「基本的に”逃し”で食わせる」実は難易度が低いスイベルキャロは汎用性が高い。

近年話題となったテクニックやルアーを達人たちが一挙指南! マスターしきれてなかった人、知ってたけどどうやるのかわからなかった人、そもそも知らなかった人…etc。とりあえず、ココに載ってるテクは覚えておいて損はなし! まんべんなくマスターするもよし、ひとつだけ極めるのもよし! いいテクとの出会いがありますように。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

Profile

宇佐見素明(うさみ・もとあき)
1994年東京都出身。相模湖・日相園カップの年間2連覇で注目を浴びたが、意外にもライブソナー導入は2021年から。今シーズンはJB入鹿池で年間1位、JB河口湖Aで年間2位を獲得して来季トップ50昇格を決め、11月のJBのクラシックも制覇したばかり。 [写真タップで拡大]

スイベルキャロ×宇佐見素明

難易度★★
対でかバス★★★
汎用性★★★★

1g未満の微調整をするスイベルの使い分けとデッドスロー・アプローチ

ライブソナー入門にも欠かせないリグ

スイベルキャロは近年、ライブソナーの名手たちがこぞって使いはじめたリグのひとつ。宇佐見さんにとっては普通のキャロライナリグの延長線上にあるバリエーションの一種だという。

「ねらったレンジにすばやく送り込んで、そこでノーシンカー状態を演出できるのがキャロの最大の利点です。スイベル単体で使うのは、ひとつは浅いレンジを引きたいとき。1g未満の微調整をスイベルの種類で行なっています(写真参照)」

もうひとつの出番はバスが「オフ」の状態だと判断したときだ。障害物に着いていたり、動きの鈍い魚にゆっくり見せたいときに使う。

「レンジは問いません。津久井湖の水深14mで釣ったこともあります。スイベルとワームの2点があるのでライブソナーにも映しやすいですよ」

ワカサギなどのベイトフィッシュを捕食しているバスは、ルアーのレンジが上下にブレるのを嫌う傾向がある。スイベルキャロを使うことで、ディープでも一定レンジを保ちやすくなるという。

基本的なアプローチは、ねらうレンジまでフリーフォールさせてからリトリーブ開始。バスが興味を示し、近寄ってきたところで「ピッ!」と小さくトゥイッチして口を使わせる。

ハイレベルなフィネスに思えるが、意外に難易度が低いのもポイントだと言う。

「たとえばジグヘッドリグだと、止めた瞬間にフォールしてレンジから外れますが、スイベルキャロなら逃したあともバスの近くに留めておける。ライブソナー初心者でも映しやすくて、釣りやすいリグだと思います」

タイニーフルーク【ZBC】
●全長:3in
●入り数:20本入り [写真タップで拡大]

HPミノー 3.1in【O.S.P】
●全長:3.1in
●カラー:23色
●入り数:8本入り
●価格:858円(税込) [写真タップで拡大]

ミラージュスティック3in【プロフェッサー】
●全長:3.0in
●自重:約1.6g
●カラー:7色
●入り数:8本入り
●価格:902円(税込) [写真タップで拡大]

ワームは逃したときに「ブルブルッ!」と悶えるようなタイプが好み。3種類を水押しの違いで使い分ける。素材が硬めのHPミノー3.1inがもっとも強く、ミラージュスティックが最弱、タイニーフルークはその中間。

[写真タップで拡大]

浅い範囲でレンジを刻むときは微調整が重要だ。通常のスイベル(0.3g)、ダブルクレン(0.6g)そしてトリプルクレン(0.9g)の3種を使い分ける。「ただし普通のキャロはそこまで刻みません。1.8gの上は2.7gでOK」 [写真タップで拡大]

シーズン早見表

汎用性はかなり高いリグ
ライブシューティングが前提の釣りなので、デカバス率はフィールドや時期によりけり。相模湖なら1000〜1500gがアベレージサイズ。ただしライブ系が多用されている入鹿池では効きづらかったという。 [写真タップで拡大]

フォール中に見せないよう注意
障害物に着くバスを釣る場合、まずはフォールで気づかれないよう5m以上向こう側に落とす。ねらうレンジに到達させたら一定スピードで引き、魚が気づいて見に来たときに仕掛ける。「巻き続けるなどのバリエーションもありますが、スイベルキャロは基本的に『逃し』で食わせます。興味を示さないバスは別のルアーで」 [写真タップで拡大]

10月以降がハイシーズン
「2月末〜3月、そしてバスがモノに着き出す10〜11月に多用します。真夏はきついですね」 [写真タップで拡大]

マスタータックル
●ロッド:6ft2in・ULクラス
●リール:2500番台のスピニング
●ライン:ソラローム®エクスレッド 3lb [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。