豆アジ一網打尽!? アクアウェーブの新作ワーム+ジグヘッドで豆アジを釣りまくれ!『アジピンピン』『アジペンペン』『ナンバンヘッド』

ショートバイトばかりで全然ハリ掛かりしてくれない小さなアジ…。そんな豆アジを効率的に釣ることができたら、きっと楽しいに違いない! この夏、アクアウェーブから豆アジのみに照準を絞ったアイテムが続々リリースされた。バイトだけで終わる悶絶の豆アジングに悩むのはもう終わりにしよう!

●文:ルアマガプラス編集部

夏の豆アジシーズンを楽しむためのこだわり3アイテムが登場

逆リブが微波動&スローフォールを実現!

アジピンピン1.2in

【スペック】
●全長:1.2in●入数:8本●カラー:8色●価格:400円(税抜き) [写真タップで拡大]

カラーチャート

[写真タップで拡大]

アジピンピンは1.2inの極小ピンテールワームで、前方に突き出たアームパーツが特徴。ここでしっかりと水流をつかむことで、アングラーにも使用感がちゃんと伝わってきて、リグがどこにあるのか把握しやすくなっている。

さらに、この前傾姿勢のパーツが抵抗となりフォールも極めてスロー。じっくりとアジにルアーを見せることができる。フリーフォールで落ちていく角度に合わせて、このパーツは設置されているそうだ。ボディにはシリーズ共通のガイドホールが採用されており、このサイズでもフックが刺しやすい。

こちらの『アジピンピン1.2in』の開発に携わったのが、九州は博多のライトソルトの達人「ピン子さん」だ。豆アジ専用のワームが欲しいということで、1年ほど前から仕様やデザインの構想を練っていた模様。

[写真タップで拡大]

豆アジを釣るとなると、当然ワームも小さいものが欲しくなり、中には2inのワームをカットして使う人も多いかもしれない。ただし、それではワーム本来のポテンシャルを損なうことになる。やはり、最初からチューンなしで使える極小ワームが欲しい、というところが開発のきっかけにもなったそうだ。ボディ素材には、やや張りのあるマテリアルを使っていて、小さいワームながらも存在感抜群! 手元に伝わる操作感にもこだわったという。

微細リブとフラットテールでナチュラルに豆アジを誘う!

アジペンペン

【スペック】
●全長:1.4in●入数:8本●カラー:8色●価格:400円(税抜き)
[写真タップで拡大]

カラーチャート

[写真タップで拡大]

極めて細かいリブと薄いフラットテールが『アジペンペン1.6in』の特徴だ。コンパクトボディにヒラヒラしたテールの組み合わせはいかにも釣れそうな雰囲気が漂っている。

1inクラスのボディにも関わらずリブが無数に施されていて、ここが水をしっかり掴んでスローフォールを演出しつつ、水中での存在感も非常に強い。

フラットテールはわずかな水流でも機敏に動き、ナチュラル波動で豆アジにアピール。スローフォールさせるだけでなく、漂わせるようなドリフト、ボトム放置といったパターンにも効果的だ。使い勝手がよく、状況を選ばず使うことができるので、プランクトン、コイカ、シラスなど、さまざまなベイトパターンに対応してくれる。

[写真タップで拡大]

『アジペンペン』同様に、こちらもガイドホールが付いていて、フックをまっすぐに刺しやすくなっている。このサイズ感でも細部まで作り込まれているのはサスガ!

小さくても使いやすい豆型ヘッドで豆アジを釣りまくろう!

ナンバンヘッド

【スペック】
●重さ:0.3、0.6、0.8、1.0g●入数:4個●フックサイズ:#16●価格:400円(税抜き))
[写真タップで拡大]

  • スイムバランスに優れたヘッド形状!
  • 冬季・夜間でも結びやすい大型アイ!
  • 驚愕の細軸フック!
  • ジグヘッド重量を把握しやすいウェイト表記!

フックは超細軸の#16モデルを採用。オープンゲイプなので軽い力でも簡単にフッキングが決まり、豆アジ特有のショートバイトも逃さない。10cmクラスはもちろん、5cm級の豆アジも効率的に釣っていけるアイテムとなっている。

枝豆? を思わせる特徴的なヘッド形状は、いろいろな形をテストしてたどり着いたこだわりのデザイン。ヘッド底面のくぼみがフォール中に水を受けることで理想的なスローフォールを実現している。

軽量のジグヘッド&極小ワームでも使用感を失わず、さらに、ラインアイを支点とした「ヤジロベエ効果」の恩恵で、スイム姿勢を崩しにくくなっている。

重さは0.3、0.6、0.8、1.0gの4種類。小さいヘッドにも関わらずウエイトが表記されているのも嬉しいところ。さらに、フラット形状になっているので指で掴みやすいのもこのジグヘッドの特徴だ。豆アジばかりいるような場所に遭遇したら、ぜひこのナンバンヘッドを使っていただきたい!

新作ワーム『アジペンペン』『アジピンピン』とサイズ感、使用感ともに最高のマッチング。ワームカラーやジグヘッドウエイトを使い分けながら、豆アジを攻略を楽しもう! [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事


ルアマガプラス