バス釣りで大人気の各社「610M」ロッドの「軽さ、有効レングス長、価格」を比較してピックアップ!



様々な610Mロッドのスペックや使用感を、調査員の大木と大場が徹底比較! 似て非なる全12本を比べてみると何が見えてくるのか…!? 今回は軽さと有効レングス長、価格に注目してお届け。

【Profile】

大木 a.k.a. KING

大手釣具量販店の店員経歴を持つルアマガプラスリーダー。バスタックルのみならず、釣具全般の歴史や情報に詳しい。独身貴族の利点を活かし、おそらくルアマガで最も年間の釣具購入量が多い。

【Profile】

ティーチャー大場

中学校の英語教師からルアマガへやってきた変わり者で、現在は主にルアマガprimeで動画の撮影・編集を行っている。既婚者にも関わらず、おそらくルアマガで最も年間釣行日数が多い。

ロクテンエムとはどんなロッド? 調査員の印象

大木:オカッパリにおいて、1本のロッドであらゆるルアーが投げられ、ロングキャストもカバー撃ちも出来る長さとパワー、そして取り回しの良さを理想を追求した結果、生まれたのがロクテンエム。日本の陸っぱりスタイルの定番スペックですよね。

大場:実は僕、610Mのベイトロッドって1本も持っていないんです。6.5ft前後を使うことが多くて。ただ、足場が高かったり、アシが繁っていたりする場面では欲しいと思うことはあります。取り回しが効くギリギリのレングスのロングロッド、といった印象です。

ロッドの軽さ

それだけが全てではないとは言え、やっぱり気になってしまうのがロッドの「重さ」基本的には軽いほど喜ばれるはずなので、『軽さトップ3』を紹介!

1位 102g ポイズンアドレナ 1610M(ジャッカル×シマノ)

2位 106g インフィニットブレイド IBC-610M(ism)

3位 109g ワイルドサイド WSC610M(レジットデザイン)

大木:個人的には軽さ=感度と思っていて2代目アドレナのフルカーボンモノコックはやはり別格の軽さを感じます。しかし、小口径多点ガイドやグリップデザインに拘ったインフィニットブレイドも軽さとバランスに優れていて個人的には驚かされました。ワイルドサイドは撃ちモノ系リグを操作性する際の感度と軽さを重視しているイメージです。

大場:ロッド選びで重要なのはテーパーと重量バランスだと思っていますが、軽さももちろん大切。特に近年はリールがかなり軽量化されているので、ロッドも軽くならないとタックルバランスが悪くなって手元に重心がこないことがありますよね。

多くのアングラーに衝撃を与えた『フルカーボンモノコックグリップ』という構造が、軽量化に大きく貢献しているのは明らか。そしてこれによって、様々な項目においてもアドレナは高評価となるのだ。

ロッドの有効レングス

すべて6ft10inのロッドだが、グリップの長さが実は様々。そこで、実測値でブランクスの長さ(=有効レングス)を算出、長いモデルのトップ3を紹介しよう。

1位 173.5cm ライトキャバルリー CLCC-610M(エバーグリーン)

2位 173.1cm ワイルドサイド WSC610M(レジットデザイン)

3位 172.9cm BPM B2-C610M(ジャッカル)

大木:バーサタイルと言われているロクテンエムでもメーカーの意図により巻物か撃ちモノのどちらかに寄せている場合もあります。レングスの長さもそれに関係しているのではないかと!

大場:有効レングスの違いはわずかなので、正直性能差にはそこまで影響がないかも!? むしろ重要なのはグリップの方。グリップ部の長さや重さでロッドの重心がかなり変わるので、実際に触って確かめた方がよいです。

グリップが短ければ実質的な長さが長いのかと思いきや、大きな差は無いという結果に。しかしながら、キャスト時の引き手や重心位置など、グリップの長さはシンプルに使用感に影響を与えるようだ。



ロッドの価格

全て610Mとは言っても、その値段の幅はもちろん広い。安ければいい、高いとダメ、というわけではないので、ここでは全モデルを価格順に並べてみた。

  • 61,600円:ライトキャバルリー CLCC-610M(エバーグリーン)
  • 57,200円:ロードランナー ストラクチャーNXS STN6100M(ノリーズ)
  • 47,300円:ゲインエレメント GE-610MR(デプス)
  • 45,980円:インフィニットブレイドIBC-610M(ism)
  • 42,900円:ポイズンアドレナ1610M(ジャッカル×シマノ)
  • 40,700円:アルカンセALC-V610M(オフィスZPI)
  • 34,500円:BLX LG6101MRB(DAIWA)
  • 32,450円:ワイルドサイドWSC610M(レジットデザイン)
  • 32,450円:グラディエーターアンチ GA-610M(レイドジャパン)
  • 30,300円:ベルサート VERC-610M(アブガルシア)
  • 28,050円:オロチカイザ F4-610K(メガバス)
  • 18,260円:BPM B2-C610M(ジャッカル)

大木:ロクテンエムがハイエンドからエントリーモデルまで、幅広い値段帯にあるということは日本のバスフィッシングの中心として、各メーカーが絶対外せないスペックだと考えていることが理解できます。

大場:高価格帯ロッドの性能が高いのは当然かもしれませんが、低価格帯にも良いロッドはたくさんありました。個人的には体感的軽さと繊細なティップが特徴のベルサートや中弾性でよく曲がるオロチカイザが好印象。

他の「610M」ロッド徹底検証

全12メーカー12ロッドのスペック一覧表

モデル(メーカー)通販全長グリップ長有効レングス重さアクション継数対応ウエイト対応ライン 価格発売
ベルサート VERC-610M(アブガルシア)Amazon208.4cm36cm172.4114gファスト15~21g8~16lb30,300円(税込)2021年
BLX LG6101MRB(DAIWA)Amazon208.2cm37cm171.2113gレギュラー25~28g8~16lb34,500円(税込)2019年
ゲインエレメント GE-610MR(デプス)209.6cm40.5cm169.1125gレギュラー27~21g8~20lb47,300円(税込)2014年
ライトキャバルリー CLCC-610M(エバーグリーン)210cm36.5cm173.5115gレギュラー25~21g8~16lb61,600円(税込)2014年
インフィニットブレイドIBC-610M(ism)Amazon208.2cm36cm172.2106gレギュラーファスト15~21g8~16lb45,980円2017年
BPM B2-C610M(ジャッカル)Amazon209.4cm36.5cm172.9124gレギュラー25~21g8~16lb18,260円(税込)2022年
ワイルドサイド WSC610M(レジットデザイン)Amazon208.4cm35.5cm173.1109gミディアムファスト25~18g8~16lb32,450円2015年
オロチカイザ F4-610K(メガバス)Amazon208.6cm40.5cm168.1128gレギュラー17~21g8~20lb28,050円2017年
ロードランナー ストラクチャー NXS STN6100M(ノリーズ)楽天208.8cm37.5cm171.3113gモデラート15~14g8~14lb57,200円2021年
アルカンセ ALC-V610M(ZPI)Amazon208.4cm36.5cm171.9129gレギュラーファスト27~28g8~14lb40,700円2021年
グラディエーターアンチ GA-610MC(レイドジャパン)Amazon208.6cm36.5cm172.1115gレギュラーファスト27~21g10~16lb32,450円2017年
ポイズンアドレナ 1610M(シマノ×ジャッカル)Amazon208.4cm37.5cm170.9102gレギュラーファスト17~21g8~16lb42,900円2018年

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス