ジグヘッド&スプーンの整理整頓&大量収納ならこれ一択!「ランガンケース3010W-2(メイホー)」

「日本のルアーケースの黄金サイズ」とも言うべきなのが、メイホー製の“3010”。タックルバッグやウェストバッグなどは、この3010サイズが入ることを基準にデザインされているような風潮があり、如何にこの3010サイズが「ちょうど良い」かというのが思い知らされる。そしてまたひとつ、この3010サイズに合わせてデザインされたボックスがアングラーたちに浸透し始めている。それが『ランガンケース3010W-2』なのだ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ランガンケース3010W-2(メイホー)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • サイズ:205×145×40mm
  • 素材本体:ポリプロピレン(バックル、仕切板)、ステンレス(シャフト)、発泡ポリエチレン(マット)
  • 備考
    ワームプルーフ、VS-3010と同サイズ、HG

このランガンケース3010W-2は裏表の両面収納が可能で、いずれの面もスリットフォームが敷き詰められている。このスリット部分にジグヘッドのフックを挟み込んで固定すれば、整然と並べた状態で収納できるので取り出しも簡単。狭いスペースにたくさんのジグヘッドを入れたはいいが、取り出すときにフック同士が絡まってタイムロス…もしくはフックポイントがナマってしまっている…そんなトラブルも未然に防げるのだ。

両面ともスリットフォームになっている。 [写真タップで拡大]

なお、メタルジグやスプーンなど薄めのルアーも、小さめのサイズならば収納できるだろう。兄弟モデルとしてフタの裏側にWorm Slip加工を採用する『ランガンケース3010W』と『ランガンケース3010W-1』の2アイテムもラインナップされているので、ワームを収納したいアングラーはそちらもおすすめだ!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。