公式ストア
公式ストア

春の霞ヶ浦水系を攻略するO.S.Pルアーを磯山プロが解説! ワカサギ・シラウオパターンならこれらのルアーを使えばOK

  • 公開日:2022/03/31
ブラックバス ブラックバス(ルアー) ブラックバス(クランクベイト) ブラックバス(ワーム) オーエスピー(O.S.P) O.S.P(インタビュー) O.S.P(ルアー)


カスミ水系の春の風物詩といえば、ワカサギとシラウオのパターン。しかしながら、思うような釣果に恵まれないという人も少なくないはず。そこで、この水域をよく知る磯山プロに、春のカスミ水系攻略法を聞いちゃいました!

【Profile】

磯山康(いそやま・こう)

茨城県取手市出身・在住。カスミ水系を知り尽くす、ボートもオカッパリも得意なマルチプレーヤー。得意な釣りはシャローカバーを撃っていくパターン。5年程前からJBトーナメントに参戦し好成績を納めてきている。

風向き、鳥の動きを読んでバスを追い詰めるのが醍醐味!ちょっとしたひと工夫で釣果は伸びる!

磯山「春のメインパターンとしてはワカサギとシラウオがあるのですが、3〜4月はワカサギがメインで、暖かくなるとシラウオパターンに移行していきます。5月中旬くらいまではシラウオパターンが続く感じです。

エリアとしては、本湖・本流にある大場所の定番エリアで、大事なのは風向き。風が真正面から当たっていて、暖かい風だとなお良いです。北風ではなく、南寄りの風ですね。あとは鳥。カイツブリなど、魚を食べる魚がいたり。あとは、ルアーにワカサギやシラウオが引っかかってくれば、期待大です」

狙い目は本湖のハードボトム。こういった場所に風が当たっているのが条件だ。

――釣れやすい時間帯などはありますか?

磯山「タイミングとしては朝夕のマズメ。それ以外でも、風の吹き始めなどはチャンスです。ずっと吹き続けてしまうと、浅いカスミでは底荒れしてしまうこともありますからね。これらのタイミングが重なると、デカいのが出たり、連発したりしますよ。

釣れにくくなってきているカスミ水系ですが、良い場所には魚はいます。それがプレッシャーで食わなくなっているとか、何か要因がある。なので、ちょっと他とは違うことを試したり、同じルアーでもレンジを変えてみたり、少し工夫を加えるということが釣果に繋げるコツだと思います」

状況に合わせてルアーをローテし、春のカスミの価値ある1尾を手にしよう

春のオススメルアーその1

ハイピッチャー

【スペック】

  • ウエイト:1/4oz(7.0g)ホワイトビーズ、5/16oz(9.0g)ブラックビーズ、3/8oz(11.0g)ブルービーズ、1/2oz(14.0g)レッドビーズ、5/8oz(18.0g)イエロービーズ、1oz(28.0g)ピンクビーズ
  • タイプ:TW、DW、DC(1ozのみ)
  • カラー:23色(1ozは10色)
  • 価格:1,155円(税込)。※ECOモデル:1/4oz・3/8oz・1/2oz 1,375円(税込)。※1oz 1,265円(税込)

ワカサギとシラウオ、どちらのパターンでも釣れるのがハイピッチャー

磯山「初めての場所で、どこに何が沈んでいるかわからないような場所や、初めてカスミをやるような人にオススメするのがハイピッチャー。重さは3/8ozをメインで。風が弱い時や水質がクリアな場合はダブルウィロー、タンデムは風が強い時やローライト、ゆっくり引きたい時などに使います。

よっぽど根掛りが多い場所でなければトレーラーフックは装着します。貴重なワンバイトを逃したくないですからね。巻きスピードはスローからミディアム。いろいろなレンジ、いろいろなコースを通していくのがバイトを引き出すコツです。いろいろ試す、それがここ最近のカスミで魚を手にするキモです!」

春のオススメルアーその2

ドゥルガSP

【スペック】

  • レングス:73mm
  • ウエイト:4.7g
  • タイプ:サスペンド
  • フックサイズ:#8
  • カラー:18色
  • 価格:1,815円(税込)

ハイカットSP

【スペック】

  • レングス:60mm
  • ウエイト:5.3g
  • タイプ:サスペンド
  • フックサイズ:#10
  • カラー:55色
  • 価格:1,760円(税込)※アバロン使用カラーのみ 1,980円(税込)


ビッグミノーでダメならルアーサイズを下げてみよう!

