i字系、ポッパー、羽根モノ、エラストマー系、バズベイト×全44種検証!【バス釣り定番人気トップウォータールアー実力調査】

夏の到来とともにバスアングラーを熱くさせるのがトップウォーターの釣り。今年投げるトップウォータープラグをあれこれ考え、楽しんでいることと思います。釣り人を楽しませてくれるトップウォータールアーの数も膨大。何を選んでいいか迷うことがあるかもしれないということで、定番となっているトップウォータープラグを集め、それぞれのジャンルに必要とされる要素を検証してみました。

このコンテンツは動画でも視聴できます!

※動画の視聴には『ルアマガprime』の月額課金が必要になります。

検証テーマ「i字系」

i字系ルアーの特徴

決して派手な動きはせずに、表層をスーッと泳がせて使用するのがi字系ルアー。アクションをさせないという性質上デザイン性に大きな特徴は少なく、多くのメーカーがリアルなベイトフィッシュのシルエットをそのまま再現する形で制作しています。唯一の共通する特徴としてはテールにあたるパーツが設けられている点が挙げられるますが、ルアーそのものとしては得てして似た形状となっています。

検証ルアーの一覧

ルアー名【ブランド】画像通販長さ重さ
アイアロー65
【イマカツ】
Amazon65mm4.2g
アイウェーバー74
【O.S.P】
Amazon74mm3.8g
アスリート70LTオクノテ
【ジャクソン】
Amazon70mm4gクラス
カラシIGX60F
【メガバス】
楽天60mm2.8g
トラファルガー7
【ティムコ】
Amazon70mm4gクラス
ナギサ
【ジャッカル】
Amazon65mm3.6g
ハンクルジョーダン85
【HMKL】
楽天85mm5.7g
バンタム ジジル70
【シマノ】
Amazon70mm4g
ファクト ルーフェン
【エバーグリーン】
Amazon70mm3.6g
レイブリーズ
【DAIWA】
Amazon66mm3.3g
ワカサギベイト
【デプス】
Amazon65mm3.5g

i字系の検証結果詳細はこちら!

検証テーマ「ポッパー」

ポッパーの特徴

魚が大きく口を開けたような形状が特徴的なポッパー。典型的なトップウォータープラグとしては、トーナメントシーンでも使用されることがある実戦的な機能も持ち合わせるルアーです。近年でも比較的新作がリリースされているこのジャンル、定番となっているモデルのタイプは実は様々。本項ではそんなポッパーに関して検証しました。

検証ルアーの一覧

ルアー名【ブランド】画像通販長さ重さ
ジレンマポッパー
【イマカツ】
Amazon60mm4g
スティーズポッパー60
【DAIWA】
Amazon60mm7.6g
タフバグ65
【ノリーズ】
公式サイト65mm8.8gクラス
パルスコッド
【デプス】
Amazon80mm16g
ボイルトリガー
【ジャッカル】
Amazon77mm5g
ポップX
【メガバス】
Amazon64mm1/4oz
ヤバイチュッパミニ
【ゲーリーインターナショナル】
楽天52mm5.7g
ラウダー60
【O.S.P】
Amazon60mm8.4g

ポッパーの検証結果詳細はこちら!

検証テーマ「羽根モノ」

羽根モノルアーの特徴

かつてはノイジーの1ジャンルとして、クレイジークローラー(ヘドン)を筆頭とした羽状のパーツが取り付けられたルアーがすっかり独立した現在。羽根モノやビッグクローラーベイトと呼ばれるトップォーターの1ジャンルにまでなっている印象のルアー。ブームの先駆けとなったダッジ(レイドジャパン)以降、このタイプのルアーの要件としては1ozクラス以上であることがあげられます。それ以外は自由度も非常に高いため、様々なメーカーが創意工夫を凝らしたルアーをリリースしていますが、明確な違いは果たしてあるのでしょうか……?

検証ルアーの一覧

ルアー名【ブランド】画像通販長さ重さ
RVクローラー
【ジャッカル】
Amazon102mm31g
アイウィング135
【メガバス】
Amazon135mm1.5/8oz
アベンタクローラーRS
【イマカツ】
Amazon80mm25g
ウォッシャクローラー
【ノリーズ】
楽天83mm30gクラス
NZクローラー
【デプス】
Amazon134mm3ozクラス
ジョイクローラー178
【ガンクラフト】
Amazon178mm2ozクラス
ダッジ
【レイドジャパン】
Amazon114mm1ozクラス
バンクフラッター
【DAIWA】
楽天115mm44.5g
レゼルブビッグ
【ディスタイル】
Amazon130mm32g

羽根モノの検証結果詳細はこちら!

検証テーマ「エラストマー系」

エラストマー系ルアーの特徴

いわゆるソフトベイトの素材とは異なるソフト素材「エラストマー」。この素材を使用したルアーの登場自体はそこまで新しくないものの、ここ数年でその評価は急上昇。多くのメーカーからリリースされるに至っています。今回はその中でもブームの火付け役となったエラストマー製の「ネズミ」と「カエル」に注目。それぞれの使用感を検証しました。

検証ルアーの一覧

ルアー名【ブランド】画像通販長さ重さ推奨フック
RVラッシュアワー
【ジャッカル】
Amazon3.8inワイド1/0~2/0
キッケルカーリー
【DAIWA】
Amazon82mm5.5gWOS#1/0
キッケルキッカー
【DAIWA】
Amazon35mm3.1g
スクーパーフロッグ
【ボトムアップ】
Amazon3.1gオフセットフック#3~4
野良ガエル
【ティムコ】
Amazon32mm3.3gマスバリちょんがけ推奨
野良ネズミ
【ティムコ】
Amazon88mm4gオフセットフック#1
房総蛙
【エンジン】
公式サイト2.8gスーペリオCOフック#4
マイクロダッジ
【レイドジャパン】
Amazon55mm#2/0
※マイクロダッジは実験ではハネをとって使用。

エラストマー系の検証結果詳細はこちら!

検証テーマ「バズベイト」

バズベイトの特徴

表層系ルアーの中では唯一とも言える、巻き続けないと沈んでしまうルアー。スピナーベイトのように複数のパーツから構成されていますが、中でもペラ周りのパーツ重要なファクターとなっています。パッと見の形状的には大きな違いが生まれにくいルアーではあるものの、千差万別なその性能を検証しました。

検証ルアーの一覧

ルアー名【ブランド】画像通販重さ
ガーグル
【ジャッカル】
Amazon3/8oz
ゲーリーバズ
【ゲーリーインターナショナル】
Amazon1/4oz
ジャマイカボア
【メガバス】
Amazon1/2oz
02ビート
【O.S.P】
Amazon3/8oz
ボルケーノグリッパー
【ノリーズ】
Amazon3/8oz
マスタブラスタ
【レイドジャパン】
Amazon12g
マツバズ
【デプス】
Amazon1/2oz
ラウドバズ
【エバーグリーン】
Amazon3/8oz

バズベイトの検証結果詳細はこちら!

ルアマガprimeで検証動画を配信中

『ルアマガprime』は「ルアマガ楽しみ放題!」のサブスクリプションサービスです!

『ルアマガprime』は、内外出版社の主にブラックバスフィッシング関連DVDなどから、最新作の先行配信も含む選り抜きの動画が月額課金で見放題 さらに『ルアーマガジン』本誌の配送、『ルアマガprime』だけでしか手に入らないオリジナルグッズの配布や販売など、実質的なお得感が満載。

さらにさらに、人気アングラーのセミナーやイベント、大人気イベント『陸王オープン』や『陸王ダービー』参加権など、内容が盛り沢山すぎてもはや何押しなのかわからない「ルアマガ楽しみ放題」サービスです!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス