【業界激震】大人気釣りユーチューバーが『ジャッカル』との契約終了へ

トーナメンターとしての華々しい功績、フィッシングガイドとしての実力、そして釣りユーチューバーとしての大きな存在感を放つ秦拓馬さんが大人気メーカー・ジャッカルとの契約終了を発表した。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ダウザー俺達。ジャッカルとの契約終了へ

2月4日12時頃、トーナメンターとしてその実力を知らしめて活躍し、現在は釣りユーチューバーとして活躍するダウザー俺達。こと秦拓馬さんが、滋賀県の大人気釣具メーカー・ジャッカルとの契約終了を自身のX(旧ツイッター)アカウントで発表した。

[写真タップで拡大]

また、同時刻にジャッカル公式X(旧ツイッター)アカウントでも同様の発表が行われている。

秦さんは20年近いジャッカルとの関係のなか、数々の名作ルアーを展開。

[写真タップで拡大]

自身の経験とアイデアをもとに誕生した不動の人気を誇るソフトベイト『フリックシェイク』を筆頭に、スピナーベイトの『ドーン』やロングビルミノーの『ダウズビドー』、ビッグベイトの『ダウズスイマー』など、多くのジャッカルルアーに関わってきたことで知られる。

ダウザー監修ルアーは継続販売

なお、今後も上記ルアーを始めとした秦さんが監修したジャッカルルアーは通常通り販売が継続されるとのこと。

また、現在も秦さんがバス釣りにてメイン使用している「ジャッカル✕シマノ」のロッド・ポイズンシリーズは契約の変更はなく、引き続き使用を続けていくとのこと。

トーナメンターとしての確かな経験をベースにしたわかりやすい解説、魅力的なものづくりによって多くのファンを持つ秦拓馬さん。

今後の活動にも大きな注目が集まる。

秦拓馬(はた・たくま)
最高峰トーナメントへの参戦経験や琵琶湖ガイドを経験した後、 誰もが認める『釣りYouTuber』となったプロアングラー。フリックシェイクのジグヘッドワッキーを世に広めるなど、大きなムーブメントの中心となることも多いインフルエンサー。『釣り業界』という枠にとらわれず、釣りをとりまく時代の最先端ともいえる動画文化。なかでも無料で見られるYouTubeの存在感は大きく、今やあらゆるプロ、メーカー、そしてメディアがこれを活用している。そんな中で、最も上手に活用し、『釣りYouTuber』という称号がふさわしいアングラーといえるだろう。 [写真タップで拡大]

<次ページ:ドーン、ガバチョフロッグ、ダンクル…秦さんといえばこのルアー!>

〈次のページは…〉秦拓馬さんと関係のあるジャッカルるあーとは?

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。