代表的なリグの種類と狙い方



ルアーフィッシングで言うところの「リグ」とは日本語で解釈すれば「仕掛け」のことで、おもにソフトプラスチック素材のワームを使用するときに「~リグ」と呼ばれ、ワームの種類や探る場所の違いで数種類のリグを使い分けます。ここでは代表的なリグと、使用するべき状況を説明していきます。

ノーシンカーリグ

攻撃的フィネス』用リグ6選大公開! これを覚えれば釣りが変わるかも!?【青木大介流フィネス物語3】 | ルアマガ+

もっともシンプルなリグで、ワームにはフックしか付いていません。沈めずに水面で使用する、もしくは高比重ワームを使ってできる限り自然な沈下速度を演出して魚に食わせるといった使い方があります。

スプリットショットリグ

ヤヴァイ釣果にドン引き!? 釣れすぎ注意!? 一誠の『サカナサカナ』は対スレバスの最終兵器だ! | ルアマガ+

ノーシンカーリグの状態で、ライン(釣り糸)の途中にオモリを装着するリグのことで、その呼び名は「スプリット(離れた)ショット(オモリ)」を意味しています。ノーシンカーリグでは飛距離が足りないとき、もしくはノーシンカーリグをより深い場所で使いたいときなどに使用します。

ダウンショットリグ

達人の『釣れるワーム』2019【赤羽修弥/赤松健】編 | ルアマガ+

ワームに結んだライン(釣り糸)の先にリーダーが延長され、その先端にオモリを装着するリグです。オモリはボトム(底)まで沈むけれども、ワーム自体は中層を漂わせるように使えるのが特徴です。もともとは2g前後の軽いオモリを使った「ライトリグ」で使用されることが多かったですが、近年は重いオモリを使ってベイトタックルで扱う「ヘビーダウンショットリグ」も一般的になりました。

テキサスリグ

レイドジャパン岡友成の夏バス対策! キーは“自然なドリフト”【達人のベイトパターン100】 | ルアマガ+

真ん中に穴が空いている砲弾型のバレットシンカーを使うリグで、穴にライン(釣り糸)を通してフックへと結び、ワームを装着します。基本的な使い方はボトム(底)まで沈めて、ズルズルと引っ張ってザリガニやゴリといった水生生物の姿を演出します。砲弾型なので岩などの障害物もスリ抜けやすく、根掛かりしにくいのも特徴です。



キャロライナリグ

達人の『釣れるワーム』2019【五十嵐誠/岩堀航】編 | ルアマガ+

簡単に説明するとスプリットショットリグのオモリがさらに重くなったリグですが、オモリがテキサスリグでも使われるバレットシンカーの「半遊動式」ということです。メインライン(釣り糸)をバレットシンカーに通し、その先にスイベル(ヨリモドシ)を付けてリーダー→ワーム、という仕組みです。テキサスリグ同様にボトム(底)まで沈めて使いますが、オモリとワームが離れているので中層を浮遊するような、より自然な動きを演出できます。

ワッキーリグ

青木大介的『ヤマセンコー』の本領は速い展開! B.A.S.S.ウィニングルアーを解説! | ルアマガ+

ワッキー=奇抜な、という意味で、ワームの中央付近にフックを装着し、シェイク(釣り竿を揺する)しながら水中を漂わせると折れ曲がったり伸びたりを繰り返すという、文字通り奇抜な動きで魚を誘います。フックの替わりにジグヘッドを使うことで沈み込んだときに回転運動が加わり、より複雑な動きを演出できる「ジグヘッドワッキー」もおなじみです。

ネコリグ

ゲーリーワーム×ネコリグ必釣セッティング3選! ゲーリーファミリー河辺裕和・小森嗣彦・千藤顕に聞いてみた。 | ルアマガ+

「根こそぎ釣る」という意味で名付けられたリグで、ノーシンカーのワッキーリグの先端にネイルシンカーを埋め込み、ボトム(底)まで沈めてシェイク(釣り竿を揺する)しながら「ウネウネ・ヘコヘコ」といったイメージの動きで魚を誘います。ワッキーリグの派生版とも言えます。

フリーリグ

ワンタッチでリグを組み換え可能! 様々なバス釣りシーンに対応する『クイックチェンジャーシステム』ってナニ!? | ルアマガ+

形してはテキサスリグに近いのですが、オモリが砲弾型のバレットシンカーではなく、ナス型のカン付きオモリになるリグです。ボトム(底)に付けて使うという意味ではテキサスリグと同様ですが、ワーム自体は浮き上がっているので、より自然な動き演出しやすくなっています。

ルアマガプラス