[お助けルアー]誰でも簡単に使える!お守り的存在のルアーを紹介!

ライトソルトゲームの代表的存在と言えばアジングだが、他にも、手軽に楽しめるターゲットは沢山存在している。そこで、ターゲットを限定せず、色々と楽しみたいアングラーにオススメしたい、ルアーや釣り方、そしてタックルを紹介していこう。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 新製品情報

実釣アングラー紹介

[写真タップで拡大]

丹羽 喜嗣(にわ・よしつぐ)

広島県在住。ライトゲームのスペシャリストで、ターゲットの生態にマッチさせた綿密なゲーム展開を得意とする。ホームは瀬戸内や四国エリア。アジングの楽しさ、奥深さを各メディアで発信している。ルアーマガジンソルト主催の「アジング王バトル 2ndシーズン」に進出。優勝の藤原さんとデッドヒートを繰り広げた。シマノのインストラクターをつとめる。

[写真タップで拡大]

阿部 健司郎(あべ・けんじろう)

地元大分県をホームにアジ、メバルを追う気鋭のアングラー。ライトソルト歴は15年を超え、尺メバルの年間釣獲数227尾の記録を持つ。ライトソルトを展開する釣り系ユーチューバーまんじろ(まんじろ / Man Giro Fishing)としても活躍中。

大物をより手軽に楽しもう! ライトソルトの可能性を広げる視点に注目!

ライトソルトゲームと言っても、その範囲は幅広い。最近では、アジをターゲットとするアジングが人気だが、もう少し視野を広げて見ると、身近なフィールドにはライトに楽しめるターゲットが多数存在している。

丹羽「ライトソルトゲームのターゲットはアジ、メバルだけじゃないです。手軽に様々な魚と遊べるのがこの釣りの魅力の一つです」

阿部「僕も初めての宇和海(愛媛県)で、楽しみにしていた部分でもあります」

それまで楽しんでいたアジングの時合いが終わると、二人が次に手にしたタックルは、ソアレBB S80L-S。そして、ルアーはソアレライズショットブレード10~15gだ。この選択の理由とは?

【タックルデータ】
●ロッド:ソアレBB S80L-S ●リール:ソアレXR C2500S ●ライン:ピットブル8+ 0.4号(以上シマノ)●リーダー:フロロカーボン2.5号 [写真タップで拡大]

丹羽「S80L-Sはライトソルトの範疇では大型の魚を獲りにいくときに使います」

ライトソルトゲームの大型魚、具体的には?

丹羽「オオモンハタなどのハタ類でいえば30cmクラス。マダイや青物など突っ込んでも根に潜らないタイプの魚なら40〜50cmあっても、十分対峙できる余裕があります」

その言葉どおり、阿部さんは日中にソアレライズショットブレードをキャストして、30cmに迫る良型のカサゴをキャッチ!

[写真タップで拡大]

阿部「ボトムにコンタクトするようにトレースしてくると、ひったくるような強烈なバイトがありました。でも、根に潜られることなく、主導権をゆずらずに一気にリフトできました。これは、ロッドにパワー的な余裕があるからだと思います。あと、S80L-Sはフロートやキャロの遠投系リグを遠投するような釣り方でも、その威力を発揮してくれます」

丹羽「そう。ターゲットも狙う範囲も大幅に広げてくれるのが、ソアレBB S80L-Sです。手軽なライトソルトゲームの延長で魚種限定解除が実現できます」

魚種限定解除推奨ルアー①「スピンテールジグ」
ターゲット:ハタ類、マダイ、青物、シーバス、マゴチ、クロダイなど

ソアレライズショットブレードが違いを魅せるのが飛距離。重心移動アイ搭載で飛行姿勢が安定し、飛距離を伸ばす。

丹羽「スピンテールはそもそもブレードの波動とフラッシングで魚を呼びやすい。さらにこの飛距離で広範囲を探れます。新色のSチャートピンクは色の強さでもアピールできる。日中の明るい時間帯はシルバー系の実績が高いですね」

新色の012 マットチャートイワシ(右)、013 Sチャートピンク(左上)、011 Sレッドヘッドが追加。より幅広い状況に対応しやすくなった。 [写真タップで拡大]

丹羽「Sレッドヘッドは波動とフラッシングで寄せた魚をスケールブーストの艶かしい輝きで誘えます。スピンテールが釣れる原動力は波動で、意外と夜も効く。薄暗い時間帯や潮が濁り気味のときはマットチャートイワシも有効です」

【ヒットルアー】ソアレライズショットブレード10g、15g(シマノ)
阿部さんは良型のカサゴを連発!ボトム付近の攻略がキモだった! [写真タップで拡大]

阿部「カケアガリのボトムをこすらせながら漂わせるようにリフト。カーブフォールでひったくっていきました。ブレードが日中でもカサゴを引っ張りだしてくれました」

さらに、小型ルアーを沖の潮目まで飛ばせば何が喰うかわからない。それを可能にするのがソアレBB S80L-Sとソアレライズショットブレードの組み合わせだ。

丹羽「サーフや河口で使えばマゴチやクロダイの可能性もある。ライトソルトのターゲットもフィールドも広げルことができます」

沖の潮目もライトソルトゲームの射程圏内。 [写真タップで拡大]

魚種限定解除ルアー②「メタルジグ」
ターゲット:アジ、小型根魚、小型青物など

ソアレA-ジグは前方重心が特徴のマイクロメタルジグ。このルアーも、釣行時に持っておくと何かと役立つ、汎用性の高いタイプだ。

ソアレA-ジグ2、3.5、5、6.5g(シマノ)
アジングのジグ単とローテーションして使えるメタルジグ。 [写真タップで拡大]

丹羽「アジは水平姿勢のものに口を使うという習性があります。A-ジグはラインテンションを抜くと頭からスコンッと落ちますが、テンションをかけると水平姿勢を保ちやすい」

ソアレA-ジグは2023年秋に、新しく4色が追加された。上の写真で言うと、時計回りに006 Sブルピン、008 Sオレンジグロー、007 Sアカキン 、005 Sイワシとなる。

丹羽「ジグ単と同じようにステイで喰わせるときはカラーは重要なファクターになります」

ソアレA-ジグは、アジングでのジグ単とローテーションして使える小型のメタルジグだ。 [写真タップで拡大]

新色の追加で戦力アップと言える。

丹羽「要はジグ単と同じ動きでジグ単と同じように使え、速いフォールに反応が良いときやワームにはないフラッシングを効かすなど、ジグ単とローテションして使えます。水平姿勢を好む魚はアジだけじゃない。ライトタックルで様々な魚種が狙えます」

ソアレA-ジグは、ラインテンションを保つことで、アジが反応しやすい水平姿勢でのアクションを演出できる。 [写真タップで拡大]

今回の記事の全文はルアーマガジンソルトに掲載!

ルアーマガジンソルト2024年2月号(2023年12月発売)はライトゲーム特集。アジングを始めとして、冬でも楽しめるターゲットを取り上げている。今回の実釣記事も、全文が掲載されいてるので、是非チェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。