公式ストア
公式ストア

最強の虫除けスプレーが決定! 成分や選び方をシーズン前に要チェック!

ルアマガ+

虫除け


梅雨が明けて夏がくると釣りの方もシーズン本番を迎えますが、アイツも本気を出してきます。そうです『蚊』です! 炎天下のなか長袖を着込むのは紫外線対策だけではなく『蚊』対策でもあります。釣りやキャンプなどアウトドアレジャーにおいて肌を晒すということは『蚊』の餌食になるということ。ならば最強の虫除けスプレーを携えれば問題なし!

まずは虫除けスプレーにいて知りましょう

ひとえに虫除けスプレーといっても様々なタイプがあります。蚊に特化したものやアブ・ブユまで幅広く対応するもの、オーガニック成分を始め赤ちゃんでも安心の成分に、効果に全振りした山男仕様のものまで! 最強の虫除けスプレーを求めるのであれば、まず知ることが大事。

ディートやイカリジンなど有効成分について

そもそも虫除けスプレーって何で虫が嫌がるんだ? それは虫除けに対する有効成分が配合されているからです! 有効と言っても効果は様々、単純に嫌がる成分や虫の感知能力を撹乱させたり……それでは詳しく見ていきましょう。

ディート / 日本で初めて承認された虫除け成分

ディートは日本で初めて承認された虫除け成分。50年以上も使われており、日本におけるディートの実績は申し分ありません。さらに世界的に最も多く利用されているワールドワイドな虫除け成分、それがディートなのです!

ディートは蚊などの吸血害虫の感知能力を撹乱することにより、吸血行動を阻止する効果をもっているので、塗布することで光学迷彩をまとっているかのように、吸血行動から逃れることができるのです。

有効成分の配合量により異なりますが、年齢や使用回数に制限があるのが特徴。

イカリジン/2015年に承認された虫除け成分界のニューホープ

イカリジンは2015年に承認された有効成分。ディートに比べると比較的新しい有効成分。ディートと同様に蚊などの吸血害虫の感知能力を撹乱する効果を持っているのですが、最大の特徴は年齢による使用制限がないこと。

天然成分/安心のオーガニック、ものによってはアロマ効果も

植物の花や葉、茎や根だったり果実の皮など様々な部位から抽出したエッセンシャルオイル(精油)によって蚊をはじめとした昆虫の忌避作用により、虫刺されを防ぎます。

ディートやイカリジンは感知能力を撹乱することにより虫刺されを防いでいますが、エッセンシャルオイルなど天然由来成分の虫除けは、蚊が嫌がる成分により直接的に蚊を防ぎます。

ミストや缶スプレーなど虫除けタイプを知る

虫除けスプレーといってもミストタイプだったり、ガスが充填された缶スプレータイプ、内容量が多いものや少ないものなど様々! それぞれのメリットやデメリットを知っておくと便利です。

ミストタイプ

首や腕、足首などピンポイントに塗布できるのがミストタイプの特徴。小型のミストスプレーを持ち歩けば効果が薄れてきたタイミングでササっと重ね塗りも可能。肌の露出部分が多かったりすると一気に吹きかけるのは少し苦労します。

スプレー缶タイプ(エアゾールタイプ)

噴出量が多いので半ソデ半ズボンなど肌の露出が多いとき、噴出されるスプレーにより一気に塗布することが特徴。その反面、噴出量が多すぎるので屋内や車内など狭いスペースで使用するのはあまり向いていません。

シールタイプ

肌の弱い人や、アームカバーなどにより肌の露出が少ない場合など、服やバッグに貼り付けられます。効果範囲が狭い場合は複数箇所に貼り付けるのは少し面倒。同様にシールを剥がすときも面倒。

置くだけタイプ

読んで字のごとく「置くだけ」という超単純な作業コストにより虫除け効果を発揮するズボラさん大喜びの虫除けタイプ。ランガンで釣りを行う人には向かないが、その場を動かない釣りやキャンプには向いています。他の虫除けスプレーなどと併用すれば虫除けの牙城を築くこと間違いなし。

飛行機への持ち込みに注意!

