公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り トーナメント JB|NBC 桧原湖 JBトップ50

【初日速報】2021年JBトップ50 第4戦 エバーグリーンCUP 檜原湖【9月17日(金)~19日(日) バス釣り最高峰トーナメント開催!】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.09.18



日本で一番強いバスアングラーが決まる国内最大級トーナメントトレイル『JBトップ50』の第4戦目が現在開催中! 2020年は残念ながら全戦中止となってしまっていただけに、今年の参加選手のボルテージは最高潮間違いなし!

檜原湖で行われる伝統の一戦

今回の戦いの舞台となるのは福島県は檜原湖。

スモールマウスが多く生息していることでも知られるフィールドであり、毎年のトップ50でも一度は開催される釣り場。言わば伝統の一戦。

メインターゲットが他の会場とは異なるだけに、各選手の檜原湖ならではのタックルセッティングや戦略にも要注目だ。

JBトップ50のルールや楽しみ方は↓の記事をチェック!

早くも台風効果!? スモールマウス戦とは思えないハイウェイト合戦で開幕!

霞ヶ浦水系で行われた前戦からおよそ2ヶ月半。

平野部よりも早い秋の訪れを感じる檜原湖では、初日からハイウェイト合戦が繰り広げられた!

トップウェイトは、今泉拓哉選手の5尾4,765g。

2019年のトップ50檜原湖戦では予選敗退と辛酸を嘗めており、本人からしても檜原湖は相性が悪いとのことだったが、その悪いイメージを払拭できる最高のスタートダッシュに成功だ。

そして初日2番手に付けたのが、年間暫定順位1位の藤田京弥選手。

トップウェイトとごく僅差の5尾4,715gをウェイイン。

追われるものとしてのプレッシャーを感じさせない半端ない釣果と言えるだろう。

続く3番手には、5尾4,610gでトップ50ルーキーイヤーの宮嶋駿介選手の姿が。

7月に行われたトップ50霞ヶ浦戦にて5位という好成績を残したことも記憶に新しい選手だけに、二日目以降の活躍に期待がかかる。

4位で5尾4,390gの小森嗣彦選手以下10位までの選手全員が5尾で4000gオーバーをウェイイン。

スモールマウスフィールドであるにもかかわらず、3kg後半を釣ってもトップテンに入れないという驚きの展開となっている。

西日本ではすでに台風による荒天となっているが、その影響が少なからずあったのだろうか?



戦いはまだまだ始まったばかり! 引き続き要チェック!

一日中曇り空に覆われた初日から一変、二日目の9月18日は競技時間いっぱい雨降り予報。

各選手がどのような影響を受け、どう対応するのかに注目だ。

そして明日の順位次第で最終日への進出も決定! 目が離せない!

ちなみにJBトップ50最新情報はツイッターからチェックがオススメ!

2日目速報はコチラから!

最終日(9月19日)の結果はコチラから

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.09.18

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。