魚が釣れない!?なら神頼みもいいんじゃない?? 釣り人にご利益のありそうな神様をご紹介!

ああ、ボウズ&オデコが続くぜ…。神頼みのひとつでもして、ちょっと釣り運を変えたいなとお考えのみなさま。ルアマガプラスの釣果開運プレゼンターが、そんなときに、どんな神様にあやかればいいのかご指南しましょう! 八百万の神々集う、日本だからこそのお話をさせていただきます。信じる者は釣果が増える〜。

●文:ルアマガプラス編集部(フカポン)

<釣りにまつわる神様の美しいイラストを見る>

2024 新製品情報

釣りにご利益がありそうな神様っているの?

先日、ルアマガプラスを眺めていたら、大阪府の住吉大社でルアーのお守りが発売されるという記事をみかけました。ふむふむ。腕を磨く、いい道具をあつらえる。これも釣果アップの大事な下準備ではありますが、『運気を上げる』ってのも実は大事なんですぞ。

例えば麻雀は運ゲーです。が、上手い下手が出ますよね。狙った役を組み、アガるための下準備は確率論などの知識。そこから先は『運』。釣りだって同じなんですよ。知識や道具を揃え、最後のピースは『運』。あ、運てヤツは物理ですよみなさん。

は?と思われるかもですが、願い祈ることで少し確率が操作できるって研究もあったりします(脳科学的にも物理的にも)。なのでつべこべ言わず、神頼みしとけというお話なのです。引き寄せの法則なんてのは詐欺師の常套句ですが、天文学的確率ですこーし釣れる方向に神頼みで舵を切ることは非科学的でもなんでもないんですよ。小さなブレと侮ることなかれ!塵も積もればなんとやら!

と、いうことで、信じる者は救われる。釣り人があやかりたい神様をいくつかご紹介しましょう。

まずは海の神として最高格。素戔嗚(スサノオ)を祀る神社を探せっ!

ひと柱目。釣り人にご紹介したい日本の神様は『素戔嗚』。スサノオと読みます。どんな神様? 日本にはそれはそれは格が高い神様として描かれる3柱がいます。天照大神(アマテラスオオミカミ)、月読尊(ツクヨミノミコト)、そして今から紹介する素戔嗚(スサノオ)です。

海を司る神として知られるスサノオ。嵐の神としても知られ荒ぶる武神でもございます。が、そのご利益SSSクラス。(イラスト:山田サトシ) [写真タップで拡大]

この日本の神様の格式高いトップスリーにはそれぞれ担当がございまして、天照大神は太陽や昼の世界の管理担当。月読は夜の世界や月を担当。んでもって、素戔嗚は海の世界担当

素戔嗚は荒ぶる海の神として描かれることも多い神様ではありますが、この神様が祀られている神社のご利益として、海運・開運なんてのが含まれていたりします。そう設定されている神社などには、多くの人がそういうご利益を求めて願い、祈るわけですからそれがご利益として顕現するわけでございますよ。有名なところでいうと、八坂神社、熊野神社、素戔嗚神社、須佐神社などなど。聞きなれないなぁと思っても、いわゆる『出雲系』として分類される神社にはこの神様が関連でお祭りされていますのでお参りしてみてください。

埼玉県大宮市にある氷川神社、川越市の氷川神社など氷川系列は素戔嗚(スサノオ)をお祀りしています。大きい神社には、上や下に挙げた神様が祀られている摂社と呼ばれるお社がありますので、海神様系列に片っ端からご挨拶するっていうのも手です。 [写真タップで拡大]

もっと、こう、釣りに直結する神様いないの??

冒頭に挙げた住吉神社系は、海に関わる三柱がセットで祀られている神社でございます。底筒男神(ソコツツノオノカミ)、中筒男神(ナカツツノオノカミ)、上筒之男神(ウワツツノオノカミ)。底、中、表層と揃っています。

どっちが本家、分家というわけではないのですが、同じような三神構成で、海神として知られている、綿津見三神(ワタツミサンシン)というのがいらっしゃいまして、同じく底綿津見、中綿津見、上綿津見という形で海を見守っております。綿津見神は、海神(ワタツミ)神社、綿津見神社、穂高神社、志賀海神社、鷂神社ほかでお祭りされています。海の近くの神社に出向くと、こちらが御祭神なことが結構あります。

川の釣り人には縁のない神様ばかりじゃん!?と思うかもですが、こちら長野県にあります穂高神社。こちらの御祭神は綿津見神。海岸線沿いに多いのは事実ですが、このように内陸にもちゃんとあります。綿津見の神様は『あずみ』『安曇』『阿曇』などの地名付近の神社には祀られていることが多いですよ。 [写真タップで拡大]