磯山「風が弱くビッグミノーが効かなそうなときやハイライトな時に使うのがこの2種類。シラウオメインの釣りにもドゥルガはオススメですよ。基本はただ巻きをメインに、トゥイッチを織り交ぜたり。いろんな巻きスピードに対応してくれるので、速巻きを試すのもありです。ドゥルガは重心移動なので、このサイズでもかなり飛んでくれるのが強みですね。

ハイカットは、歩きながらキャスト&リトリーブしてずっと流していったり、リズム良く釣りをしたい時に使いますね。水深に合わせてDRを使ったり、根掛りが多いところならFを使ったりとローテーションしてみてください。春なので止める必要はないですが、急な冷え込みなどが来た場合はステイを入れるのも良いですね」

春のオススメルアーその3

ブリッツ

【スペック】

  • レングス:53mm
  • ウエイト:9g
  • タイプ:ハイフローティング
  • フックサイズ:#6
  • カラー:43色
  • 価格:1,650円(税込)※アバロン使用カラーのみ 1,870円(税込)

ワカサギ・シラウオでもクランクの出番はある!

磯山「濁りが入った時に使うのがブリッツ。ハードボトムを攻めていく場合に、他のクランクだと底を叩きすぎてしまうことが多い中で、ブリッツはちょうど良いレンジで巻いてくることができます。シャッドに反応しない魚も釣ることができますよ。ベイトにルアーをマッチさせるだけではなく、濁りや状況にルアーの強弱を合わせるというのは結構大事だったりするので、クランクも忘れずに用意しておきましょう」

春のオススメルアーその4

HPミノー、ドライブシュリンプ、マイラーミノー、ドライブクローラー

【スペック】

ルアーサイズカラー入り数価格
HPミノー3.1in、3.7in23色8(3.1in)、7(3.7in)858円(税込)
ドライブシュリンプ3in・4in・4.8in・6in42色8(3in)・7(4in)・6(4.8in)・5(6in)858円(税込)
マイラーミノー2.5in・3.5in27色51,045円(税込)
ドライブクローラー3.5in・4.5in・5.5in・6.5in・9in49色11(3.5in)・8(4.5in)・8(5.5in)・7(6.5in)・5(9in)858円(税込)

忘れちゃいけないジグヘッドリグ、一番イージーなのはテクトロ!

磯山「これらのワームをジグヘッドリグで使い、状況に合わせてローテしていきます。ジグヘッドはラウンドタイプの0.6〜1.3gほど。この釣りで一番簡単な釣り方は、水深のある護岸でのテクトロです。レンジを変えながら、シェイクしながらゆっくりとテクトロすると釣れますよ。シェイクしながら、シラウオがルアーにまとわりついてくるような場所、レンジ、スピードでぜひ試してみてください。

シラウオがついてくると、手元にブルブル伝わってきて、天然のアラバマリグ状態になりますよ(笑)。その日、シラウオがついてくるワームを探しながらローテーションしてみてください。バスの反応ではなく、白魚の反応が大事。シラウオがついてくる波動を見つけてください!」

春のオススメルアーその5

アラバマリグ

定番になりつつあるアラバマは春でもまだまだ釣れる!

磯山「使うワームはドライブシャッド3.5inで、ステルス5(ジークラック)にセットし、フックはオフセットで。単発のアシなどカバーまわりを、シェイクしながら引いてくる、バマストで使います。移動距離を抑えながら、浅いレンジを引いてきてみてください。あとは護岸まわりでも釣れます。寒い時期から釣れるパターンですが、これからもまだまだ釣れますよ!」

ルアマガ+

2022.03.31

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。