国内線の場合、100mlを超える液体を持ち込むことが難しいので小型のミストスプレーを持っておくと便利。ここで注意したいのは密閉できる袋に入れる必要があるということ。さらにガス充填された虫除けスプレーは持ち込みも預け入れも認められていないので注意が必要です。

国際線の場合は国によって変わることもあるので、詳しくは利用する航空会社の案内を参照してください。



釣り人的な最強虫除けスプレーの要素を定義する

虫除けスプレーのタイプについては理解できました。それぞれの有効成分や虫除けタイプについて様々なメリット・デメリットがありますが、釣り人の視点で見つめ直してみます。

ディート VS イカリジン 結局どっちが良いの問題

虫除けスプレーの有効成分として代表的なディート・イカリジン・エッセンシャルオイルの3つ。オーガニック成分のエッセンシャルオイルは効果について商品や抽出している植物など様々あり、商品を絞ることが出来ないので除外します。

ドラッグストアで虫除けスプレーを購入しようとすると、大抵の製品がディートとイカリジンを有効成分としています。そこでディートVSイカリジンの構図が生まれるのですが、果たしてどっちが良いのでしょうか。まずはそれぞれの違いを確認しましょう。

ディート

効果のある虫は蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、マダニ、イエダニ、ノミ、トコジラミ、ヤマビル、サシバエと幅広く対応。ディートの濃度上限は30%。ディート濃度が12%以上になると医薬品となり使用回数に制限が出る、さらに30%になると12歳未満の子供には使用できなくなります。

イカリジン

効果のある虫は蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、マダニのみ。イカリジンの濃度上限は15%。最高濃度の製品でも年齢や使用回数の制限がありません。

上記のように同じような効果をもつディートとイカリジンですが、効果のある虫の数や、使用制限に対する部分に違いがあります。特に子供に対する使用制限に関してはかなり大きいのではないでしょうか。

しかし、我々は釣り人です。さらにこの記事を書いている私はおじさんです。超私的な見解になりますが、使用制限に引っかからないし対象の虫の数が多いディートに軍配をあげたくなります。

ミストタイプ VS スプレー缶タイプ どっちが良いの問題

噴出量が多く広い範囲に一気に塗布することできるスプレー缶タイプ(エアゾールタイプ)の虫除けを使用することが多いので、ミストタイプは無しかな……と考えていた時期もありましたが、今ではミストタイプ一択です。

なぜならば、スプレー缶タイプは暑い車内に放置すると爆発する危険があるからです。さらに、飛行機に搭乗するとき、スプレー缶は手荷物での持ち込みだけではなく、預け入れ荷物として持ち込むこともNGなんです。これは大きなマイナスです。

上記の通り、ミストタイプを推させていただきます!

最強の虫除けスプレーはこれだ!

釣り人的には有効成分がディートでミストタイプの虫除けスプレーが最強なのではないかと導き出しましたが、じゃあ具体的にどんな製品よ。ってところなんですが、その前にディート濃度についてです。

ディートの濃度上限は30%となっているのですが、ここで注意しておきたいのは含有量が多ければ多いほど効くのかというと、そういう訳ではないんです。ディートの濃さは効果の強さではなく持続時間の長さに影響しますので、濃い製品がより効くというわけじゃないんで、用途によって選べば良いです。

釣り人的には塗り直しの時間があったらキャスト回数を増やしたいわけなんで、最高濃度であるディート30%の製品を選ぶこととします。

スキンベープミスト プレミアム(フマキラー)

以前、ルアマガプラスでも記事にした『スキンベープミスト プレミアム』ですが、やはりその牙城は崩れません。良いものは良い。ミストタイプでディートも最高濃度の30%です。ちょっと前にアマゾンで売り切れになっていたのですが人気商品なのでしょうか? シーズンインして手に入らなくなるまえに装備しておきたい製品です。

サラテクト リッチリッチ30(アース製薬)

こちらはスプレー缶タイプの『サラテクト リッチリッチ30』です。ミストタイプに軍配をあげたものの広範囲へ一気に塗布できる魅力は捨てきれるものではないです。やっぱりズボラな人ほどこういった製品を使うべきです。そのかわり炎天下の車内放置に気をつけるべし!

どこでもベープNo.1 未来セット メタリックグレー 不快害虫用(フマキラー)

虫除けスプレーは有効成分濃度によっては6〜8時間ほど持続時間があるものの、水がかかったり汗などで効果が薄れてきても塗り直しが面倒だったりすると、結果的に意味をなさない状態になりがち。『どこでもベープNo.1未来セット』なら手首や足首、バッグなどに装着できるのでとても便利!

虫除けスプレーをはじめ、虫除けに関しては他の記事でも触れていますのでぜひ御覧ください。

ルアマガ+

2022.06.10

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

  
  
  
  

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。