大江&五三川の春爆バスは『クローザーSR』で縦スト×シャッド攻略【ismマンスリーシーズナルパターン】



毎月旬なルアーをピックアップし、乗りに乗ってる若手アングラーがその使い方を伝授してくれる当連載。今回のシーズナルな刺客は………大江川、五三川で暴れまくる仙石快さん! ハードルアー・クローザーSRで春のビッグバスを当てていくぞ!!

【Profile】

仙石快(せんごく・かい)

1998年、岐阜県出身。普段から大江川、五三川をメインに岸釣りに打ち込んでいる。得意な釣りはカバーフィッシング全般。スモラバ+フラテリスのパワーフィネスも大得意だ。最近、ism杉山社長に召喚されてあれこれやらされる(?)ことが多いらしい。

メインパターン

場所時期
全フィールド3月後半〜4月

テーマルアー

クローザーSR【ism】

全長自重カラー価格
55mm5.5gクラス全10色1,760円(税込)


プリスポーンのサスペンドバスを探して、縦スト×シャッド攻略!

朝夕マズメは護岸際をグリグリ巻いて、春爆!

春はやっぱりシャローへバスが差し出す季節。全体がシャローな大江川・五三川はどうなるんだろうか?

仙石「狙うのは、護岸の近く。護岸の矢板にエサを追い込んで食うバスが、その至近の障害物でサスペンドしています。縦スト・プラスアルファな状態ですね。でも、日中はボケっと浮いている状態。朝夕のマズメだけ爆発的に活性が上がるイメージです。ボイルが頻発して、壁にエサを追い込むシーンも確認できます」

メインベイトはモロコ。マッチ・ザ・ベイトするルアーは……?

仙石「クローザーSRですね。モロコは泳ぐのが得意なサカナで、そのスピード感を持たせながら早いテンポでサーチしていきます。サイズも、ちょうどモロコ程度。護岸際を歩きながら、15mくらい先の、岸から1.5〜2m離したあたりにキャスト。そのまま巻いていくと1mくらい潜ります。濁って見えませんが、ゴロタや何かを想定しながら巻いていきましょう。クローザーSRはハイフロート設定なので障害物にコンタクトしても、かわしてくれます」

ハイフロートなので、ハイピッチに動くうえに水押しも強い。

仙石「だからサーチにぴったりですね。サスペンド系だと障害物に刺さってしまうし、クローザーSRならカバーでひるがえったときのフラッシングも絶妙です」

色をモロコにドンピシャ合わせるならシルバーシャッドですね。フラッシングも強いし、ピリピリと細かい泳ぎもサイズも、もうモロコ(笑)。

対抗パターン

こちらも激アツ! ボラパターン × フラテリス!!

仙石「表層がさざなみのようなボラ稚魚のスクールを見かけたら、フラテリス5.5inの出番。護岸を攻めていて、沖へ向かってアシが倒れ込んでいたりルアーを引きにくい場所が狙い目ですね。アシ越えでキャストして、チョンチョンとダート。アシを越えても、同じく誘っていきます。ほかのスティックベイトより飛びすぎないダートが絶妙。バスも『追いつける』という感じで食ってきますね。フックは重ためのジャングルワイドギャップ4/0(オーナーばり)にして、低重心に。ロールの戻りも早く、フッキングも良好です」

フラテリス5.5in(ism)。

仙石「このカラーはゴールデンシャッド。色よりもスピードの緩急での誘いのほうが重要」

クローザーSR用(右)

  • ロッド:インフィニットブレイドIBC63MLST
  • リール:SSエア(DAIWA)
  • ライン:シーガーR18 10lb(クレハ)

フラテリス5.5in用(左)

  • ロッド:インフィニットブレイドIBC610M
  • リール:タトゥーラSV TW(DAIWA)
  • ライン:シーガーR18フロロリミテッド 14lb(クレハ)

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス