霞ヶ浦水系の賢いでかバスを捕らえるカエルのマル秘セッティング! 【陸王オープン&ダービー覇者のロコ・ザ・シークレット】



デカバスを揃えなければ決勝に進むことができないハイレベルな戦いが毎年繰り広げられる陸王オープン&ダービー。昨年の各ブロック優勝者7名がここに集結。夏にデカバスを釣るためのマル秘テクニックを特別に公開。ちょっと季節は外れるが、オープン&ダービー上位選手の思考法は要チェック!

【Profile】

梅田大地(うめだ・だいち)

昨季のオープンCC(=チャンピオン・カーニバル)は惜しくも30グラム差で次点。今季の再挑戦に燃える! 1987年6月23日生まれ(34歳)、茨城県出身。

陸王オープン:2020 Aブロック優勝

リスクを冒してでもオープンフックで獲れ!

梅田「護岸際でカエルが登ろうとしているのを見かけませんか? アレをそのままルアーで演出します」

登っては落ち…を繰り返す、小さなカエルをイミテート。繊細なアプローチに加え、キャスト精度も問われる高度なワザだ。

梅田「オフセットフックでは、賢いでかバスは出ても乗りません。多少リスクを冒してでもオープンフック。なるべくお尻側にセットしたほうがより効果的です」

この夏は、水門と同化して、忍者の如くでかバスを狙うべし!

具体的な作戦

エリアチョイス:「敢えて流入河川以外を狙ってみるのも手」

梅田「どこにでもある水門です。可能なら定期的に水が動くタイプがいいですね」

裏に機場がある等がその目安だ。

梅田「夏は冷たく、それ以外の季節は温かい水が流れる水門が理想ですよ」

釣り方・アプローチ:「いきなり護岸に立たず、土手の上から」

梅田「そっと近寄って、なるべくプレッシャーは与えないように」

マッディとはいえ人の気配には敏感なのがバス。

梅田「魚が見えなくても、必ずそこにいると仮定してアプローチします」

マストルアー:野良ガエル(ティムコ)「水門前の護岸両脇にPEで吊るし」

タリズマン#2(リューギ)

梅田「チョーチンです。手すり下にあるコンクリの角にある微かな凹凸(?)にPEを掛けて、護岸に這い上がろうとするカエルを演出」

代打としてスクーパーフロッグ(ボトムアップ)も用意。



『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

『ルアマガprime』は「ルアマガ楽しみ放題!」のサブスクリプションサービスです!

『ルアマガprime』は、内外出版社の主にブラックバスフィッシング関連DVDなどから、最新作の先行配信も含む選り抜きの動画が月額課金で見放題 さらに『ルアーマガジン』本誌の配送、『ルアマガprime』だけでしか手に入らないオリジナルグッズの配布や販売など、実質的なお得感が満載。

さらにさらに、人気アングラーのセミナーやイベント、大人気イベント『陸王オープン』や『陸王ダービー』参加権など、内容が盛り沢山すぎてもはや何押しなのかわからない「ルアマガ楽しみ放題」サービスです!

ルアマガプラス