公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

渓流釣り 釣りガール ルアマガ女子部 ましゃ@masha_outdoor キャンプ 旅行 渓流ルアー 渓流トラウト

【ルアマガ女子部】ましゃの「犀川トラウトキャンプ遠征」釣行レポート #2

今村修平

今村修平

  • 公開日:2021/11/24


ましゃさんのプロフィール

【Profile】

ましゃ

ルアマガ女子部公式インフルエンサー1期生。

渓流ルアーをメインに、ソルトルアー全般までこなす釣り好き女子。山菜やきのこ採り、キャンプも好きで根っからのアウトドア派。自身が運営するYouTubeチャンネルも要チェック!

最近は釣り&キャンプにハマっているそうで、仕事が休みとなれば足繁くフィールドに通っているそう。

2泊3日の犀川トラウト遠征に、いざ出発!

秋も深まってきた、とある日。

仕事を終え、自宅に帰ると、その足で犀川のレインボートラウトを目当てに、長野県に向けて出発しました。

目的のポイント付近についたのは、翌日の午前3時30分。

少しでも仮眠をとってから釣り始めようと、おもむろに車内に寝袋を広げ、眠りにつきます。

午前5時、装備を整えて、いざ川に。辺りはまだ暗闇に包まれていましたが、10分もすると薄明かりが差し、霧がかかった美しい川を照らし出しました。

その時です。相方の竿にこの日最初のアタリが!

寄せてみると、大きな魚影が水面に跳ねあがりました。これぞ虹鱒釣りの醍醐味。バラさないように慎重にネットインします。

朝一番のレインボー。

眠い目をこすりながら釣り上げた最初の獲物はなんと47cm。

夜討ち朝駆けで犀川にやってきた甲斐がありました。

その後、私も釣るぞ!と張り切ってキャスティングしましたが、結局、この日はわたしの竿が曲がることはありませんでした。

釣れない私を横目に相方は他にも大きなレインボーを釣り上げていました。

夕食前に釣りを終えると、チェックインのためキャンプ場に向かいます。

今回の宿泊先は「聖山パノラマホテルオートキャンプ場」。

キャンプ場に到着。テントサイトに車を乗り入れ、ルーフラックへ登って荷物を下ろします。

夕食は信州新町名物のジンギスカンと、地酒で乾杯。

静かなキャンプ場に木の葉がひらひらと舞い落ち、ゆったりとした時間が流れます。翌朝も5時に釣りを開始するため、早々に灯りを消して就寝しました。

落ち葉の中ゆったりとしたキャンプサイト。


遠征2日目

ポイントへ到着すると、幸運にも周囲に他の車はありません。一番乗りで川へたどり着くことができたようです。

紅葉が始まった犀川をバックに一枚。

釣りを開始して1時間ほどたったころでしょうか。
セオリー通り、浅場と瀬の流れの縁を沿うようにルアーを通していましたが、アタリはありません。

気分転換に、目の前の浅場に向かってルアーを放り込みます。すると一瞬、川底の石とは違う、魚のような振動がロッドに伝わってきました。すかさず巻きあげてみると、なんと15cmほどの小さなブラウントラウトの姿が……。

「小さっ!!!」

大物を期待していたため、思わず声が出てしまいました。相方も「それ、網いる?」と笑いながら聞いてきます。

「小さすぎて網目からすり抜けそう」
2人で笑いながらリリースしました。

次にヒットしたのも、これまた15cmほどの小さいレインボー。釣れたことが嬉しいような、サイズが出ずに悔しいような……。

この日も相方は、幾度となく大物を抜きあげていました。

夕マヅメ間近、ようやく竿に大きなアタリが響きました。ようやく大物が釣れたと喜びながら、魚を足元まで巻き上げます。必死の格闘の末、顔を表したのは、まさかのニゴイ。冗談交じりの写真を1枚撮り、最終日には大物を釣ってみせると胸に誓って、犀川を後にしました。

遠征最終日、まさかの号泣…?!

最終日。「絶対に大物を釣る!」と、自分に言い聞かせて早朝から川に入ります。

前日からの魚の反応で、ルアーはできるだけその場にステイさせるほうが食いが良いと分かったので、川底に根がからないよう、適度に浮かしながら、トンットンッと跳ね上げるようにして魚が食うのを待ちます。

しばらくすると、ドンッと大きなアタリがあり、一気にドラグが出ていきました。

「きたッ!」と大きな声をあげて巻き上げると、念願のレインボーの姿が!

やった! と思ったその瞬間、魚が空中に跳ね上がり、今までピンと張っていた糸のテンションが、ふわり、と宙に浮きます。

……。

バラしてしまった! 一世一代のチャンスをモノにできなかった! 悔しいっ!

その後もかかってはバラす、かかってはバラす、を8回も繰り返し、気が付くと太陽が天高く昇っていました。

次に釣れなかったらもう帰ろうと決めた時、再びロッドにブルブルッと大きな振動が!

はやる気持ちを抑え、ドラグを少しずつ緩めながら、川岸までゆっくりと歩を進めました。心臓が高鳴り、もうバラしたくない! という気持ちで頭の中はパンクしそうです。

時間をかけて、相方が待ち構えるランディングネット付近まで来ました。

ついにネットイン!!!!

10回目の正直です。相方に魚の入った重いネットを手渡されたときには、バラし続けた悔しさと、最後に釣れた嬉しさで涙が溢れてきました。

釣れたのは42.6cmの美しいレインボー。
体高も高くヒレも綺麗で、そのカッコよさに見惚れてしまいました。

釣れないまま帰らなきゃいけないかと思った…!

犀川大物レインボーへの挑戦は、人生はじめての嬉し泣きで幕を閉じました。

釣れた魚の写真を撮っていると、通りかかる釣り人の皆さんが笑顔でガッツポーズをして下さったり、拍手を下さったり…。温かさでまた、涙があふれそうになりました。

これだから釣りはやめられないですね!

今回の釣行の様子はYouTubeにアップしていますのでぜひご覧ください!

ルアマガ女子部第1期生をご紹介!

【Camp site】

聖山パノラマホテルオートキャンプ場
  • 電話番号:026-266-2623
  • 住所:長野県長野市大岡丙5402-2
  • 開設期間:4月中旬~10月下旬

今村修平

今村修平

2021.11.24

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。