公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
ブラックバス ノガレス 藤木淳

ワンタッチでリグを組み換え可能! 様々なバス釣りシーンに対応する『クイックチェンジャーシステム』ってナニ!?

ルアーマガジン

  • 公開日:2021/10/03


ワンタッチでシンカーやリーダーが着脱可能だと…ッ!?さまざまなリグに対応するばかりでなく、独自の優位性も持つクイックチェンジャーシステム。その名の通り、クイックにリグをチェンジできる秘密に迫ってみた!

【Profile】

藤木淳(ふじき・じゅん)

年間優勝も飾ったJBトップ50トーナメンターの重鎮。古くからルアー・タックル開発に携わり、自身のブランド「フラッシュユニオン」も好調。ノガレスブランドの立ち上げにも貢献し、フックやラインへの造詣も深い。


釣れるリグは作りたいけど、面倒はイヤ…そんなアナタに!

藤木「たとえばボートを流していても、水深がどんどん変わったりカバーの密度が変わったりする。そんな目まぐるしく変わる状況に応じて、当然ベストなリグを選択すべき。でも、手早くリグを変えたり、若干調整するのは簡単にはいかない。それはオカッパリでも同じなんだけど」

ハイプレッシャー下で争うトーナメントでは、そのひと手間、リグチェンジ時間ひとつで、順位が大きく変わってしまうことも。

藤木「そもそも僕は、とってもめんどうくさがり。それでもシンカーやリーダーを、できるだけ簡単に、1秒でも素早くチェンジするシステムがあれば…という必要性から考え出したのが、クイックチェンジャーシステムだね」

きっかけは、リーダーレスダウンショットを簡単に作れないかというところから始まったそうだ。ものぐさな性格でも、リグを常にベストなセッティングへと変えやすいこのシステム。使ったら病みつきになりそうだ!

必要な道具は主に3種類!

フック

このシステム、絶大な支持を受けるノガレスのオフセットフックに、溶接リングとスイベルを追加したのがベース。一方で超定番のモスキートにはループが追加されている。このリングやループに、フック形状のシンカーやリーダーを引っかけるように装着するのがクイックチェンジャーシステムだ。

フッキングマスター リングオフセット モンスター(ノガレス)

【Spec】

●サイズ:#2/0~#5/0(4サイズ)
●入り数:4個
●価格:550円(税込)

ループモスキート(ノガレス)

【Spec】

●サイズ:#1~#2/0(4サイズ)
●入り数:4個
●価格:495円(税込)

フッキングマスター リングオフセット(ノガレス)

【Spec】

●サイズ:#3~#3/0(6サイズ)
●入り数:4個
●価格:495~528円(税込)

シンカー

フック状のワイヤーが装着された、クイックチェンジャーシステムのシンカー。フックのリングやループ、専用リーダーに装着できる。カバーやウィードでの使用なら、根がかりしないスリムを。フラットなボトムなら接地面の広いグレネードタイプがオススメ。TGはタングステン製だ。

グレネードシンカー (ノガレス)

【Spec】

●ウエイト:5~21g(5サイズ)
●入り数:2~6個
●価格:605~660円(税込)

TGグレネードシンカー クイックチェンジャー(ノガレス)

【Spec】

●ウエイト:0.9~21g(10サイズ)
●入り数:1~4個
●価格:オープン

TGスリムシンカー クイックチェンジャー(ノガレス)

【Spec】

●ウエイト:1.8~10g(6サイズ)
●入り数:1~4個
●価格:オープン

リーダー

片方がループ、片方がフック状のワイヤーが装着されたリーダー。太くてコシのあるリーダーで、糸ヨレ皆無なうえ障害物の隙間に入りにくい。

スルーダウンショットリーダー (ノガレス)

【Spec】

●サイズ:2~60cm(9サイズ)
●入り数:5個
●価格:440~495円(税込)

藤木「クイックチェンジャーシステムは、簡単に外れないような強度と設計になっていて、まともに外そうとすると結構力がいる。でも外し方にコツがあって、知恵の輪のように、てこの原理を利用してひねるようにすると、弱い力でも簡単に外れます」



リグバリエーション

『スルーリグ』:フック×シンカーの簡単リーダーレスダウンショット

リングオフセット+専用シンカー

テキサスリグに取って代わった印象もある、リーダーレスダウンショット。カバーに入るときは、シンカー先行でワームはラインに沿う。カバーから抜くときはシンカーとワームが一体となって引っ掛かりにくいリグ。

藤木「いまやなくてはならないリグ。特にウィードでの使い勝手は抜群です。ちなみに関和学さんに教わったのだけれど、5グラムシンカーを付けたいとき、2.5グラムを2個付けして音を出すとメッチャ釣れる。バスは金属音が好きだね」

シンカーを外せばノーシンカーに変化。

藤木「リングやスイベルが邪魔と思いきや、糸ヨレを防止しつつ、ワームがよりフリーになって動きが良くなる。パーツ分のわずかな重みもプラスに働くね」

もちろん、シンカーの付け替えもワンタッチだ。

『スルーダウンショットリグ』:リーダーのたわみを利用した、独自のアクションは技アリ!

