公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ブラックバス ブラックバス(ワーム) ルアーマガジン 大津清彰(うなぎいぬ) ティムコ(Tiemco) ティムコ(インタビュー) ティムコ(ルアー)

バスは意外と小さいエサが好き「マイクロベイト」【大津清彰さんの間違いない最強ネタ】

ルアーマガジン

  • 公開日:2022/01/02


大津「バスって、ワームを小さくするととたんに驚くほど反応する場合がある。みなさんも経験あるかと思います。バスの胃の内容物を調べると、通常めちゃくちゃ小さいエサを食っている。エビとかヤゴとか……アメンボも大好き。そんなとき、4inワームはデカすぎる! だからマイクロベイトパターンなんです」

【Profile】

大津清彰(おおつ・きよあき)

ティムコ社員として、クリッタータックル・野良シリーズなどヒット作をリリース。フィールド業務も加速度的に増え、今や夢の職業に⁉ 胃の内容物調査を始めアカデミックなアプローチも欠かさない現場主義者だ。

ダウンサイジングも極小になると……激反応!

大津「基本はサイトですね。15mくらいしか飛びませんが全然OK。バスが人間に気づいても、ルアーのほうを気にしちゃえば食う。クリーピーミノーはルアーパワーが凄いので、目の前に落として普通に食っちゃいます。ただ、フックやシンカーも超繊細。極細PEラインタックル含めて、専用に仕立てています」

大津「最近はPEライン0.3号が多いですが、飛ぶので0.2号を試して欲しいですね。カバーだと0.4号も使いますが、マニアック過ぎるので(笑)。タックルを揃えるのが大変なせいか、まだまだ威力は衰えず!」

【ワーム】クリーピーミノー2.7in(ティムコ)

大津「最近はもっぱらコレ。小さくても動きがいいんです。シェイクすると、めちゃくちゃ動く! 総重量が0.5gとかなので、キャストはボウ&アロー必須です。極細PEライン0.2号にマイクロベイトの釣りは、たぶん僕発祥じゃないかな?」

【フック】ナノヤマメ(がまかつ)

大津「口内のどこでも針先が掛かるよう、初期掛かり性能の高いソデ針がベスト形状。しかも軽い針ほどワームの動きがよくなる。さらにフッ素コート必須……と散々試して探しだしたのが、ナノヤマメ。これを含め3タイプほどフックはローテーションしています」

結びはフィンガーノットを使用。リーダーは70cmほどだ。

【シンカー】ガン玉(ヨーヅリ)

大津「リグをなじませるか、速めに沈めるか……リグの重みでバスの反応は如実に変わるので、シンカーは細かくウエイトを揃えて使い分けます」そのため、ヨーヅリ製ガン玉をウエイト別に10種近く用意している。わずかなフォールスピードの差で反応が劇的に変化!



大津的適合タックル

  • ロッド:フェンウィック リンクスLINKS61SULJ “Tight Shakin’ Special”(ティムコ)
  • リール:ヴァンキッシュC2500HGS (シマノ)
  • ライン:Xブレイド アップグレードX4 0.2号(よつあみ)
  • リーダー:LDLフロロカーボンラインティペット6.5X ※2.9lb相当(ティムコ)

ラインは0.3号ならロンフォート リアルデシテックス WX8(よつあみ)にLDLフロロカーボンティペット3X ※8lb相当

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年2月号は12月21日発売!

『ルアーマガジン』2022年2月号

2021年秋に突如として話題となった『イヌリグ』は年々タフさを増すバスフィッシングの救世主となるのか? え、イヌリグを知らない? 無問題。それも含めて2021年末発売のこの1冊に、来季釣果アップの秘策を網羅してみました。

さておき、あなたはイヌ派? それともネコ派? 2022年は寅年ですよ~!

『ルアーマガジン』2022年1月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年12月21日
●定価:990円(税込)

ルアーマガジン

2022.01.02

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。