【な、懐かしい~】メガバスのロッド『デストロイヤー』の歴史を振り返ってみる

1996年に登場し、4度のモデルチェンジを果たしているメガバスのフラッグシップロッド「デストロイヤー」。それぞれの時代において強烈な個性を放ちつつ登場し、バスロッドの常識の「破壊者」として活躍してきた歴史を持つ。2024年には最新シリーズに追加モデルが登場するが、まずはその前に各時代の「デストロイヤー」を掘り下げていこう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

1996年 フェイズ1:破壊者の誕生

驚異的な感度を誇るブランクスとリールシートの接続システム「グラコンポ」、モデルによって異なる用途を想定し妥協なく選ばれるグリップデザイン、実釣テストで少しずつ切り詰めてゆき最適解を求めていった半端レングス……。

日本のそれまでのバスロッドとは一線を画し、当時の常識を文字通り「破壊」するかのように登場。2003年までの間にもマイナーチェンジを繰り返し、常に最良のバスロッドとしてあり続けた。

多くのモデルで、ウッド調のリールシートとEVAのストレートグリップの組み合わせが特徴。ブランクスの種類から記された文字の書体まで時代によって少しずつ異なるため、コレクターも多いとか。

2004年 フェイズ2:タックルオブ・ザ・イヤー殿堂入りの名竿も登場

先鋭化する時代を牽引するかのような変貌を遂げた2代目。ブランクスは初代の最後期に限定生産されたHi-10Xを採用し、高感度・高トルクを実現している。

スピニングモデルを中心にセパレートハンドルモデルが一気に増加。ベイトモデルでは今なお続くヘッドロッキングシステムが初めて導入されている。

フェイズ2もマイナーチェンジが行われており、なかでも「F4-66XTHPサイクロン」はタックルオブ・ザ・イヤーの殿堂入りを果たした、名竿中の名竿。

なお、フェイズ2の登場をきっかけにデストロイヤーシリーズに「フェイズ」という世代名が使われるようになっている。

2011年 フェイズ3:定番から個性派まで幅広い番手が揃う

デストロイヤー生誕15周年の節目に登場。新たに採用した高弾性カーボンによる2軸バイアス構造をベースとし、負荷のかかるバット部分には縦横対斜の4軸プレプリグで補強した「6軸コアプレックス製法」にて生み出されたブランクスが、デストロイヤーをさらなる高みへと押し上げた。

グリップ周りのデザインは全体期に細身となり、ロープロファイルリールが増える時代へと対応。ロッドとリールの一体感が非常に高まっている。

全体のデザインとしてはロゴまわりとエンドバランサーのみをゴールドカラーに配色し、全体的に引き締まったクールな配色となっている。

それまでの定番番手に加え、「クリフハンガー」や「アイガーノースフォール」といったベイトフィネスモデルがラインナップに加わったのもフェイズ3から。定番番手から個性的なモデルまで、幅広いラインナップでも知られている。

2013年には進化版としてデストロイヤーX7も登場。

2016年 フェイズ4:メモリアルモデルはユーザーファースト

メガバス設立30周年のアニバーサリーイヤーに「プロジェクト・シャフトX」として発表。「デストロイヤー」ロゴの大幅変更は多くのアングラーのド肝を抜いた。

素材や技術面での向上はもちろん、プライスレンジを調整。さらいには驚きの免責保証期間5年という、ユーザーファーストなオリデスとしても知られている。

また、ロッド毎の用途に応じたグリップデザインを採用しているためいい意味で統一感がなく、初代デストロイヤーを彷彿とさせる。

グラスコンポジットロッドの「トマホーク」シリーズも同時リリース。後年にはハイグレード版「カーボンヘッドモデル」も登場した。

2020年 フェイズ5:これ以上は無い!? シリーズ最新にして最高傑作!

現行品となるフェイズ5は2020年に登場。

デストロイヤーロゴが復活し、これまでゴールドが多かった差し色がコパー系に変更され、シックな雰囲気にまとまっている。

異なるカーボンシートをパズルのように組み合わせてブランクス化する『5Dグラファイト』は、余分な重なりやレジンを徹底的にはぶことが可能。軽さや強さは異次元の域に到達。伊東社長をもってしてこれ以上のものはないのではと言わしめた。

スレッドの複雑な飾り巻き、内部が肉抜きされたグリップ、削り出しによって生み出されるヘッドロッキングシステムのメタルパーツなど、性能、ビジュアル面共に妥協のないものづくりが行われている。

24モデルで登場し、2024年に6モデルが新たにラインアップされる。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。