公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り デプス(deps) デプス(ルアー) 津風呂湖

ブルフラットの驚愕チューン「浮くブルフラット」とはなんぞや!?

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.09.10



年々難易度が高まる各地のバス釣りポイント。しかし、フィールドを熟知した達人たちは新しい解決法を生み出し続け、釣り続ける。その秘訣を、ちょっぴりおすそわけしてもらいましょう。ブルフラットといえば主にスパイラルフォールを活かした釣果で大人気となったギル系ワーム。水に浮いたりはしないワームのはずだが、津風呂のスーパーロコ・玉置証さんのブルフラットはなぜかフローティング…どういうこと?

【Profile】

玉置証(たまき・あかし)

バスの本質を突いたアプローチやルアー改造で異彩を放つ津風呂湖のスペシャリスト。独創的なアイデアをベースにしたオリジナル・ルアーブランドを現在準備中。

デプスの大ヒットワーム・ブルフラットを浮かべたい!

今回、玉置証さんが見せてくれたのはメディア初公開のチューニングモデル。ブルフラットに浮力体を詰めてフローティング化したものだ。

中央付近で半分にカットし、内側をくり抜いて浮力体を詰め込んである。3inや4.8inも使うが、“影”を出しやすい5.8inで探っていくことが多い。フックには「フッキングマスターモンスタークラス#10/0(ノガレス)」を使用。

玉置「使い始めたころ、ボトムでよく釣れるルアーだなという印象を受けたんです。フォール中にも食いますが、圧倒的にボトムがいい。ってことは、水面にも浮かべたくなるじゃないですか」

ボトムで釣れるから、水面…? いったいどういうことなのか。

玉置「こういう平べったいものがボトムにあると、バスからは全体像が見えないから、気になって触ってみたい。だけど手がないから口を使う、そんな反応を誘発しやすい。水面も同じ原理です」

水面を横に引くだけなら通常のノーシンカーでもいいが、玉置さんが意図していたのは「浮かべて、止めておく」というアプローチだった。

玉置「夏はシェードのなかを狙いがちですが、このワームは逆に『オーバーハングが途切れて陽が当たっているところ』などに置いてやります。急深の岩盤よりフラットな地形がいいですね。ブルフラットは幅が広いのでボトムに影が映る。この『影』を利用して、バスにルアーの存在を気づかせてやりたいんですよ」

浮くブルフラットは魚探不要のサーチベイト!

玉置「バスはまずボトムの影に気づき、フッと上を向くと、水面に実物がある。2段階を経ることで、いきなりルアーに気づくより自然なかたちで食ってくれるんです」

強波動のトップウォーターのほうが楽にアピールできそうだが、ルアーを横に引っぱることになるため、バスが気づいて浮いてくるまでの時間を稼ぎにくい。

このフローティング・ブルフラットなら、流れや風に影響されないかぎり1ヵ所で誘い続けることが可能。しかも虫ルアーやピクピクとは違って、1段下のミドルレンジからも“影”の効果で魚を呼びやすいのだ。

サーチの段階ではもっとも“影”の大きな5.8inを多用。バンク際だけでなくオープンウォーターに浮かべることもあるという。

玉置「チェイスが多いので、とにかくヒントが増える。ライブスコープがなくても沖のスクールを見つけたりできますよ。バスのポジションや状況が見えてきたら、サイズを落として食わせやすくするのもいいですね」

バスが浮いてきても基本はそのままステイ。見切ってUターンした瞬間などにワンアクション入れてもいい。放置だけで浮いてこなければデッドスローで巻くこともある。

玉置「津風呂湖は7月中でも、まだスポーニング絡みの個体がいて、8~9月はようやく全体的に回復して、スクールで活発に動きはじめているイメージです。泳いでいるバスを相手にするので、1投になるべく時間をかけて気づいてもらうチャンスを増やしたい。そういう意味合いでも、ルアーを浮かせることのメリットは大きいです。あと、この釣りはプリが浮いてくる時期から効きますよ! 」

浮力体にはウレタンフォームなどを使用

玉置「ビッグベイトボックスの底に敷いてあるような密度の高いものが水を吸いにくくておすすめです」

フッキングの妨げにならないよう、ワーム本体にスリットを設けている。

内部をくりぬき、浮力体を詰める。玉置さんのアイデアが新たなパターンを生んだ。

サカマタシャッドもフローティングに

玉置さんはサカマタシャッドにも浮力体を搭載。こちらはジャーク&ポーズで使用する。イメージはフローティングジャークベイトのワーム版とのことだ。

玉置「ステイが使えるのでワンキャストに時間をかけられる。船べりでありがちな『あ、追ってきてた』を、少し遠くで起こせます」

サカマタシャッド8in(デプス)

こちらにはエリートツアラー・ワーム316R#6/0(がまかつ)をセットする。



関連記事はこちら

浮くブルフラットから着想を得たハードルアーも現在開発中!

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年10月号は8月20日発売!

『ルアーマガジン』2021年10月号

『ルアーマガジン』2021年10月号は、ローカルに収まらないニッポン代表タカシカナモリ! 艇も上手いがやっぱり陸!! ということで、地元中国地方でオカッパリをしてもらうと……こんなグッドルッキングバスを釣ってしまうんですね。カメラマンが半身水浸しになって捉えた歓喜の渾身カット、いかがですか?

『ルアーマガジン』2021年10月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年8月20日
●定価:950円(税込)

『ルアマガprime』は「ルアマガ楽しみ放題!」のサブスクリプションサービスです!

『ルアマガprime』は、内外出版社の主にブラックバスフィッシング関連DVDなどから、最新作の先行配信も含む選り抜きの動画が月額課金で見放題 さらに『ルアーマガジン』本誌の配送、『ルアマガprime』だけでしか手に入らないオリジナルグッズの配布や販売など、実質的なお得感が満載。

さらにさらに、人気アングラーのセミナーやイベント、大人気イベント『陸王オープン』や『陸王ダービー』参加権など、内容が盛り沢山すぎてもはや何押しなのかわからない「ルアマガ楽しみ放題」サービスです!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.09.10

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。