《サワラ祭り》とんでもない巨大魚を豪快な丸焼きにした結果

沖サワラが釣れているという情報を聞きつけて岡山県までやってきたのは、元OLから《世界の怪魚を釣りまわる女》に転身した『マルコス』。釣りには行っているものの、直近の釣果が芳しくなかったようで一段と気合の入る釣行になりそうだ。

→《マルコス爆乳ロケットランチャー》

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

マルコス

OLから世界の『怪魚を釣りまわる女』にジョブチェンジ後、YoutubeからTV出演、書籍の執筆など活動の幅派が広い。アマゾン川国際釣りトーナメント日本代表に抜擢され、初代アマゾンクイーンアワードを受賞。

マルコスの詳細は、下記アイコンからチェック!

今回紹介する動画はコチラ!

船からサワラを狙った釣行と豪快なサワラの丸焼きを記録した動画。シーズンにぴったりな動画なのでご視聴をオススメします!

巨大サワラ釣れたから丸焼きにした。

目標は沖サワラ! 爆釣を目指してレッツゴー。

沖サワラが釣れているということで岡山県まで足を運んだマルコス。めずらしく船釣りということもあり、ワクワクが止まらない。

沖サワラに挑む。

懸念があるとすれば雲行きが怪しく天気がパッとしないが「頑張って釣っていきたいと思います。マルコス爆乳ロケットランチャー」頼もしい言葉。

「マルコス爆乳ロケットランチャー」

トローリングでサワラを狙う

無事に出港し、まずはトローリングでサワラを狙う。理想的なローライトということもあり期待も高まる。

まずはトローリング。

すると早速ヒット! しかし、まったく抵抗しない相手に困惑するマルコス。魚信は伝わっているので魚であることには間違いなさそうだが…

手応えのない相手。

手前まで寄せると「ギューン!」と走りだす、相手は大きい。右へ左へ振り回されるマルコス。ロッドを握る手に力が入る。

急に走り出す!

死闘の結果、船に上がったのはシマ模様が特徴的な特大サイズの魚! 正体は「ヨコシマサワラ」だ。

デカすぎサワラwwwww

サワラは刃が鋭く、暴れたときに触れてしまうと大怪我をしてしまうので注意が必要だ。立派なシマ模様があるが、締めると模様は薄れていく。シマがハッキリしているうちに記念撮影をするマルコス。持ち上げるのは難しい。

持ち上げることが難しいサイズ感。

その後もトローリング、ジギングともにサワラがヒット。まさに「サワラ祭」状態になりご満悦のまま釣行は終了。

サワラ祭だった。

→次ページ:豪快すぎる巨大サワラの丸焼き!