ism NEWバスロッド『インフィニットブレイドRe』まとめ! これはオカッパリの革新的2ピースロッド



日本のバスフィッシングの中核を成す「オカッパリアングラー」が本当に使いやすい、本当に楽しめるロッドとは、実は2ピースモデルだった!! 最新素材&最新技術を余すことなく投入した2ピースロッドは、1ピースロッドをも凌駕する!? 革新的2ピース構造バーサタイルロッド『インフィニットブレイドRe』の情報解禁!!

【Profile】

杉山貞圭(すぎやま・さだよし)

ism(INFINITE SEEDS MAKERS)の代表取締役。バス業界では『ロン毛社長』のニックネームでおなじみ。バスボートの「ラッピング施工」のお仕事もしていたりして、全国を飛び回っては釣りも楽しむ毎日。

日本バス釣りの代表=オカッパリアングラーに捧げる『1ピース以上の2ピース』

『インフィニットブレイドRe』は、トーナメントスペックを持つ従来モデルの単なる2ピース版……というわけではないのでしょうか。

杉山「まったくの別物です。1ピース版はトーナメントを主眼に置いたモデルですが、新作のR eはオカッパリゲームをメインに考えたものです。というのも、日本のバス釣りの大半がオカッパリで占められているにもかかわらず、何故かトーナメント志向の1ピースに重きが置かれているという、ある種の矛盾が存在しています。しかもトーナメント志向のバスロッドはルアーの操作性を重視していることもあり、ティップの『ホンの一部』しか曲がらないことも多いので正直投げにくく、遠投して広く探る必要があるオカッパリでは使いやすいとは言えません」

確かに……慣れが必要ですね。

杉山「しかも、複数のルアーを使おうとすれば相当数のロッドを用意する必要があります。しかし、オカッパリアングラーはそんなにたくさんのロッドを持つことはできません。そこで、オカッパリアングラーにもっと使いやすく、楽しんでもらえるロッドを作れないものかと試行錯誤した結果、ティップ側とバット側を別々に作る2ピースモデルへと辿り着きました」

オカッパリでの使いやすさを追求したからこその2ピース。

杉山「もちろん携行性に優れているというのは重要です。でも、それを第一に考えたわけではない。そもそも2ピースロッドは、ティップ側とバット側のブランクスをそれぞれ別に作るのです。だから、ティップ側は柔軟に曲がって遠投できてルアーが操作しやすい設計。一方でバットはがっしりとしたパワーを持たせ、フッキングが決まりやすくカバーからも引き剥がしやすい仕様に……と、前半ソフト&後半ハードというアクションのロッドが作りやすいんです。仮にコレを1ピースでやろうとすると、部分ごとのカーボン素材やテーパーの変更を細かく設定しなければならず、相当なコストが掛かってしまって販売価格もかなり高価になってしまうでしょう」

信頼のパーツ継承&性能重視の仕様

杉山「価格を抑えたといっても、仕上げに手を抜いているワケではありません。リールシートやスクリューはインフィニットブレイドと同様のパーツを採用し、グリップは感度だけでなく耐久性なども考慮してのEVA。ガイドはステンレスフレーム&SiCリングの組み合わせで、汎用性を重視して極端な小口径化は避けています。そして、ジョイント部分はティップ側を細くしてしなやかに曲げられると同時に、バット側が太くなってより強靱さを確保できる逆並み継ぎ式を採用しています」

インフィニットブレイドRe IBRB-66ML1M2

全長継数アクション適合ルアー適合ライン価格発売時期
6ft6in2ティップ側ML、バット側M3/16~3/4oz6~18lb33,880円(税込)2022年6月予定

1本でライトリグから巻きモノまで何でも対応! 軽装で快適なラン&ガンゲームが楽しめる

【Pro Staff Comment】

仙石快(せんごく・かい)

ベリーから柔軟に曲がってくれるセッティングなので、キャスト時、ルアーのリリースポイントが分かりやすく、遠距離でも正確なスポットを撃ち抜けます。僕のホームフィールドである五三川では、15~20m先の対岸にあるオーバーハングの奥の奥までルアーを放り込んで釣ることも多いんですが、それがビシッと決まる頻度がかなり高まりましたね!

クランクベイトだって直リグだって、コレ1本でハイレベルな満足感!!

仙石「ティップ側が柔らかく、バット側が硬いという2つの異なる性質を融合させたことで汎用性が高くなり、1本のロッドで使えるルアーの種類がかなり増えました。このモデルはクランクベイトもリーダーレスダウンショットも、かなり高いレベルで使いこなせます。クランクベイトがボトムコンタクトしても柔らかめのティップでショックをしっかりと吸収し、ボトムを舐めるように巻ける。それでいてワームリグがボトムを這う様子をイメージできる感度も十分にあり、バットは1ランクパワフルなのでフッキングも決まりやすいです」

インフィニットブレイドRe IBRB-610MH1H2

全長継数アクション適合ルアー適合ライン価格発売時期
6ft10in2ティップ側MH、バット側H3/16~1oz8~20lb34,980円(税込)2022年6月予定

ボートでもロングキャストが必要な、沖まで伸びたシャローフラットゲームで必須です!

