読者が選んだ2021年バス用ライン&フック&その他人気ランキング【T.O.Y.2021】



このランキングを見れば、時代とともに移り変わっていくバスフィッシングの姿を違う角度から知ることができるはず。新参者が賑わしてくれることもあれば、定番商品が自信を裏付けしてくれることもある。キミの推しアイテムは今年のランキングに入っているか!?

【ライン部門:1位】クレハ合繊・シーガー フロロマイスター【→1位 115P】

強力長さカラー価格
3~20lb240mクリアオープン

3年連続の栄冠で、そろそろ『殿堂入り』も見えてきたか…!?

高感度で根ズレに強いというフロロカーボンラインに求められる性能を十分に満たしながらも、ボビン巻きでリーズナブルなのは嬉しい。ただ、メーカーとしてはバス専用とは謳っていないのにもかかわらず、3年連続のナンバーワンだ。

【ライン部門:2位】サンヨーナイロン アプロード GT-Rウルトラ【↑6位 103P】

強力長さカラー価格
4~50lb75m、100m、600mダークグリーン1,870円~6,930円(すべて税込)

コレを使えば間違いない、ナイロンラインの究極の形

ナイロン素材の優位性を全面的に打ち出した老舗ナイロンラインがスターダムに帰って来た! それでいてフロロカーボン素材以上の対根ズレ性能も発揮し、巻きモノから撃ちモノまで、オールマイティに使えるのが嬉しい。

【ライン部門:3位】DAIWA モンスターブレイブZ【↓2位 92P】

強力長さカラー価格
12~40lb80m、160m、400mクリア3,135円~6,820円(すべて税込)

その名の通り勇気を持ってモンスターと対峙できる!

モンスターバスとのファイトを前提に設計されており、表面硬度のアップに加えて表面コーティングを強化し、耐摩耗性と結節強力が大幅に向上。ガチンコの引っ張り合いでも、安心してカバーからバスを引きずり出せる。

【フック部門:1位】リューギ インフィニ【↑3位 112P】

サイズ入り数カラー価格
2~#6/03~9本TCブラック374円(税込)

ナンバーワンブランドのスタンダードモデル、納得の強さ!!

あっという間にバスフィッシング用フックのトップブランドに登り詰めたリューギのスタンダードモデルが、2019年以来のナンバーワンに返り咲いた。剛性が高いのはもちろんフックポイントが鈍りにくく、でかバスの硬いアゴも瞬時に貫く。

【フック部門:2位】ハヤブサ T・N・Sオフセット【↑4位 95P】

サイズ入り数カラー価格
6~#7/03~9本ブラックオープン

ハヤブサ軍団総帥の懐刀、高い支持率を持続!

並木敏成プロがプロデュースするオフセットフックで、さまざまなフォルムのワームにジャストフィット。複雑なカバーを攻めてもスナッグレス性能の高さを活かしてスムーズにスリ抜け、高確率でバイトへと持ち込める。

【フック部門:3位】リューギ ダブルエッジ【↓2位 71P】

サイズ入り数カラー価格
2~#5/04~8本TCブラック374円(税込)

獲るために、あえて弱さも受け入れる『諸刃の剣』

ナローゲイブ&極めて細い軸線径はフィネスセッティングに最適で、TCコートが施されたロングテーパーは難しい状況でもアゴをスムーズに貫通。昨年アメリカのトーナメントを征した伊藤巧プロのメインウェポンだ。



【グッズ部門:1位】ティムコ サイトマスター ロトンド【NEW 67P】

フレームカラーレンズカラーカーブ価格
3色9色839,600円(税込)

青木大介プロも愛用するトーナメントスペックモデル

ガラス製レンズにこだわり、歪みのないクリアな視界を追求し続けるサイトマスターのNEWモデルが初登場でトップを奪取。8カーブレンズは顔のフォルムにフィットしやすく、遮光性と防風性にも優れている。アメリカで活躍する青木大介プロの愛用モデルでもある。

【グッズ部門:2位】マグバイト マグタンクフリー【↓1位 62P】

サイズカラー価格
L、XLクリア1,760円、1,980円(すべて税込)

濡れては困る大事なモノも完全ガード収納!

収納スペースに仕切りがないフリータイプなので、ルアーはもちろん小物など、アングラーの好みで何でも入れられる。しかも完全防水仕様なので、万が一落水させても内容物は濡れずに済むのもありがたい便利なボックスだ。

【グッズ部門:3位】DAIWA バザーズワームシンカーTG【NEW 40P】

タイプ重量価格
10種類1/96oz~1.5oz363円~1,870円(すべて税込)

リーズナブルで種類が多いバス専用タングステンシンカー

高比重かつ環境に優しいタングステンを素材に採用した、バスフィッシング専用デザインのシンカーシリーズ。バレットタイプやハリス止めタイプ、ネイルタイプまで全10タイプあり、さまざまなリグに対応可能。

続いては座談会! フロロマイスターがV2を達成!

[ライン部門]

LM:前回に引き続き、ライン部門はフロロマイスターが1位。300m巻きで手に入れやすい価格。しかも安定した品質なのがユーザーに響いたんだと思います。

長谷川:GTR-ウルトラが2位。前回4位からランクアップしてますね。

千藤:ナイロンラインでこの結果は、間違いなく村田基さんの影響ですね。

LM:言ってみれば村田さんは元祖釣りインフルエンサー。オンラインサロンも大人気ですもんね。お店ではナイロンラインの売れ行きはどうですか?

