エバグリ×エリアトラウト!頂点を目指すロッド「アルチザン・コンペティション」【センドウタカシ】

ルアーフィッシング界の雄、エバーグリーンがついにエリアトラウトに進出。アイテム第1弾は、大注目のアルチザン・コンペティションだ。果たしてどんなロッドに仕上がったのか。エバーグリーンのプロスタッフで、開発テストに携わったセンドウタカシさんに解説してもらった!!

●文&写真:相原由和

2024 新製品情報

Profile

[写真タップで拡大]

センドウタカシ(せんどう・たかし)

千藤卓 a.k.a ニンジャ/『ルアーマガジン』でもお馴染みのプロアングラー。釣りビジョンなどの映像メディアに多数出演するほか、現在は、琵琶湖などを中心にガイドも行っている。近年はエリアトラウト(管理釣り場のルアー釣り)に傾注し、 強者が集結するトラウトキング選手権エキスパート戦にも出場。エリアトラウト競技者としての側面も併せ持つ。

西田侑平(にしだ・ゆうへい)
エバーグリーンインターナショナル・トラウトプロジェクトリーダー。エリアトラウト全般を得意とし、過去にはトーナメントに参戦した経験あり。アルチザン・コンペティションのまとめ役。 [写真タップで拡大]

アルチザン・コンペティション AATS-61L/RF 「ド直球のエリアトラウトバーサタイル」

アルチザン・コンペティション AATS-61L/RF [写真タップで拡大]

ニンジャ的このモデルの魅力

ニンジャ「コレ1本で何でもできちゃう万能系。トーナメントでは、すでにウイニングロッドになっているほどの高い完成度を誇る。個人的にはエステルを合わせることが多いかな。スプーン、クランクベイト、ミノープラグ、ボトムの操作系までおよそ何でもこなせます。低負荷ではパリッとしているからロッドワークはリニア。しかし魚が掛かるとブランクがしっかり曲がり込む。パワーを活かしつつ寄せられるのでバラシが少ない。何尾も釣り込んでわかるよさがある、そんなロッドです」

アルチザン・コンペティションは、高度な釣技を支えるテクニカルなシリーズだ。センドウさんも昨年から試合に実戦投入している。 [写真タップで拡大]

西田的プロダクトコンセプト

西田「ティップセクションは軟らかめの24トン。バットセクションは、トレカT1100Gの33トン+40トンカーボンをミックスしています。軽めの負荷でも曲がる竿先+クセのないレギュラーファストテーパーは、エリアトラウトで特に使用頻度の高い1〜3gのルアーが扱いやすい設計になっています。投げやすいのはもちろん、ベリーからバットが粘るので、不意のバラシも軽減します」

ニンジャ的参考ルアー

イーグルプレーヤー50スリム/GJ(ディスプラウト)、モカDRSS(ロデオクラフト)、クーガ(ヴァルケイン)、ノアB 2.2g(ロデオクラフト)、バンナ 1.7g(ニュードロワー)、ツーウィン(なぶら家) [写真タップで拡大]

◇全長:6ft1in◎パワー:ライト 
◇アクション:レギュラーファスト
◇適合ウエイト:1〜3g
◇適合ライン:モノフィラメント0.25〜0.5号、PE0.2〜0.4号

アルチザン・コンペティション AATS-61ML/S 「大規模ポンドや大物狙いでおすすめ」

アルチザン・コンペティション AATS-61ML/S [写真タップで拡大]

ニンジャ的このモデルの魅力

ニンジャ「もっちり筋肉質なロッドです。S(スロー)というと、ベロンベロンなイメージがあるかもしれませんがこれは明確に違う。きっちり操作できるロッドです。負荷の強弱によって“硬さ”の印象が変わるのはシリーズ共通。それゆえに軽めのルアーも思いどおりに操作できる。もちろん、MLパワーなので2g超のスプーンも遠投できます。東山湖FAや加賀FAのような大規模ポンドでも活躍してくれる。ナイロン放流、ナイロンクランキング、PEでボトムをシェイクで誘うのもあり」

初回リリースは全4機種。すでに次のモデルの開発にも着手しているとのこと。エバーグリーンの今後の展開が気になるばかり。 [写真タップで拡大]

西田的プロダクトコンセプト

西田「ライトバーサタイルの61Lと対をなす、もうひとつの基軸ロッドがこちら。61Lが3g以下のルアーにぴったりなのに対し、この61MLは2〜4gに最適化されてます。モチッとトルクフルなのが特徴です。ミディアムライト+スローテーパーの組み合わせは安心感がある。放流直後の高活性魚が相手でも、中低弾性ブランクが衝撃を吸収し、確実にフッキングに持ち込めます」

ニンジャ的参考ルアー

タップダンサー(ティモン)、ディープクラピー(ラッキークラフト)、クーガHF(ヴァルケイン)、ドーナ 2g(アングラーズシステム)、バンナ 1.7g(ニュードロワー) [写真タップで拡大]

◇全長:6ft1in
◇パワー:ミディアムライト
◇アクション:スロー
◇適合ウエイト:1.5〜5g
◇適合ライン:モノフィラメント0.3〜0.6号、PE0.2〜0.6号

アルチザン・コンペティション AATS-62MH/R 「硬いのに曲がる、おもしろいロッドです」

アルチザン・コンペティション AATS-62MH/R [写真タップで拡大]

ニンジャ的このモデルの魅力

ニンジャ「MHパワーで硬いんだけど、いざ使ってみると“適度に非力”なんです。これが62MHのおもしろいところ。ミノープラグやボトムの操作系はしっかり動かせるし、2.5g以上のスプーンを遠投し、沖で掛けた魚をバットでフッキングさせるなんて芸当もこなす。なのに魚が掛かると継ぎ目あたりまで曲がる。これが僕が“適度に非力”と表現するところ。硬いけどバレにくいんです。トルクがあるから魚も寄せやすい。僕はエステルとPEが中心ですが、太めのナイロンもおすすめ」

センドウさんは長年メディア&トーナメントで活躍するエキスパート。さらに近年はエリアのインストラクター、ショップイベントなどで講師も積極的に務める。ユーザーとの距離が近いのだ [写真タップで拡大]

西田的プロダクトコンセプト

西田「巻きでは釣れない状況で活躍する“飛び道具系”。トップやミノープラグ、ボトムなどのテクニカルな釣りに最適。バットセクションにはトレカM40Xの40トンカーボンを採用。MHパワーなので、かなり硬めの印象を受けるかもしれません。ただ、実際に使ってみると、負荷が高まるにつれ、竿先から順に曲がりが追従するのがわかるはず。かなりおもしろいロッドに仕上がっています」

ニンジャ的参考ルアー

スティルエリアT2(スミス)、ポゴ(ムカイ)、ノアB 2.6g(ロデオクラフト) [写真タップで拡大]

◇全長:6ft2in
◇パワー:ミディアムヘビー
◇アクション:レギュラー
◇適合ウエイト:1〜6g
◇適合ライン:モノフィラメント0.3〜0.6号、PE0.2〜0.8号

アルチザン・コンペティション AATS-60MLST/F 「オートマチックな釣りができるソリッド」

アルチザン・コンペティション AATS-60MLST/F [写真タップで拡大]

ニンジャ的このモデルの魅力

ニンジャ「ソリッドティップは、汎用性の高さが魅力です。ソリッドを活かせるのは、やはり高感度エステルとの組み合わせ。巻きから操作系まで幅広いルアーを扱えます。ソリッドというと、テクニカルな尖ったモデルというイメージを持つかもしれませんが、僕のなかでそれはオートマチックな釣りができるもの。ティップがフッキングの間を作ってくれるんです。それでいて竿先は鋭敏だから、自分からいろいろ仕掛ける釣りにも使える。61Lと比べると、よりライトなものに合いますね」

「エリアのエキスパートはどこか職人的なストイックさを湛えています。そんなエキスパートの釣りスタイルを表現するような名前(=アルチザン)をつけたかった」と西田さん。 [写真タップで拡大]

西田的プロダクトコンセプト

西田「ソリッドティップを搭載した攻撃的スピニング。シェイクやフリップなどの操作がしやすい。竿先の曲がりを活かした乗せの釣りだけでなく、硬すぎず軟らかすぎずのシャープな調子なので、実は掛けの釣りにも対応する。トップガイドから第3ガイドまで白スレッドが巻いてあり、目感度を高めてある。バットセクションにはトレカT1100Gの33トン+40トンカーボンを使ってます」

ニンジャ的参考ルアー

イーグルプレーヤー50スリム/GJ(ディスプラウト)、アン・フェア35F(ラッキークラフト)、モカDRSS(ロデオクラフト)、シャース 2.3g(サウリブ)、ノアL 0.7g(ロデオクラフト)、ビースパーク 2.9g(オフィスユーカリ) [写真タップで拡大]

◇全長:6ft
◇パワー:ミディアムライト
◇アクション:ファスト
◇適合ウエイト:0.8〜4g
◇適合ライン:モノフィラメント0.25〜0.4号、PE0.2〜0.4号

最新エリアトラウトにはこの1冊!『ルアーマガジン鱒王』

『ルアーマガジン鱒王vol.5』2024年

エリアトラウト究極本…ニジマス管理釣り場の入門とアドバンス!

  • 発売日:2023年12月21日
  • 定価:1980円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。