バスにもワインド釣法【大津清彰さんの間違いない最強ネタ】



ワインド釣法とは……

鋭角なヘッドを持つジグヘッドを、シャクリやトゥイッチで左右へ連続ダートさせるメソッド。ダートでサカナの捕食スイッチを入れ、速いダートで見切らせないまま逃げるベイトを演出する。シーバスなど海のルアー釣りで活躍する釣り方だが……?

【Profile】

大津清彰(おおつ・きよあき)

ティムコ社員として、クリッタータックル・野良シリーズなどヒット作をリリース。フィールド業務も加速度的に増え、今や夢の職業に⁉ 胃の内容物調査を始めアカデミックなアプローチも欠かさない現場主義者だ。

左右のダートで深場から浮かせるジグヘッド技

大津「今までなぜなかったのか、というくらい釣れますね。もちろんダートでしらけるときもあるし、スーッとリグを持ち上げたほうがよいときもある。ワインドは浮き上がりにくく、中層でサカナを引っ張れる。縦に探れるハードルアーのようなイメージですね。

大津「ピュンピュンとダートさせたら止めて……を繰り返していると、ディープからバスが何尾も突き上げてきて、食ったら深場へ帰ろうとする。このとき、かなりのショートバイトになるので下側にトレブルフックを付けています。吸い込み系の食べ方をするバスにはぶら下げフックが不要だと思っていましたが……。なので、タックルも胴まで曲がりこむようなテーパーのロッドがいい」

フックとワームの相性問題

大津「たとえばSSはアシストフックが装着できない。装着可能なSS+Eというモデルがあるんですが、フックがデカ過ぎちゃう。デルタマジックも、重量が変わると動かなくなる。やっぱり海ルアーのように、専用のジグヘッド&ワームが最適解なんだよな……」

ワインドのルアーセッティング

トレブルフックパターン

  • ワーム:スーパーリビングフィッシュ3in(ティムコ)
  • ジグヘッド:デルタマジックヘビー SV-51H 3.5g 1/8oz(デコイ)
  • フック:スティンガートレブル ST-26TN(カルティバ)

大津「ジグヘッドとワームの相性がシビアで、合わないと全然ダートしない。現状だとこの組み合わせがいい。アシストフックも散々試したけど、下側にトレブルがベストで、段違いに掛かる」

ウェイトアップパターン

  • ワーム:スーパーリビングフィッシュ3in(ティムコ)
  • ジグヘッド:シーバスジグヘッドSS 7g(DAIWA)

大津「ジグヘッドのウエイトを上げたいときは、シーバスジグヘッドSSの7gをセレクト。ワーム形状とヘッドの大きさの相性がシビアなので、いろいろ試してください」



大津的適合タックル

  • ロッド:フェンウィック リンクスLINKS-CT60SULP+J “Critter Stick”(ティムコ)
  • リール:ヴァンキッシュC2500HGS(シマノ)
  • ライン:ロンフォート・リアルデシテックスWX8 0.3号(よつあみ)
  • リーダー:LDLフロロカーボンティペット3X ※8lb相当(ティムコ)

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年9月号

今月の特集は『カバー』。隠れ潜むバスを攻略するテクニックや情報を、どこにも負けない大ボリュームでお送りします!注目度MAXの川村光大郎さんVS藤田京弥さんの陸王はフルリニューアルで登場しますので、そちらにも注目ですよ!

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス