【実際に使ったオススメ4本も紹介!】ジャッカル渾身のバスロッド『リボルテージ』新生!驚きのスペック!!

斬新なビジュアルと、トーナメントレベルの高い品質に多くのアングラーを魅了したジャッカルのロッド『リボルテージ』が2023年にフルモデルチェンジ! さらにすぐごくなったNEW『リボルテージ』のパワーアップ点と、編集部員が使ってみてわかったほんとうにオススメの4本を紹介しよう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

釣り勝つためのスペックに磨きをかけてフルリニューアル!

2023年。

リボルテージは素材やデザインを見直して完全リニューアルを果たした。

ブランクスには東レのT1100G、M40Xなどの最先端マテリアルを導入。価格帯を超える超高感度とパワーを手に入れている。

実釣のテストは国内だけでなく海外でも繰り返し行い、世界標準で戦えるロッドが完成。

さまざまなシチュエーションに対応する充実の16本がラインアップしており、今欲しい番手がきっと見つかるはず!

ピックアップポイント

ブランク:高性能ブランクスがワンランク上の釣りを実現

東レのナノアロイ技術を適用したカーボン「M40X」と「T1100G」を適材適所に採用。高感度・軽量化及び操作性の向上を実現しつつ、全体のトルクもアップ。操作する・巻く・掛ける・寄せるという動作を高次元に行うことができる。

ガイド:高感度で糸抜けの良いSiCガイド

全機種全ガイドに富士工業社製SiCガイドリングを採用。スベリ・放熱性・硬度に優れており、快適な釣りをサポート、スピニングにはKガイド搭載モデルもラインナップ。

グリップ:上質な4Aハイグレードコルクグリップ

グリップには手触りの良い4Aハイグレードコルクを使用。スクリューロック部にはハニカムデザインの別注パーツをセット。各機種ごとに吟味されたグリップ長に設計し、セパレートグリップからエンドグリップまでマットフィニッシュで構成。

グリップエンド:ハイクオリティなカーボン製エンドグリップ

各ロッドスペックに合わせて金型を作って構成されたカーボン製エンドグリップ。軽快な操作性をサポートし、キャスト時の握り込みでも手に馴染みやすい。エンドキャップにはRVロゴをアルミ削り出しでデザインし、周囲をラバーでコーティング。

ソリッドティップ:超高感度の攻撃的30tカーボンソリッドティップ

高い感度と操作性の30tカーボンソリッドティップを採用し、小さなアタリでも感知しこちらから掛けにいける。ティップでシンカーの重さを感じることで、ワンランク軽いシンカーを使っても正確な釣りをすることができる。

グリップジョイント:長尺モデルはグリップ取り外し可能

長いレングスのモデルはグリップを取り外すことができ、仕舞寸法を短くしている。

採用機種:C67MH+、C68MH、C69L+BF、C610M、C71H-ST、C73H、C711H、S68MH+、S69UL+、S78ML+。

〈次のページは…〉ルアマガスタッフがNEWリボルテージを実際に使用!どれがよかった?