海神・綿津見。住吉の三神とはちょっと氏族別れというか進行ルート別れみたいな感じで考えてもいいかもしれません。(イラスト:山田サトシ) [写真タップで拡大]

記者はこれらを水深三神として、ご利益にあやかりたいと思っています。

上の綿津見神にまつわる古史古伝のお話に出てくる神様で、塩椎神(シオツチノカミ)もしくは塩土老翁(シオツチオジ)という潮・流れを司る海の神様もいまして、このあたりは海幸彦と山幸彦という話のくだりで、釣り針に絡んだ逸話であれこれやっていますので、釣り人にはニアな感じはします。海幸彦、山幸彦は比較的お祀りされている神社は珍しいですが、日本の神様って別名で隠れていたりしてややこしいのでそこは調べてみてください。塩椎神は塩釜神社系列、『塩』という名前を冠する神社でお祀りされていることが多いです。有名なのは宮城県の鹽竈神社(シオガマジンジャ)。

海幸彦、山幸彦を祀っている神様というのは別名を調べたりすると見つけた!となりますが、案外レアなので探してみてご利益に授かるのもありかもしれませんね。

ああ、釣りに関わる大事な神様を忘れていました。申し訳ありません。恵比寿様(エビス)ですね。事代主(コトシロヌシ)という別名でお祀りされていることもあるかもしれません。関東圏で有名なのは、恵比寿神社、神田明神、関西圏なら今宮恵比寿、西宮恵比寿、堀川恵比寿などの神社にお参りするのはいかがでしょうか。

こちらは『事代主』として描いていただいた恵比寿様。明確に同一と言われていますので使用しました。(イラスト:山田サトシ) [写真タップで拡大]

いままでのは男神だよね? 女神様はいないの??

釣り人の男女比は圧倒的に男優勢。そうなると罰当たりにむさ苦しい男神はいい! 女神様。『ああっ女神様っ』にあやかりたいという方もいらっしゃるでしょう。そうなってくると、海の女神様として信仰を集めているのは『宗像三女神』。福岡県宗像市の宗像大社を総本宮とする神社にお祀りされている三人の神様です。市杵島姫(イチキシマヒメ)、湍津姫神(タギツヒメ)、田心姫神(タゴリヒメ)。この三女神。

こちらは大島取材の際に訪れた宗像大社中津宮。お参りして釣りしたら『爆釣』でした。 [写真タップで拡大]

なんか海の神様って3セットになってること多くね? と、気づかれた方も多いかと。こちらも、ざっくり解説すると、沖(田心姫神)、中(湍津姫神)、岸辺(市杵島姫)に対応しています。オフショア、インショア、ショア!? ルアマガ企画提案でレジットデザインさんから発売されるロッドネーム、スクアド・市杵島SPは、このショアの神『市杵島姫』に由来しています。陸っぱり用アジングロッドですよ。

こちらは瀬織津姫として描いていただいたイラストですが、宗像三女神の市杵島姫と同一という説もある神様。水に関わり、海に関わり、龍神でもあり。弁天様と市杵島姫は同一と言われています。(イラスト:山田サトシ) [写真タップで拡大]

近くに宗像大社というか『宗像』を冠する系列神社なんてないから!なんて人は、弁財天(ベンザイテン・弁天様)として知られる神様をお尋ねください。こちら、一説には市杵島姫や、祓戸の神様のひとりで水の神、瀬(流れ)の神として知られる瀬織津姫(セオリツヒメ)と同一と言われております。弁天様というのは、近所の神社の池の真ん中にお社があれば、だいたい弁天様です。水に囲まれたお社には弁天様と覚えておいてください。インドでは川の神様なんて言われていますので、川釣りクラスタの皆様はこちらへ。龍神様でもあります。つまり2024年干支の神様っ!

有名な広島県厳島神社の御祭神は『市杵島姫』。宗像神社系がない!って方は、海の島や水に囲まれたお社を覗いてみましょう。宗像女神の一柱、市杵島姫、弁天様がお祀りされていることが多いですよ。 [写真タップで拡大]

ということで、今回は、釣りの運気爆上がり間違いなし! この神様にすがりましょう! というお話を少し書かせていただきました。釣り記者なのになぜ、そんなことに詳しいのかといいますと、さまざまな日本の神様の起源について書かれた本の編集をさせていただいたからです。日本のルーツに迫り、その祀られる神様について書かれた『アマテラス解体新書』という本の宣伝も最後にさせていただきつつ、皆様の釣りライフが釣果に恵まれたものになりますようお祈りしております!

アマテラス解体新書。著者はYouTuber『考え方の学校』主催、岡本佳之。イラストは本記事でも紹介した山田サトシさん。おかげさまで重版!売れています。日本人のルーツを探り、八百万の神々の起源を解き明かす本となっております。 [写真タップで拡大]

<釣りにまつわる神様の美しいイラストを見る>


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。