シチュエーション別アジングロッド選び! 藤原真一郎さんが春〜夏に最適な宵姫 華弐14機種から厳選5機種を解説!



藤原さんが春から夏にどんなところでどんな釣りをし、14機種ある宵姫 華弐から何をセレクトするのか? 具体的なシチュエーション例を挙げてもらい、その上で最適な機種を選択してもらいました!

宵姫 華弐を最も深く理解するアングラー

【Profile】

藤原真一郎(ふじわら・しんいちろう)

大阪湾泉南エリアをホームに活躍するアジングのエキスパート。全国を釣り歩き、各地のアジングの事情を熟知。豊富な経験と知識を活かして、新メソッドやタックルの開発にも余念が無い。ルアーマガジンソルト主催のアジング王バトル2ndシーズンの覇者。

宵姫 華弐とは? 全14機種ラインナップする、宵姫ブランド中核モデル!

宵姫シリーズのアジングロッドは、ラグゼからリリースされていて、最上位モデルとして「宵姫 天」、ベーシックモデルとして「宵姫 爽」があります。今回紹介する「宵姫 華」は、その天と爽の間に入ります。

そして、この華シリーズは2020年春にフルリニューアルを受けて「宵姫 華弐」となり、ラインナップも従来の10機種から14機種に拡充しました。そこで、この14機種の中から、藤原さんに、春〜夏のパターンにハマる5機種を選んでもらいましたよ!

選択機種:宵姫 華弐 S62UL-ソリッド

  • 全長:6ft2in
  • 標準自重:45g
  • 継数(本):2
  • ルアー:0.1~3g
  • ライン:PE0.1~0.3号、ナイロン0.8~2lb
  • 価格:4万6200円(税込)

港内のでかアジを繊細なティップとバットパワーで攻略

港内の近距離戦で尺超えを狙うならパワーでいえばLクラスだが、超軽量ジグ単を細かく操作しないと喰わない状況もある。宵姫華弐S62UL-ソリッドはバットパワーがあり、繊細な誘いにしか乗らない大アジが攻略できる。
Photo by Kenji Matsumoto
  • 想定シチュエーション:港内
  • 想定地域:日本海など
  • シーズン:4月~5月
  • 想定サイズ:30~40cm
  • 使用リグ(ジグヘッド):宵姫AJカスタム0.2~0.6g(ラグゼ)+宵姫ノレソレ1.8in(ラグゼ)

春の日本海で良くあるパターンで、港内の近距離で0.2~0.6gの超軽量ジグ単を漂わせるように使い、尺を超えるでかいアジを狙います。

超軽量ジグヘッドが使えるロッドは宵姫華弐の中でALやFLモデルなど何機種もありますが、このケースで僕が選ぶのは華弐 S62UL-ソリッド。バットパワーがしっかりあって、手にするとその感触から0.2gのジグヘッドが使える? と思うかもしれないけれど、ティップの先端に喰わせる要素が入っています。

軽量ジグ単がすごく細かく操作ができて、潮にも馴染ませやすい。大きいアジを数釣る面でも不足のないパワーを持つロッドです。アジは大きくても、ワームは小さめが意外と効きます。

選択機種:宵姫 華弐 S59FL-ソリッド

  • 全長:5ft9in
  • 標準自重:41g
  • 継数(本):2
  • ルアー:0.1~2.5g
  • ライン:PE0.1~0.3号、ナイロン0.8~1.5lb
  • 価格:4万5100円(税込)

スタンダードなアジングは違和感をのせ掛けて釣果アップ!

宵姫華弐のFLクラスにはS68FL-ソリッドとS54FL-ソリッドもあります。藤原「S68FL-ソリッドはある程度長さがあってティップを揺らしやすく、軽量ジグ単を潮に馴染ませやすい。S54FL-ソリッドはショートレングスでパリッとしていて軽いリグをテキパキ動かせる。S59FL-ソリッドはその中間的なモデルです」
  • 想定シチュエーション:漁港内・外、外灯周り
  • 想定地域:大阪湾、瀬戸内海など
  • シーズン:4月~6月
  • 想定サイズ:20~25cm
  • 使用リグ(ジグヘッド):宵姫AJカスタム0.8g前後(ラグゼ)+宵姫トレモロAJ2in(ラグゼ)など

春は外灯周りで1g前後のジグ単を使い、25cm前後のアジを狙うスタンダードな釣りもはじまります。FL(フェザーライト)はULより一段軟らかく良く曲がるロッドですが、華弐 S59FL-ソリッドはショートレングスで振り感はシャープ。

でも実際は曲がるから1g以下のジグ単を引っ張ってもラインテンションがかかりすぎず、自動的に漂うような動きが出せます。また取り回しが良いので、思い通りに細かく動かすこともできます。

繊細なベリーとティップが、微妙な居食いや荷重が増すといった違和感を“食べている”という感触で伝え、のせてかけることができ、掛けた後はしっかり曲がってバラシも減ります。



選択機種:宵姫 華弐 S64L-ソリッド

  • 全長:6ft4in
  • 標準自重:47g
  • 継数(本):2
  • ルアー:0.1~5g
  • ライン:PE0.1~0.3号、ナイロン1~3lb
  • 価格:4万8400円(税込)

流れの速いエリアに潜む良型アジはスプリットで攻める

Lパワーは1g~2g弱のジグヘッドや小型メタルジグなど幅広いルアーが使える。宵姫華弐にはS72L-ソリッドもあり、汎用性重視ならこちら。1gのジグ単を細かく動かすなど汎用性の中に繊細な操作や取り回しの良さを求めるならS64L-ソリッドがおすすめ。
Photo by Kenji Matsumoto
  • 想定シチュエーション:埠頭外面、水道、河口など
  • 想定地域:全国各地
  • シーズン:4月~梅雨明け
  • 想定サイズ:25cm以上
  • 使用リグ(スプリットショット):スプリットシンカー1.8g+宵姫AJカスタム0.2~0.4g(ラグゼ)+宵姫ノレソレ3in(ラグゼ)など

アジはもともと流れが好きで、流れがあるところは色々なベイトも通る。4月以降、水温が上がると流れの強いところに良いサイズのアジが居ます。

1~1.8g程度のジグ単でも釣れますが、その先にも良型が数多く居ることが多く、中距離的なところはスプリットや小型フロートで狙います。華弐 S64L-ソリッドは、ライトゲームでは定番の7ftのLパワーをショートレングス化したモデルで汎用性が高く、2、3gのスプリットシンカーを速い流れの中で的確に操作できます。

ベリーからバットは張りがあり、反響の感触が強い硬質なアタリが取れます。飛ばしてきっちりアタリをとってかけることが可能ですよ。

選択機種:宵姫 華弐 S86H-ソリッド

  • 全長:8ft6in
  • 標準自重:70g
  • 継数(本):2
  • ルアー:1~28g
  • ライン:PE0.3~0.6号、ナイロン1.5~8lb
  • 価格:5万3350円(税込)

シャローエリアの尺越えは70m飛ばして繊細に喰わせる!

ファイト時の使用感は「魚をかけるとすごいリフトパワーがある。でも棒じゃない。不思議な感覚です」。必要な飛距離や波高に応じて宵姫華弐S80MH-ソリッド、S72M-ソリッドもフロートリグに対応する。
Photo by Kenji Matsumoto
  • 想定シチュエーション:ゴロタ浜などシャローエリア
  • 想定地域:大阪湾、瀬戸内海、九州など
  • シーズン:5月中旬~梅雨明け
  • 想定サイズ:30cm以上
  • 使用リグ(Fシステム):フロート15gなど+宵姫AJカスタム0.2~1.8g(ラグゼ)+宵姫トレモロAJ2.6in(ラグゼ)など

5月半ばから梅雨時期にかけては、ゴロタ浜などのシャローエリアで尺を超えるアジが釣れます。そこで使いたいのが華史上最強パワーの華弐 S86H-ソリッドです。

20gのフロートをフルショットして、70mを超える飛距離が出せ、ラインの抵抗に負けずにしっかり操作できます。でも、投げたあとはゼロコンマ数gの釣りになります。

ソリッドティップがフロートへの絶妙なテンションのかけ具合や、1g以下のジグ単をちょっと送り込むといった繊細かつフロートの釣りでは欠かせないスローな操作を可能にします。8ft6inで自重70gという異次元の軽さで、軽快な操作感と優れた感度が体感できるはずです。

選択機種:宵姫 華弐 S54AL-ソリッド

  • 全長:5ft4in
  • 標準自重:37g
  • 継数(本):2
  • ルアー:0.1~1.5g
  • ライン:PE0.1~0.3号、ナイロン0.8~1.5lb
  • 価格:4万4000円(税込)

豆アジシーズンは曲がるロッドで引きを楽しむ

華弐 S54AL-ソリッドの自重はなんと37g! 軽く、短く、パワーを落とすことで、ラインの抵抗やジグヘッドの重みなど超軽量ジグヘッドリグを操作する感触を高めることができる。外灯周りで平均サイズ狙いに使っても楽しい一本だ。
Photo by Kenji Matsumoto

  • 想定シチュエーション:港内・外灯周り
  • 想定地域:全国各地
  • シーズン:6月~
  • 想定サイズ:マメアジ~
  • 使用リグ(ジグヘッド):宵姫AJカスタム0.2~1.0g(ラグゼ)+宵姫トレモロAJ2in(ラグゼ)など

日本海側は6月以降。多くの地域では梅雨明けからマメアジ主体のシーズンに入ります。身近な釣り場で手軽に釣れますが、型は小さいのでロッドのパワーを落とせばより楽しめます。

僕は華弐で初採用のパワー設定のエアライトモデル、華弐 S54AL-ソリッドを使います。高弾性で超軽量ジグ単を細かく動かす感触がきちんと持てて、反発力があるから1.5gのジグヘッドもしっかり飛ばせます。魚をかけるとバットまできれい曲がって引きが楽しい。

こうなるとこのロッドで良型が釣りたいシンドロームが出てきます(笑)。きれいに曲がるからエステル0.3号でもライン切れを防ぎ、25cm前後のアジとスリリングなやりとりが楽しめますよ。

『ルアーマガジン・ソルト DX Vol.2』は7月21日発売!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:1,500円(税込)
ルアマガプラス