのも束の間、早速川に向かいます! ウナギ獲りの達人の松下さんと一緒にウナギ獲りへ! 美味しいウナギにありつけるのか…? どうしても魚を釣りたくて、有明シーバス狙いでの釣りも楽しんできました!」

地元に戻ったのもつかの間、地元の川に繰り出すとくさん

見事、ちゃんねる復活をはたした釣りいろは。メンバーはそれぞれの道を歩み出し、とくさんは初心に戻り、一人で動画投稿を再開。精力的にコンテンツを投稿している。日本全国にいるお世話になった人たちに、改めてこれまでのお礼と今後の活動を報告する旅に出ているとくさん。

お世話になった松下さんに解散と活動再開の挨拶をするというもの、今回の動画の目的の1つ。

衝撃のシーンから動画はスタート

今回紹介するのは、地元の川へでかけた際の動画だ。開始直後に、ロッドがブチ曲がる、非常に気になるシーンからスタート。こ、これはとんでもないモンスターがヒットしているのでは…!?

何か釣れたのか…!? 気になりながらも、ウナギとりが始まる

場面は切り替わり、ウナギ取りに挑戦するところから本編がスタートする。しかし、仕込んだウナギの仕掛けを回収するも、川の状況が非常に悪いため、全く捕れず落胆…。

ちなみに、この動画内で紹介されている仕掛けは「うなぎ塚」と呼ばれる伝統的な漁法で、竹の筒を川底に入れてその中にウナギをおびき寄せるというものだった。

動画内では、その仕掛けも詳しく紹介されている。川底に沈む竹筒を次々と引き上げるも、中には何も入っておらず、完全に空振り…。

この仕掛けにウナギが大量に入っている動画も、過去にはアップされているので、気になる方は是非ともチェックしてみてほしい(ウナギ動画は本編の2:20秒ころで紹介されている)。

ウナギ不発で途方に暮れるとくさん。仕切り直してルアーでシーバスを狙う

ウナギが不発に終わったため、途方に暮れるとくさん。このままでは、せっかくの素材がボツになる! ということで、なんとしてでも釣果を得るために実釣を開始! このあと、とんでもないモンスターとのファイトが待ち受けているとも知らずに…。

果たして、目指すシーバスはキャッチできるのか!? ルアーを使用して広範囲に攻めていく…のかと思いきや、以外なシーンを目の当たりにするとくさん。

なんと。ムツゴロウの求愛行動という珍しいシーンの撮影に成功。ぴょんぴょんと飛び跳ね、メスの気を引こうとするオスのムツゴロウの姿がしっかりと動画で収まっている。

盛り上がるとくさん…だが、本来の目的はそれじゃないはず! シーバスの時合が近づき、否が応でも期待が高まる。

上げの潮に乗って、シーバスは河口へと入ってくるのか?

案内してくれた松下さん曰く、こういうときこそ実はシーバスが釣れる可能性が高いと、かなり心強いアドバイス。

時合いもバッチリ! あとは、とくさんがシーバスをヒットさせるだけだ! しかし、ルアーをキャストするも、一向にヒットする気配がない。釣れるのはゴミばかり…。思わずグチがこぼれるとくさん。

だが、この直後に、とくさんのロッドが大きく曲がる! 直前にゴミばかり掛けていたので、これもゴミなのでは…? いや、違う! 動いているぞ! そして、いつものヒットマークが! やはり、何かしらの生命体だ!

「重い、上がらない…」そう、それはみなさんのご想像通りのアレ。

シーバス? いや、この手応えは、間違いなくアレ。とくさんが「ガンチョウ」と呼ぶ、あの薄っぺらいあの生物だ。

渾身の力で引き上げようとするが、あまりの重さになかなか上がってこないアレ。あまりの重さに悪戦苦闘。

ヒットから5分…10…20分と、時間はどんどんと経過するが、なかなか取り込めそうにない。あまりにファイトが長すぎたのか、途中、重要なシーンでなんとカメラが電池切れ!

バッテリー交換後、動画が再スタートしたときには、エイはすでにタモの中に収まっている! 一番の見どころの取り込みシーンがまるっと撮れていないという、とんでもないトラブルもありつつ、なんとかモンスターの姿を見ることに成功。

モンスターの正体は、ご想像通りのエイだった。アカエイの尾の付け根付近には毒針があるので、扱いには細心の注意が必要だ。ナイスファイトを演出してくれたことに感謝だ。

撮れ高の代償として、タモの柄が折れるというトラブルに見舞われてしまった。しかし、このあともとくさんの旅は続くのであった。

復活した釣りいろはとくさんの釣り行脚を動画で視聴

釣りいろはのとくさんが、全国を釣り歩く新展開がYoutubeで視聴可能だ。様々なハプニングや大切な仲間との交流など、見どころ満載の内容となっている。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。