長谷川:バス用はマシンガンキャストが根強い人気ですね。あとはナイロンラインだと、管釣りトラウト専用のラインは各社よく売れてます。フロロマイスターに代表されるボビン巻きもよく売れてます。他には150m巻きで75mでマーカーがついていて、2回使えるような製品も人気ですね。

LM:8位のピットブルG5はシンキングPEラインで、新しいジャンルとして根付きつつありますね。1,000円台で買えるのがすごい。

千藤:自分はフロロラインはバリバスのアブソリュートです。理由はずっと使えるから。確かに根ズレしたりヨレたらその部分から切って使うし、ガイドメインでキャスト回数が少ないのもあるけど、とにかく長持ちします。ロボ奥田先輩も「ずっと使えるもんで、滅多に巻き替えたりせんよ」と言ってます。

田中:僕は昨年からはフロロマイスターです。上京して釣行回数も増えたので、頻繁に巻き替えてます。

[フック部門]

LM:前回3位だったインフィニが1位です。

長谷川:10位にエリートツアラー34R。これは完璧に冨本さんの影響ですね。なかなか手に入らないので、自分はカバースキャットにはイチカワフィッシングのPK2の5/0を使ってます。フックポイントがすごく強くて、線径が太めのナローオフセットです。

LM:イチカワフィッシングのフック、とんがったのが多いですよね。CT5の#4はマスバリダウンショットに最高です。50アップの硬いアゴでも確実に刺さってバレません。

千藤:イチカワは僕らみたいなやり込んでる人にはいいかもですけど、マニアックすぎるのかも。インフィニが1位だったりT・N・Sオフセットがずっと上位なのは、使ってるアングラーの影響も大きいと思います。キロフックが発売以来人気なのは、コスパのよさでしょう。あとはスーペリオフックもかなりいい。

田中:去年、千藤さん的T.O.Y.でも紹介されてましたね。

長谷川:桧原湖のコンビニでも売ってるぐらいなので、間違いなく売れ続いてます。14番とかのマスバリもあるし、スモール狙いには欠かせません。

[グッズ部門]

LM:1位はサイトマスター・ロトンド。青木大介さん愛用のモデルです。

長谷川:川村光大郎さんや伊藤巧さんも使っていて、偏光グラスといえばサイトマスターというイメージが固まってますね。

LM:12位のマグタンクフリーも人気が高いですね。以前作ったルアマガプライム会員限定カラーも大好評でした。

長谷川:収納関係だと、リューギの横長のバッカンもよく売れますね。3位のバザーズワームシンカーは、ネイルシンカーやダウンショットシンカーとか、大量に入ったプロパックが人気です。

千藤:1個あたりの単価が下がるからお得ですよね。

LM:4位に初登場のイッセイのUSS。「ウルトラスリヌケシンカー」という名のとおり、特殊形状で引っかかりにくい新作シンカーです。

田中:スリングタックルバッグやショルダーバッグが入ってるのは、岸釣りアングラーの投票が多かったんだと思います。

T.O.Y.2021アイテム総合部門ランキング

ライン部門

順位変動ブランド製品名ポイント
1→1位クレハ合繊・シーガーフロロマイスター115
2↑6位サンヨーナイロンアプロード GT-Rウルトラ103
3↓2位DAIWAモンスターブレイブZ92
4↓3位サンラインシューターFCスナイパー82
5↓4位東レモノフィラメントエクスレッド80
6NEWバリバスガノア アブソルート73
7↓5位YGKオルトロスFC68
8NEWシマノピットブルG555
9NEWDAIWAバス-Xフロロ43
10↓8位サンラインFCスナイパーBMS AZAYAKA38

フック部門

順位変動ブランド製品名ポイント
1↑3位リューギインフィニ112
2↑4位ハヤブサT・N・Sオフセット95
3↓1位リューギダブルエッジ71
4↓2位カツイチデコイ Kgフック・ワーム1766
5NEWエンジンスーペリオフック60
6↑10位リューギピアストレブル49
7NEWハヤブサライトニングストライク39
8NEWリューギヴェスパ35
9NEWリューギフォグショット31
10NEWがまかつエリートツアラー34R29

グッズ部門

順位変動ブランド製品名ポイント
1NEWティムコサイトマスター ロトンド67
2↓1位マグバイトマグタンクフリー62
3NEWDAIWAバザーズワームシンカーTG40
4NEW一誠USS38
5NEWアブ・ガルシアショルダーバッグ35
6↑9位第一精工切れ端×糸クズワインダー31
7NEWスミスローダウンXL226
8NEWディスタイルスリングタックルバッグ24
9NEWDAIWAルアーキャッチャー21
10NEW愛眼ストームライダー19

HISTORY of T.O.Y. 1999~2020

2003〈アイテム総合〉 明邦化学工業 バーサスVS-3080
2004〈アイテム総合〉 明邦化学工業 バーサスVS-3080
2005〈アイテム総合〉 明邦化学工業 バーサスVS-3080
2006〈アイテム総合〉 明邦化学工業 バーサスVS-3080
2007〈アイテム総合〉 明邦化学工業 バーサスVS-3080 【殿堂入り】
2008〈アイテム総合〉 サンライン マシンガンキャスト
2009〈アイテム総合〉 サンライン マシンガンキャスト
2010〈アイテム総合〉 サンライン マシンガンキャスト
2011〈アイテム総合〉 サンライン マシンガンキャスト
2012〈アイテム総合〉 サンライン マシンガンキャスト 【殿堂入り】
2013〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー R18フロロリミテッド
2014〈アイテム総合〉 サンライン FCスナイパー
2015〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー R18フロロリミテッド
2016〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー R18フロロリミテッド
2017〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー R18フロロリミテッド
2018〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー R18フロロリミテッド【殿堂入り】
2019〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー フロロマイスター
2020〈アイテム総合〉 クレハ合繊・シーガー フロロマイスター

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス