『薄い金属板で水を切る』ゾーイトップブレードが持つ魔力の秘密【輝け個性派ブレードルアーズ】

Zマンの「チャターベイト」が全米を席巻する以前から、ルアーデザイナーたちは知恵を絞り、工夫を凝らしながら多彩な「ブレードルアー」をフィールドに送り出してきた。当たりハズレも激しいけれど、10年後のスタンダードになりそうなアイデアが光るアイテムも登場している。もちろんそれは日本でも同様。個性派ブレード系ルアーを手掛けた日本のビルダーたちを紹介していこう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

この記事の詳細はルアーマガジン2023年11月号をチェック!

語り手

濱田禎二(はまだ・ていじ)
T.H.タックル代表。天才肌のルアーデザイナーとして知られ、「ゾーイ」シリーズなどほかに類を見ないアイテムを数多くリリース。JBワールド戦での優勝経験もあり、現在もJBマスターズに [写真タップで拡大]

「水を切る」というアクションの意味

チャターの一種を作ろうと思ったわけではないんです。

「薄い金属の板で水を切る」アクションが出せるトップウォーターを作りたい、と考えたのがきっかけでした。クローラー系の羽根やハイパークランクのリップも「薄い金属の板で水を切る」タイプですよね。

単にブレードをぶら下げるのではなく、平面でしっかり水を受けて、キレのある動きで水を切っていく。この「キレ」も重要だと思っています。

ゆっくり左右に振れているだけの物体は、バスからすると「これはいつでも食えるから別にいいや」という存在なんじゃないかと。一方で、ブレードが左右にキレッキレの往復運動をしていると、思わずハッと反応してしまうタイミングが生まれる。なんとなくの感覚でしか言えないんですけど、そんな気がしています。

ただ、チャター系のブレードをルアーの下側に配置する構造には、実はかなり無理があるんです。土台であるボディーが安定していないと、すぐに動きが破綻して泳がなくなる。

たまたまゾーイに付けて横浮きにしてみたところ、扁平なボディーがブレードを押さえ込む働きをしてくれました。お尻にボリュームのあるシリコンスカートがあるのも大事で、形状との相乗効果でうまくいった。

どんな形状でもボディーをどんどん大きくすればアクションは安定しますが、それだとルアー全体のなかで「ブレード」の存在感が相対的に下がってしまう。それはこのルアーの意図ではなかったんです。

基本的な使い方は、動きが破綻しない範囲でスローに巻くだけ。風がなければロッドを立てて、ラインをたるませた状態でリトリーブしてください。移動距離を押さえて深めのレンジからもバスを呼びやすいので、低水温期にも比較的強いタイプだと思います。

なぜ「薄い金属の板で水を切る」と釣れるのか……ですか?

はっきりした答えはないのですが、小魚は泳ぐときに薄いヒレで水を切って泳いでますよね。それに通じるなにかが、もしかすると関係しているのかもしれません。

ゾーイトップブレード(T.H.タックル)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:91mm
  • 重さ:約32g
  • タイプ:フローティング

ゾーイトップブレードJr.(T.H.タックル)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:91mm
  • 重さ:約22.5g
  • タイプ:フローティング

ボディーは横になって浮き、巻くと下側のブレードが左右に水を切って本体を揺らす。約32gのオリジナルサイズ、そして約22.5gのジュニアの2サイズ。後者のほうがひとまわりブレードが小さく、やや速めのスピード域でも扱える設定になっている。「チャターのようにブレード自体を曲げて調整する必要はないです。ぶつけたりして泳ぎが狂ったら、まずはヒートンが歪んでいないか確認してください(濱田)」

濱虫(T.H.タックル)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:30mm
  • 重さ:約3.7g
  • タイプ:フローティング

「トップブレード」の構造を応用したハマテイ版・虫ルアー。「放置の釣りは苦手(笑)」という濱田自身のスタイルを反映して、ただ巻きやシェイクで積極的に誘うのに適している。バスのレンジが深いときに真価を発揮するアイテムだ。

TACKLE

【トップブレード&トップブレードJr.用】
●ロッド:フルレンジC63M/G(テイルウォーク)
●リール:タトゥーラSV TW103H(DAIWA)
●ライン:レッドスプール14lb

【濱虫用】
●ロッド:フルレンジS63L/SL(テイルウォーク)
●リール:ルビアスFC LT2500S(DAIWA)
●ライン:レッドスプール4lb


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。