ブラックバスの「やる気スイッチ」を入れる円が存在した! 真冬のバス釣りにドンピシャ流行テクとは

近年話題となったテクニックやルアーを達人たちが一挙指南! マスターしきれてなかった人、知ってたけどどうやるのかわからなかった人、そもそも知らなかった人…etc。とりあえず、ココに載ってるテクは覚えておいて損はなし! まんべんなくマスターするもよし、ひとつだけ極めるのもよし! いいテクとの出会いがありますように。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

Profile

峯村祐貴(みねむら・ゆうき)
東京都出身。関東リザーバーを中心に、サイトフィッシングを武器にトーナメントを荒らしまくった凄腕。インディーズルアーだったサイコロラバーを、O.S.Pで量産化を実現させた。 [写真タップで拡大]

林 晃大(はやし・こうだい)
1989年、山口県出身。ヒューマンアカデミー卒業後、河口湖や高滝湖で修行を重ね、野尻湖でプロガイドとして活動。現在は琵琶湖でもガイドやトーナメントで活躍し、サイコロラバーを流行らせた。 [写真タップで拡大]

サイコロラバー×峯村祐貴/林 晃大

難易度★★★★
対でかバス★★★★
汎用性★★

サイコロラバー ノンソルト【O.S.P】/田渕秀明さんが開発したサイコロラバー(フィールドサイド)がオリジナル。それを武器にしていた峯村祐貴さんの要望もあり、O.S.Pが大量生産し、その威力が一気に広まった。

見えてれば釣れる、見えてなくても釣れる…魔法のサイコロ!

サイトとブラインド、両サイコロマスターに聞いた

峯村「見えてればなんでもですね。岸際を泳いでようが、沖を泳いでようが。釣れるときは釣れます」

まず、サイコロサイトフィッシングの第一人者である峯村さんから。文字数が少ないので、いきなりキモを伺おう。見えバスのどこに投げて、どうやって食わせる?

峯村「基本は進行方向に投げます。バスが泳いでいって、あと50cmくらいでルアーに到達するときにバスの目線より下に入るようにします」

次に、バスがどんな反応を見せたら逃しアクションを入れる?

峯村「バスの目線の下からトゥイッチで飛ばすんですけど、飛ばしたときに反応したらもう一回逃す。逃す距離は大体30cmくらい。スピードは速ければ速いほどいいです」

サイコロラバー ノンソルト【O.S.P】
田渕秀明さんが開発したサイコロラバー(フィールドサイド)がオリジナル。それを武器にしていた峯村祐貴さんの要望もあり、O.S.Pが大量生産し、その威力が一気に広まった。
●ボディ長:約12mm
●重量:1.7g
●カラー:全8色
●入り数:4個
●税込価格:1,320円 [写真タップで拡大]

続いて、サイコロラバーのダウンショットリグで2022年秋以降の琵琶湖のトーナメントを席巻している林晃大さん、どうぞ。

「シャローからディープまで、投げる場所もシチュエーションもとにかく選ばない、というのがこの釣りの特徴です。魚がいればどこでも釣れます」

つまり、どんなバスもこれなら釣れるというわけ。とにかくすごい自信だ…。では、どんな動かし方をするのだろうか?

「2回ジャークして、5秒ステイの繰り返しですね。淡々と一定のリズムで。操作するときはライブスコープの画面を見ることも少ないです」

話を聞くと誰でも簡単に釣れそうだが…それでも釣れない人にありがちなことは?

「リグやタックルなどに我流が入っちゃってる人が多いですね。タックルセッティング、リーダーの長さ、糸の太さ、ハリの大きさ、シンカーの重さはすべて意味があるので。まずはオリジナルをやってみてほしいです」

峯村流カラーの使い分け

スジエビ [写真タップで拡大]

常勝シュリンプ [写真タップで拡大]

スモークレモン [写真タップで拡大]

峯村さんのよく使う3色。クリア系の湖はスジエビ。「中層で見せて食わせるのは絶対コレ」(峯村)。亀山などステイン系やボトムを使う場合は常勝シュリンプ。濁ったらスモークレモン。

林流リグ詳細

ラインはアブソルートAAA(バリバス)6lb。リーダーは60cm程度。フックはアンダーショット(バリバス)#1。シンカーはTGスリムシンカークイックチェンジャー(バリバス)3.5〜7gをスルーダウンショットリーダー(バリバス)のショートに収縮チューブで固定する。 [写真タップで拡大]

サイトでは無敵
見えたバスは全部釣れる!…という破竹の勢いだったが、近頃はそう簡単にはいかないらしい。 [写真タップで拡大]

シーズン早見表

峯村:4月〜7月
林: (一年中だが強いていうなら)12月〜4月

峯村流はプリスポーンのメスが浮き始めるタイミングから釣れ始め、アフタースポーンの虫が効くような時期もよく釣れる。林流は、一年中釣れるが、強いていうなら冬と春とのこと。水温低下する11月はやや苦手。 [写真タップで拡大]

ココがキモ

反応する円と見切る円
バスにはルアーを見つけて反応する円、そしてその内側にはルアーだと見切る円があるという。「その中間で動かしていればいくらでもついてくるんですよ。そのスペースの中で、かつ遠くで逃す方がスイッチが入りやすいです。近い方が反応は悪くなりますね」(峯村) [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。