【反則級!】スプーン+エサの組み合わせにさらなる釣れる要素が…究極のエサ専用ルアーが登場!

ルアータックルで手軽にエサ釣りを楽しめるハヤブサの「エサで遊ぼう」シリーズに新たなアイテムが登場!スプーンに+αの機能を備え、エサと組み合わさせればさらにアピール力がアップ!初夏の堤防で活躍する事間違いなしの一品だ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

スプーン&エサの組み合わせにさらなる+αの釣れる要素が!?

総合釣具メーカー「ハヤブサ」から発売されるルアー感覚でエサ釣りが楽しめる「エサで遊ぼう」シリーズ。

昨年虫エサ専用のジグヘッド「エサヘッド」がリリースされ話題となったが、今年も同社から新たなアイテムがリリースされることに!

それがルアーで誘ってエサで喰わせる「エサスプーンブレード」だ。

【スペック】

  • 重さ(g):10、15、20、30
  • カラー:夜光、レッド
  • 入数:2

見ての通り、スプーンに虫エサや切り身などをセットして使うアイテムだが、釣果の出すための拘りもしっかりと詰まっている。

夜光

レッド

スプーンは鉛性であるが、ただ巻きはもちろん、巻いて止めるアクションの「ストップ&ゴー」やスプーンを水中で上下する「リフト&フォール」にも対応したゆらゆらアクションを実現。着水直後からしっかりとアピールする形状とアクションとなる。

さらに集魚力を高めるためスプーンとフックの間には集魚ブレードを搭載。スプーン+エサだけでなくさらなるアピール力も携えているのだ。

そしてフックはエサ釣りの定番、且つサビに強い「防錆すずメッキ」仕様のちぬ鈎を採用。イソメなどの虫エサだけでなく、イカの短冊や魚の切り身などもセットし易くなっている。

ラインナップも10~30gとターゲットやシチュエーション、またはタックルなどにも合わせた使い分けも可能となる。

ファミリーフィッシングはもちろん、エギングやショアジギングのお供にも最適。また生餌だけでなく、バイオワームなどの疑似エサ系にもベストマッチ!夏から秋にかけてルアーもエサも「良いとこどり」したい釣人は必携だ!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。