オモリとシンカー「号、オンス、g」換算を早見表でご紹介!



釣りのオモリの重さ単位は「」が使われます。これは日本の釣り具独自の単位です。ルアーフィッシングのシンカーではヤード・ポンド法に基づく重さの単位「オンス(oz)」を用いるのが一般的です。実際の釣りではオモリもシンカーも同じ用途に使うことがあり、どっちがどっちだったっけ、と重さがわからなくなることもしばしば……。号数とオンス、さらにグラムの換算を早見表でご紹介します。

号数とグラム、オンスの覚えやすい換算は

オモリの号数をグラムであらわすと、「1号=3.75g」の換算になります。きれいな数字だと「4号=15g」と、4の倍数で数えると暗算しやすいでしょう。

一方でオンスはだいたい「1oz=28.35g」。号数とはきれいに一致しないので注意が必要です。だいたい「2oz=15号」がそこそこきれいな近似値といえます。

オモリの号数をグラムとオンスで換算早見表

号数とグラムの換算表に近似値のオンスを併記した早見表です。オンスは正確ではないので注意してください。

オモリ号数グラム(g)オンス(oz)
0.1号0.375g1/64oz
0.2号0.75g1/32oz
0.3号1.125g
0.4号1.5g
0.5号1.875g1/16oz
0.6号2.25g
0.7号2.625g
0.8号3g
0.9号3.375g
1号3.75g1/8oz
1.5号5.625g
2号7.5g1/4oz
3号11.25g3/8oz
4号15g1/2oz
5号18.75g5/8oz
6号22.5g3/4oz
7号26.25g1oz
8号30g
9号33.75g
10号37.5g
11号41.25g1-1/2oz
12号45g
13号48.75g
14号52.5g
15号56.25g2oz
16号60g
17号63.75g
18号67.5g
19号71.25g
20号75g
21号78.75g
22号82.5g
23号86.25g3oz
24号90g
25号93.75g
26号97.5g
27号101.25g
28号105g
29号108.75g
30号112.5g4oz
35号131.25g
40号150g
45号168.75g6oz
50号187.5g
60号225g8oz
70号262.5g
80号300g10oz
90号337.5g
100号375g12oz
120号450g1lb
150号562g1.25lb
200号750g1.5lb
250号937g
300号1,125g2.5lb


シンカーのオンスをグラムと号数で換算早見表

オンスをグラムと号数に換算する場合の早見表です。オンスの号数換算はかなり幅のある近似値で正確とはいえないので注意が必要です。

オンス(oz)グラム(g)オモリ号数
1/64oz0.443g0.1号
1/32oz0.886g0.2号
3/64oz1.329g0.3号
1/16oz1.772g0.5号
1/8oz3.544g1号
3/16oz5.316g1.5号
1/4oz7.088g2号
5/16oz8.859g2号
3/8oz10.632g3号
1/2oz14.176g4号
5/8oz17.719g5号
2/3oz18.9g5号
3/4oz21.264g6号
7/8oz24.806g6号
1oz28.35g7号
1-1/2oz42.525g11号
2oz56.7g15号
3oz85.05g23号

ガン玉とジンタンの重さ表記

ウキフカセ釣りなどで使うガン玉とジンタン。こちらは「ウキ」の軽さ表記に対応する特殊な表記になっています。流用する機会もありますので、覚えておくと便利です。

ガン玉は重い方から「3B」でスタートし、軽くなるにつれて「2B」「B」と数字が減っていきます。

さらに軽くなるジンタンは「G1」から準に「G2」「G3」と数字が増えるごとに軽くなっていきます。ガン玉とは逆になるので注意が必要です。

ガン玉グラム(g)
3B1g
2B0.8g
B0.55g
ジンタングラム(g)
G10.45g
G20.35g
G30.25g

さらに特殊な割りビシの重さ表記

割りビシはガン玉やジンタンと同じようなオモリですが、ガン玉が球形なのに対してやや紡錘形という形状が違うだけでなく、こちらは電気ウキなどの軽さの表記に対応した特殊な表記になっています。

ガン玉グラム(g)
極小0.2g
小小0.25g
0.4g
0.75g
0.9g
大大1.35g
特大2.1g
ルアマガプラス