【Pro Staff Comment】

稲永泰之(いねなが・ひろゆき)

背負えるルアーウェイトが3/16~1ozと広いだけに、軽いモノならノーシンカーリグから扱えます。一番使いやすいのはスピナーベイトやチャターベイト、スイムジグなどの巻きモノ。MHのガチガチ過ぎない適度な硬さで振動が手元に伝わり、同時にショートバイトも弾きにくい。バット側がパワフルなので、中型クラスのビッグベイトも素直にキャストできます。

キャスト~操作感はMH、フッキング後はHの変則パワフルモデル!

稲永「ティップ側は、10g未満のルアーでもしっかりと反発力を利用して飛距離を稼ぎつつ、ノーシンカーリグなどの微妙なボトム感知もこなせるティップ側を活かしたMHアクション。バット側は、バスをカバーから素早く引き剥がせたり、足場が高くても引き抜けるHアクションの仕上がりになりました。遠賀川のオカッパリでも遠投して沖の沈みモノをしっかり感知でき、それらカバーからバスを素早く引き剥がせました」



インフィニットブレイドRe IBRB-70H1XH2

全長継数アクション適合ルアー適合ライン価格発売時期
7ft2ティップ側H、バット側XH1/4~3oz10~25lb36,080円(税込)2022年6月予定

尖りまくった1ピースモデルと比べ、ティップ側がワンランク柔らかかつマイルド…使いやすい!

【Pro Staff Comment】

東智也(あずま・ともや)

パワフルなフッキングが必要な、カーヴァーのようなスイムジグなど大きめのただ巻きルアーがメイン。また、ほかのアングラーが撃てないような超複雑なカバーも躊躇なく撃てて、ワンランク柔らかいティップが繊細なルアー操作を可能にしてくれます。そして、カバー奥からバスをイージーに引っ張り出すことができるし、足場が高くても抜き上げられます!

「若干ソフト」なティップ側ピースのおかげで使用ルアーが大幅増!

「ティップ側がH、バット側がXHというだけあってシリーズ中もっともパワフル。ほかの4本が一般的なバスフィッシング用ルアーを幅広く扱えるバーサタイル性を追求する中で、この70H1XH2だけはビッグベイトやスイムベイトなどのヘビー級ルアーを中心に扱うことを前提にしたモデルになります。ただ、通常サイズのジグやテキサスリグを使ったヘビーカバー撃ちという意味での、ヘビーな釣りにも対応できます」

インフィニットブレイドRe IBRS-63UL1L2

全長継数アクション適合ルアー適合ライン価格発売時期
6ft3in2ティップ側UL、バット側L1/32~3/16oz2~8lb31,680円(税込)2022年6月予定

Lアクションという強めのバットで、遠距離でのフッキングもパワーが伝わりやすい!

【ism 代表 Comment】

杉山貞圭(すぎやま・さだよし)

ベリー~ティップがしなやかに曲がるULアクションのチューブラーブランクスなら重みがしっかりと乗り、反発力を活かして力を入れずともリグを前方に弾き飛ばすことができる!

ライトリグを広く扱えるのはもちろん、とにかくキャストがしやすい!

杉山「ティップ側がULアクション、バット側がLアクションという、ライトリグ全般をカバーできるロッドです。チューブラー構造でも超ソフトなティップでリグ操作にも優れているので、ダウンショットリグからネコリグ、ノーシンカーリグはもちろん、小さなハードルアーまで使いこなせます」

インフィニットブレイドRe IBRS-67L1ML2

全長継数アクション適合ルアー適合ライン価格発売時期
6ft7in2ティップ側L、バット側ML1/16~1/4oz2~8lb32,780円(税込)2022年6月予定

説明されずに手渡されたら、1ピースロッドだと勘違いしたまま使い続けるかもしれません!

【Pro Staff Comment】

冨沢真樹(とみざわ・まさき)

レンタルボートでロッドを何本も積むスペースがない状況でも、この1本だけでスピニングロッド複数分の役割を果たせるはずです。既存の2ピースロッドとは明らかに違う、限りなく1ピースロッドに近いテイストを持った“新次元”の2ピースロッドに仕上がっています。

Lティップ&MLバットが可能にする超バーサタイル性能!

冨沢「ティップ側がL、バット側がMLというセッティング。ティップ側のLアクションが細かいアクションを入力するのに丁度良くて、プルのような表層系プラグのシェイク、シャッドのトゥイッチ、そしてネコリグのボトムシェイクがとてもやりやすいのは気に入っています。ベリーからキレイな弧を描いて曲がってくれるのでルアーウェイトを乗やすく、反発力を十分に活かせるので飛距離はかなり伸びますね」

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス