バス向け最軽量リール「ルビアスエアリティ&ゼノン&ヴァンキッシュ」をガチ比較インプレ!



近年、軽量化の勢いが止まらないスピニングリール界。ここにDAIWA、シマノ、アブガルシア3メーカーの超軽量スピニングリールが集結。実際の使い心地をルアマガ編集部員が本気でインプレッションしてきたぞ!

インプレする人たち

O木(おおき)

元大型釣具量販店の店員という経歴を持つルアマガプラス編集部員。バス・ソルト問わず、幅広く釣りを楽しむことをモットーとする。最近バスが釣れなくて厄払い考える34歳。こだわり強めのA型。

ムーバブルファッティ福重

体重100kgを超える才能の塊。その割に身のこなしは軽い。図体の割には繊細な釣りが好きな34歳。空気の読めないB型。

ティーチャー大場

11年間勤め上げた中学校英語教員の職を辞し、地元・山陰を飛び出して釣りへの情熱だけでルアマガに突撃入社した男。最近自分の年齢がわからなくなってきた35歳。マイペースなAB型。

比較インプレしたのはこの3リール

リール名自重ギア比ハンドル1回転最大ドラグ力ラインキャパベアリング価格
【DAIWA】
ルビアス エアリティ FC LT2500S
Amazon155g5.172cm5kg4lb×150m/PE0.6号×200mボール11/ローラー157,900円(税込)
【アブガルシア】ゼノン2500SHAmazon148g6.274cm5kg6lb×100m/PE0.8号×150mボール10/ローラー147,500円(税込)
【シマノ】ヴァンキッシュ2500SAmazon165g5.378cm4kg5lb×100m/PE0.6号×200mボール11/ローラー162,100円(税込)


3リールの詳細インプレもチェック!

関連記事

近年、軽量化の勢いが止まらないスピニングリール界。ここにDAIWA、シマノ、アブガルシア3メーカーの超軽量スピニングリールが集結。実際の使い心地をルアマガ編集部員が本気でインプレッションしてきたぞ! […]

関連記事

近年、軽量化の勢いが止まらないスピニングリール界。ここにDAIWA、シマノ、アブガルシア3メーカーの超軽量スピニングリールが集結。実際の使い心地をルアマガ編集部員が本気でインプレッションしてきたぞ! […]

関連記事

近年、軽量化の勢いが止まらないスピニングリール界。ここにDAIWA、シマノ、アブガルシア3メーカーの超軽量スピニングリールが集結。実際の使い心地をルアマガ編集部員が本気でインプレッションしてきたぞ! […]

No忖度!3リールを徹底比較インプレ

実際ゼノンが1番軽く感じる!? 軽さ対談

大場「数値的にはゼノンが148gでこの3機種の中では最も軽いんですが、実際に持ち比べてみたら体感的にはどうなんでしょう?」

O木「じゃあフクちゃん、目隠しした状態でリールを持って確かめてみなよ」

福重「どれどれ……こっちのほうが軽い。いやこっちのほうが……。わかりません(笑)」

大場「1番重いヴァンキッシュでも165gという軽さですからね。リールシートを指の間に挟んで軽く振ってみたらどうです?」

福重「あっ、振ってみると結構違いがわかる! これがヴァンキッシュでこれがゼノン。で、これがルビアス エアリティかな?」

大場「正解!」

O木「どうしてわかったの?」

福重「機種によってリールの重心が違うんですよ。ゼノンは1番コンパクトで重心が手元に近いから振った瞬間にわかる。軽さもより鮮明に伝わってきます。ヴァンキッシュはそれに比べてボディが大きいので重心が手元からやや離れている感覚。ルビアスエアリティはその中間って感じかな」

意外と自重の差を判別することは難しかったが、数値上の重量に加えて、ボディの大きさ(体積)も体感的に感じる重さに影響があることがわかった。

キャスティング飛距離比較表

それぞれ3回オーバーヘッドキャストをして平均値を取った記録がこちら。

キャストヴァンキッシュゼノンルビアスエアリティ
大場20.7m20.7m22.0m
O木22.7m21.0m21.7m
福重20.7m21.7m21.7m
平均21.4m21.1m21.8m
最大飛距離24.0m22.0m23.0m

【使用タックル】

  • ロッド:ロードランナーストラクチャーNXS STN610LLS【ノリーズ】
  • ルアー:コスモ1.8g【ボトムアップ】+エグジグホッグ2.75in【ジャクソン】
  • ライン:エクスレッド4lb【東レ・モノフィラメント】

大場:平均値が最も高かったのはルビアスエアリティ。最大飛距離ではヴァンキッシュがトップでした。また、アングラーによっても飛距離が伸びた機種が異なりました。

実験前は、スピニングタックルの飛距離はロッドとルアーの特性による部分が大きいと思っていたが、リール性能の影響も少なからずありそうだ。

正直スピニングリールの性能で1番気にするところはどこ!?

福重:釣り人側でコントロールできない部分の性能が大事!
人間側が干渉できない要素、つまり「軽さ」と「剛性」が重要だと思います。逆に巻き心地やトラブルレス性といった要素は使い手や使い方次第でフォローが効く要素だと思うので、あまり気にしないです。

O木:繊細な操作には「軽さ」が必要!
自分は軽さを重視します。クイックなキャストやシェイクを丁寧にするスピニングは、重さのストレスを感じてしまうと釣りに集中できなくなるので。近年はロッドもかなり軽くなっているので、タックルバランスの面でも重要です。

大場:大切な釣りの時間を楽しみたいから「巻き心地」と「見た目」は重要!
正直、バスにはこれ以上の剛性は必要ないかな。実用面ではドラグ性能とトラブルレス性。あとは巻き心地が素晴らしいと釣りの時間が楽しくなりますね! かっこいいと思えるデザインであるかどうかも購入の決め手になっています。

あなたに合った最軽量スピニングリールは見つかったかな!?
ルアマガプラス