リングオフセット+スルーダウンショットリーダー+専用シンカー

超ショートリーダーから、ロングリーダーまで長さも選べてシンカーも自在な新世代ダウンショットリグ。

藤木「根がかりしまくる消波ブロックを、どうにかダウンショットで攻略できないか…と開発。太いと物の間に挟まらないし、カバーへキャストしたとき枝に巻いたりしないので、使い勝手は最高。また着底時もキモ。シンカーが着底すると、リーダーをたわませつつワームが超デッドスローにフォール…するとすぐに、弾かれるようにスライドアクション。この緩急でバスのリアクションバイトが多発します」

ノーシンカー、スルーワッキーダウンショットリグ、スルーリグは、三者どれでも即チェンジできる関係性。このシステムがあるからこその、フレキシビリティ!

『クイックキャロ(クイックキャロ/クイック三つ叉キャロ)』:遠投性能とナチュラルさを追求した独自キャロ

クイックキャロ(リングオフセット+スイベル+専用シンカー)
クイック三叉キャロ(リングオフセット+スイベル+スルーダウンショットリーダー+専用シンカー)

ビッグレイクのみならず、リザーバーや山上湖でも今やレギュラーリグとなったキャロ。

藤木「たとえば桧原湖など溶岩帯があるところは、すごく根がかりしやすい。でもクイックチェンジャーシステムなら、引っ掛かりにくい最適なシンカーにすぐ交換できる。またJBでは禁止ですが、三つ叉システムはウィードレイクで是非試して欲しいリグ。めちゃくちゃ飛ぶし、シンカー側のスルーダウンショットリーダーの長さをウィードに合わせて選んで、ワームをウィードトップでアクションさせてみてください」

『フリーリグ』:スイベルによって、よりアジャスタブルなフリーリグ

リングオフセット+スイベル+専用シンカー

環付きシンカーを通したラインにフックを結ぶフリーリグ。藤木さんは、スイベルを通し、そのスイベルにシンカーを装着。

藤木「深さや落としたいスピードに応じて、ラインを切らずにシンカーを変えられるのがいい。スイベルにリーダーをつけてもいいし、スイベル単体だけにして疑似ノーシンカーとしても使える。海ではアコウとか根魚に強烈に効きます」

『スルーワッキーリグ』:カバーをスルっとスルーするワッキー!

ループモスキート+専用シンカー

ガード付きのマスバリ・ループモスキートにシンカーをセット。

藤木「水深やカバーに合わせて、シンカーは選び放題。個人的には、根がかりしにくいジグヘッドワッキーとして多用します。ボトムをシェイクしながらズル引いて、早めの展開で探ったり」

根がかりのしづらさは、モスキートオリジナルシリーズ譲りだ。

『スルーワッキーダウンショットリグ』:遠投性能とナチュラルさを追求した独自キャロ

ループモスキート+スルーダウンショットリーダー+専用シンカー

ワッキー掛けのダウンショットとしても優秀なリグ。だが一方で、藤木さんは独自の使い方で釣果を上げている。

藤木「長めにリーダーをとって、シンカーだけを岸に乗せる。ワームをフォールさせるのはもちろん、水面を叩いたり、漂わせたりと見慣れない動きでスレバスに効果的。岸沿いの回遊待ちにもドンピシャです」

ムシルアー的に使ってもグッド!

スルーワッキーリグやノーシンカーワッキーに、瞬時にチェンジできる。

リーダーの長さも変えられるから、状況に合わせて超ロングリーダーも試したい。

関連記事はコチラ

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年3月号は1月21日発売!

『ルアーマガジン』2022年3月号

新年1発目のルアマガといえばタックルオブ・ザ・イヤー! 2021年に読者の皆さまが心を寄せた、リアルガチな人気釣具が発表されるわけです。

表紙に載っているアイテム、全てわかりますかね? どれも人気かつ話題になったアイテムですが、各ジャンルの1位以下から見るトレンドの変化にも注目ですよ~。

●発売日:2022年1月21日
●定価:990円(税込)

ルアーマガジン

2021.10.03

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。