公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
平和卓也 磯釣りスペシャル グレ釣りアカデミー 海釣り 磯釣り

磯釣りの名手が最初に投げる仕掛け(ウキ浮力)とは!?【平和卓也のグレ釣りアカデミー】

磯釣りスペシャル

磯釣りスペシャル

2021.06.17



磯釣りでもとくに人気の高いグレ(メジナ)釣り。始めてみたいけど「敷居が高そう」と感じる人も多いのでは。また始めてみたものの「釣り座は?」「仕掛けは?」「小サバがわいた中でどうやってグレを狙うの?」など、わからないことが次々と出てくるのもグレ釣りの難しさであり、魅力のひとつ。そんな悩みや疑問をプロの釣り師がズバッと解決していきます!

講師は数々のトーナメントで活躍する平和卓也さん

30歳でプロアングラーに転身し、全国各地で年間100日以上磯に立つ平和卓也さん。トーナメントでも輝かしい成績を持ち、その実力と経験に裏打ちされた回答は、明快でわかりやすいと評判。

【Profile】

平和卓也(ひらわ・たくや)

1974年京都府生まれ。父親の影響で幼いころから魚釣りに親しみ、近所の池や川でコイやバス、オイカワを追いかける。磯釣りは高校卒業後、就職先の先輩に誘われてスタート。30歳で勤めていた会社を退社し、プロアングラーとして独立。年間200日以上を海の上で過ごす。

Q:最初に投げる仕掛け(ウキ浮力)を教えてください

A:海を見てオモリがいるかどうかを確認し、00かBか1号かでスタート

この仕掛けからスタートって決めている人は多いと思うんです。そういうスタイルもいいと思います。でも僕はバラバラなんですよ。季節と海を見てから決める。まずは海を見て、シケてるなとか、潮速いなあとか、深そうやなとか、ここ浅いなとか、あそこのシモリは浅いなとか、そういうことを考えてから仕掛けを組むんです。

一番気にしているのはオモリがいるのかいらないのかってこと。たとえばサラシがきついとか、潮が速いとか、風がきついなってなると、これはオモリがないと釣りづらい。どれくらいのオモリがあれば馴染むかなってところから考えるんです。オモリの必要性から最初に投げる仕掛けを決めますね。

最初から沈んでシモっていくような仕掛けにはあんまりしないので、基本的にウキが浮いた状態で小さなオモリで微調整ができる、少し余浮力のあるウキを使います。ウキからハリまでのウキ下の長さは季節によって違うんでね。水温がそこそこあるなら2ヒロ(1ヒロ=約150cm)だし、尾長場なら1ヒロになるし。

仮に2ヒロで始めるとして、風もなく潮も緩い、サラシもない場合ならどんな仕掛けで始めますか

ウキ浮力0か00をチョイスして、ウキ下イコールハリスの長さ。オモリなしで始めて状況に合わせてウキ浮力G5とか6とかで様子を見るでしょうね。風があって0や00でなじみそうにないときでも、2Bや3Bから始めるってことはあまりないですね。0で難しそうならBかな。

僕の釣りって、0か00、それからB、1号って飛ぶんですよね。もちろん2Bや3Bを使うこともありますよ。それは「Bでは足りん、1号まではいらん」ってときなんで、振り分けを簡単にいうと00とBと1号。オモリが必要そうならB、必要なさそうなら00、これはもうあかんってなったら1号。この3つのどこに軸足をおくかを決めて、あとは微調整で2Bだったり3Bだったり、00を0やマイナス0に替えたり。2日釣りであれば初日の様子から、アタリが少なくてタナも深いとなれば、2日目は朝一から1号使ってるでしょうしね。

大きく区切った方が最初は分かりやすい

雰囲気が分からないうちは大きく分けた方がいいんですよ。もうちょっとだけ深いんかなとか、エサが取られるなってなれば微調整になってくるんで、そのときは微調整で区切っていけばいいですが、最初は大きく区切った方が釣りは分かりやすくなると思いますね。

スタートの仕掛けって悩む人が多くてよく聞かれるんですけど、基本的に何でもいいんですよ。どんな仕掛けで何ヒロからスタートしようが、釣れへんかったら替えるわけですから。ただ、入り方がややこしくて悩むんだったら『0のウキで2ヒロから』って決めておけばいいですよとはいいますけどね。



平和卓也が語る! グレ釣りアカデミーシリーズ

平和卓也『グレ釣りアカデミー』発売情報

『グレ釣りアカデミー』

アナタはグレ釣りで悩んでいることはありませんか? 初めて上がった磯ではどこに釣り座を構えるのか、最初に投げる仕掛けはどう決めればいいのか、ごまんと小サバがわいた中でどうやってグレを狙うのか、水温が下がってエサ取りもなにも見えないときはどうすればいいのか……。

グレ釣りを始めて間もなければ知らないことばかりでしょうし、経験を積んでいれば、経験度によって新たな悩みや疑問が生じていることでしょう。 そうした様々な悩みや疑問を平和卓也さんがズバッと解決してくるのがこの1冊です。

圧倒的な経験値に基づく平和さんの回答はすこぶる明快。質問はタックル、ポイント、エサ、テクニックなどの項目に分かれているので、見たいところがすぐに見つかります。釣行前の予習や釣行後の復習はもちろん、タックルバッグに忍ばせて釣り場で活用することもできます。平和さんの理論とテクニックを吸収すれば、アナタのグレ釣りはレベルアップしているに違いありません。

磯釣りスペシャル編集部

発売日:2020年12月11日
価格:1,760円(税込)

全国の書店&釣り具店、Webストアで発売中!

磯釣りスペシャル

磯釣りスペシャル

2021.06.17

co

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。