『スピナーベイト』は鉄壁オールラウンダー! 水の色を気にせずとにかく「当てる」べし!【秋のバス釣り巻き物論@杉村和哉】



バスフィッシングの醍醐味ともいえる、ハードルアーを使った『巻きの釣り』。そこには、スローなソフトベイトな釣りには無い、確かなパワーが隠されているという。長年琵琶湖でガイド業を営み、ゲストさんや自身の釣果でそれを実感している杉村和哉さんが『巻きの釣り』に関して語ってくれた。

【Profile】

杉村和哉(すぎむら・かずや)

かつて釣りへの情熱を抑えきれず琵琶湖湖畔へ移住。今や予約の途絶えない超人気ガイドとして連日湖上の人となる。地元・奈良のため池で培ったスキルは琵琶湖でも、もちろん岸からも冴え渡る。

条件選ばず根がかり知らず…想像以上に全能!

杉村「スピナーベイトは、リアクションバイトを狙えるし、フィーディングにきたバスも獲れる。濁ってもクリアでも釣れて……もう万能ですよ! 強すぎると敬遠する人こそ、秋は使ってみて頂きたいですね~。僕の中ではそんなに強くない……チャターのほうが全然強いです」

「カバーコンタクト!」モノに当ててこそバイトが生まれる!

杉村「スピナーベイトはモノに絡めないと釣れないと考えています。プアな斜め護岸でも、護岸自体をストラクチャーだと捉えてください」

杭や岩など、とにかく何かに当てて巻いていきたい。

「水質不問!」池によって濁りが変わっても押し通す!

杉村「クランクベイトは濁りが入ったときに独壇場ですが、クリアだとやっぱり弱い。スピナーベイトは水質を選ばず使えるのが強み。ちなみにスピナベが苦手な人は、1投目はバジング気味でバスの活性を上げて、2投目は普通に巻いてみてください」

レンジを迷ったら、ルアーがギリギリ目視できる水深をトレースしてみよう。



「トレーラーフック」は全ワイヤーベイトに標準装備が杉村流

杉村「トレーラーフックをつけると、フッキング率が体感で30%はアップします。そしてゴム1点止めが絶対。2点だとメインフックへの刺さりの妨げとなります。複雑な立ち木をガッツリ通したい……なんて状況以外では、ゼヒ使って欲しいです!」

メガバススピナーベイトのファイナルアンサー

SV-3(メガバス)

強振動なブレードで寄せて、コンパクトなシルエットで食わせる攻守ハイバランスなスピナーベイト。ヘビーワイヤーで、モンスターにも長期使用にも耐えきるタフネスも見逃せない。杉村さんも長くテストに参加し、納得のいく仕上がりに。まずは3/8oz・ダブルウィローのナチュラル色を。

関連記事はコチラ

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス