ビッグベイト&シーバスに丁度いいサイズ感の「200」が登場!『スコーピオンMD(シマノ)」

ジャイアントベイトでバスを狩る、ビッグベイトでシーバスを獲る、そしてGTを敢えてベイトリールで狙うなど、さまざまなモンスターゲームに対応する『スコーピオンMD』。既存サイズは300サイズと少々ビッグだったが、ついに多くのアングラーが待ち望んでいた『200』サイズが登場するぞ!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

スコーピオンMD(シマノ)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

品番ギア比最大ドラグ力(Kg)自重(g)スプール 径(mm)/幅(mm)糸巻量ナイロン(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長さ(mm)ベアリング数BB/ローラ―
200HG7.4621535/2312-165, 14-145, 16-120, 20-10081457/1
201HG7.4621535/2312-165, 14-145, 16-120, 20-10081457/1
200XG8.55.521535/2312-165, 14-145, 16-120, 20-10093457/1
201XG8.55.521535/2312-165, 14-145, 16-120, 20-10093457/1

今シーズン新たに追加されるのは200サイズで、ひと回りコンパクトなボディとなることでドラグも5.5~6kgに設定。

[写真タップで拡大]

ブレーキは遠投性能に優れる遠心タイプのSVSインフィニティへと進化。ドライブを司るマイクロモジュールギア&X-SHIP、それら心臓部をガッチリと守るHAGANEボディというヘビーデューティー仕様は、既存の300サイズより踏襲。

SVSインフィニティ [写真タップで拡大]

マイクロモジュールギアとXシップを搭載。 [写真タップで拡大]

そして、スプールはナイロン20lbが100m巻ける新サイズなのだが、低慣性化により軽い立ち上がりでスムーズな回転が着水寸前まで持続し、遠投はもちろん軽量~重量級ルアーまでさまざまなウェイトに対応できるMGLスプールⅢを採用。

MGLスプールⅢ [写真タップで拡大]

加えてサイレントチューンによりベアリングの振動を可能な限りカットすることでフリクションが低減。さらなる飛距離アップとキャストフィールの向上に寄与している。

[写真タップで拡大]

同じスコーピオンMDでも300サイズでは少々持て余してしまっていた、だからといって100~150サイズでは足りないというアングラーには“最適解”とも言える200サイズ。フリースタイルを追求する貴方にこそ、手にしてほしい1台だ。

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。