1つでダイブ&放置&S字もこなすi字系「プル62F(ism)」は表層ピクピクだけじゃない! バス釣り現場の実績を元に冨沢真樹さんが解説



多芸を極めたism(イズム)の名作、プル70F。表層ワカサギイミテートプラグとして、ジャンルを築き上げたモデルだ。そのプルが、62mmにダウンサイジングして登場! 食わせスペックが加速し、サーフェスゲームが激アツに!!

【Profile】

冨沢真樹(とみざわ・まさき)

JBトップ50プロにして河口湖辣腕ガイド! プル70Fの生みの親。フィネスからパワーゲームまで駆使し、優れたアジャスト力でJBトップ50を転戦する。河口湖フルタイムガイド「トミーガイドサービス」は超人気の様相!

プル62F【ism】

全長自重カラー価格
62mm3g全8色1,760円(税込)

ワカサギ激効き…だけじゃない! 守備範囲は広大だ

表層ワカサギパターンを、その特徴的な「く」の字シルエットで制したプラグ、プル70。今回62サイズのプロデュースをした冨沢真樹さんは、そのルアーパワーを確信している。

冨沢「まずプルには、オリジナルとなるルアーが持つ『凄み』がありますね。元祖と呼ばれるレジェンドルアーが何年、何十年も最前線で活躍しているように」

ワーム禁止の激戦トーナメントレイク、河口湖で結果を出し続けるガイドの言葉は重い。

冨沢「でも、使い方と考え方はシンプルでいい。まずは表層でワカサギがザワつくシチュエーションで使ってみてください」

ワカサギ産卵の春、酸欠パターンの夏、荒食いの秋…通年でも活躍する状況は少なくない。

冨沢「ワカサギのいない、例えば野池なんかでもプルはめっちゃ効く。場所やベイト問わず、ボイル撃ちでも高確率で反応したり。そこでさらに食わせに特化したプル62Fを試してみて欲しいですね!」

プルのテール

冨沢「フェザーがあることで、フックやラインにバスの視線がいかず、結果食わせの要素となっている。めちゃくちゃ活性の良いときは、フェザーを外して2フックにするチューンもアリ」

プルのフック

ピアストレブルダガー#10(リューギ)が標準装備。

冨沢「2フックのプラグって、やっぱりフックで見切られる。実はプルも、フックなしの状態だともっと食ってくる(笑)。でも1フックのほうがフッキング良好で、動きもいいです」

プルのヘッド

アタマ下がりとなるヘッドで水を受け、カラダをロールさせたりダイブしたり……とリップの役割を果たす。余計なパーツもなくバスに警戒されにくく、微細なロッドワークにも反応する。



カラーラインナップ

どれを選んでも間違いなし! 厳選8カラー

ワカサギ系カラーは4種! ナチュラル系も多いが視認性の高い色もしっかりラインナップ。

冨沢「僕のオススメは3つ。表層の寄せパワーが強い白ベースの、ゴーストパールホワイト。高視認系では、ナチュラルサイトピンク。ワカサギ系ではシークレットワカサギ。濁ったらギラつく系がいいですね」

プル70との違い

冨沢「70は大きい分、どっしりとして水押しも強いし、飛距離も少しだけ飛ぶ。62は微細な動きやシルエットの食わせ性能が高い。また丸呑みバイトが多発して、ランディング率も高くなっています」

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス